るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
62196件ヒット [1-100件を表示] (0.204秒)

別のキーワード

  1. _builtin >
  2. bigdecimal >
  3. float >
  4. filter >

ライブラリ

クラス

モジュール

オブジェクト

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Module#>(other) -> bool | nil (18124.0)

比較演算子。 self が other の先祖である場合、true を返します。 self が other の子孫か同一クラスである場合、false を返します。

...対象のモジュールやクラス

@raise TypeError other がクラスやモジュールではない場合に発生します。

@see Module#<

例:
module Foo; end
module Bar
include Foo
end

Foo > Bar # => true
Bar > Foo # => false
Foo > Foo # => false
Foo > Object # => nil...

Hash#>(other) -> bool (18118.0)

other が self のサブセットである場合に真を返します。

...her が self のサブセットである場合に真を返します。

@param other 自身と比較したい Hash オブジェクトを指定します。

h1 = {a:1, b:2}
h2 = {a:1, b:2, c:3}
h1 > h2 # => false
h2 > h1 # => true
h1 > h1 # => false

@see Hash#<=, Hash#<, Hash#>=...

Comparable#>(other) -> bool (18112.0)

比較演算子 <=> をもとにオブジェクト同士を比較します。 <=> が正の整数を返した場合に、true を返します。 それ以外の整数を返した場合に、false を返します。

...=> をもとにオブジェクト同士を比較します。
<=> が正の整数を返した場合に、true を返します。
それ以外の整数を返した場合に、false を返します。

@param other 自身と比較したいオブジェクトを指定します。
@raise ArgumentError <=>...
...が nil を返したときに発生します。

例:
1 > 0 # => true
1 > 1 # => false...

Integer#>(other) -> bool (18112.0)

比較演算子。数値として大きいか判定します。

...りも other の方が小さい場合 true を返します。
そうでなければ false を返します。

例:

1 > 0 # => true
1 > 1 # => false...

Shell::Filter#>(to) -> self (18112.0)

toをフィルタの出力とする。 toが, 文字列ならばファイルに, IOオブジェクトであれ ばそれをそのまま出力とする。

...ルに,IOオブジェクトならばそれに出力します。

使用例
require 'shell'
Shell.def_system_command("tail")
sh = Shell.new
sh.transact {
(sh.tail("-n 3") < "/etc/passwd") > File.open("tail.out", "w")
#(sh.tail("-n 3") < "/etc/passwd") > "tail.out" # と同じ.
}...

絞り込み条件を変える

Float#>(other) -> bool (18106.0)

比較演算子。数値として大きいか判定します。

...として大きいか判定します。

@param other 比較対象の数値
@return self よりも other の方が小さい場合 true を返します。
そうでなければ false を返します。

//emlist[例][ruby]{
3.14 > 3.1415 # => false
3.14 >= 3.1415 # => false
//}...

BigDecimal#>(other) -> bool (18100.0)

self が other より大きい場合に true を、そうでない場合に false を返しま す。

self が other より大きい場合に true を、そうでない場合に false を返しま
す。

Fixnum#>(other) -> bool (18100.0)

比較演算子。数値として大きいか判定します。

比較演算子。数値として大きいか判定します。

@param other 比較対象の数値
@return self よりも other の方が小さい場合 true を返します。
そうでなければ false を返します。

Kernel$$> -> object (6200.0)

標準出力です。

標準出力です。

組み込み関数 Kernel.#print、Kernel.#puts や
Kernel.#p などのデフォルトの出力先となります。
初期値は Object::STDOUT です。
コマンドラインオプションオプション -i を指定した場合には
読み込み元と同じ名前のファイルを表します。


$stdout に代入するオブジェクトには
write という名前のメソッドが定義されていなければいけません。

自プロセスの標準出力をリダイレクトしたいときには、
以下のように $stdout に代入すれば十分です。

# 標準出力の出力先を /tmp/foo に変更
$s...

Float#>=(other) -> bool (6106.0)

比較演算子。数値として等しいまたは大きいか判定します。

...ram other 比較対象の数値
@return self よりも other の方が小さい場合か、
両者が等しい場合 true を返します。
そうでなければ false を返します。

//emlist[例][ruby]{
3.14 > 3.1415 # => false
3.14 >= 3.1415 # => false
//}...

絞り込み条件を変える

Array#<=>(other) -> -1 | 0 | 1 | nil (6100.0)

自身と other の各要素をそれぞれ順に <=> で比較していき、結果が 0 でなかった場合に その値を返します。各要素が等しく、配列の長さも等しい場合には 0 を返します。 各要素が等しいまま一方だけ配列の末尾に達した時、自身の方が短ければ -1 をそうでなければ 1 を返します。 other に配列以外のオブジェクトを指定した場合は nil を返します。

...自身と other の各要素をそれぞれ順に <=> で比較していき、結果が 0 でなかった場合に
その値を返します。各要素が等しく、配列の長さも等しい場合には 0 を返します。
各要素が等しいまま一方だけ配列の末尾に達した時、...
...指定します。
配列以外のオブジェクトを指定した場合は to_ary メソッドによ
る暗黙の型変換を試みます。


[ 1, 2, 3 ] <=> [ 1, 3, 2 ] #=> -1
[ 1, 2, 3 ] <=> [ 1, 2, 3 ] #=> 0
[ 1, 2, 3 ] <=> [ 1, 2 ] #=> 1...

BigDecimal#<=>(other) -> -1 | 0 | 1 | nil (6100.0)

self が other より大きい場合に 1 を、等しい場合に 0 を、小さい場合には -1 をそれぞれ返します。

self が other より大きい場合に 1 を、等しい場合に 0 を、小さい場合には
-1 をそれぞれ返します。

self と other が比較できない場合には nil を返します。

BigDecimal#>=(other) -> bool (6100.0)

self が other より大きいか等しい場合に true を、そうでない場合に false を返します。

self が other より大きいか等しい場合に true を、そうでない場合に false
を返します。

Bignum#<=>(other) -> Fixnum | nil (6100.0)

self と other を比較して、self が大きい時に正、 等しい時に 0、小さい時に負の整数を返します。

...さい時に負の整数を返します。

@param other 比較対象の数値
@return -1 か 0 か 1 のいずれか

1 <=> 2 #=> -1
1 <=> 1 #=> 0
2 <=> 1 #=> 1...

Bignum#>>(bits) -> Fixnum | Bignum (6100.0)

シフト演算子。bits だけビットを右にシフトします。

...フトします。

右シフトは、符号ビット(最上位ビット(MSB))が保持されます。
bitsが実数の場合、小数点以下を切り捨てた値でシフトします。

@param bits シフトさせるビット数

printf("%#b\n", 0b0101 >> 1) #=> 0b10
p -1 >> 1 #=> -1...

絞り込み条件を変える

Comparable#>=(other) -> bool (6100.0)

比較演算子 <=> をもとにオブジェクト同士を比較します。 <=> が正の整数か 0 を返した場合に、true を返します。 それ以外の整数を返した場合に、false を返します。

...比較演算子 <=> をもとにオブジェクト同士を比較します。
<=> が正の整数か 0 を返した場合に、true を返します。
それ以外の整数を返した場合に、false を返します。

@param other 自身と比較したいオブジェクトを指定します。...
...@raise ArgumentError <=> が nil を返したときに発生します。

例:
1 >= 0 # => true
1 >= 1 # => true
1 >= 2 # => false...

DL::CPtr#<=>(other) -> Integer (6100.0)

ポインタの指すアドレスの大小を比較します。

ポインタの指すアドレスの大小を比較します。

@param other 比較対象の CPtr オブジェクト

Date#<=>(other) -> Integer (6100.0)

ふたつを比較し、-1、零、あるいは 1 を返します。 other は日付オブジェクトか、 天文学的なユリウス日をあらわす数値でなければなりません。

ふたつを比較し、-1、零、あるいは 1 を返します。
other は日付オブジェクトか、
天文学的なユリウス日をあらわす数値でなければなりません。

@param other 日付オブジェクト

Date#>>(n) -> Date (6100.0)

self から n ヶ月後の日付オブジェクトを返します。 n は数値でなければなりません。

...w(2001,2,3) >> 1 #=> #<Date: 2001-03-03 ...>
Date.new(2001,2,3) >> -2 #=> #<Date: 2000-12-03 ...>


対応する月に同じ日が存在しない時は、代わりにその月の末日が使われます。

require 'date'
Date.new(2001,1,28) >> 1 #=> #<Date: 2001-02-28 ...>
Date.new...
...31) >> 1 #=> #<Date: 2001-02-28 ...>

このことは以下のように、もしかすると予期しない振る舞いをするかもしれません。

require 'date'
Date.new(2001,1,31) >> 2 #=> #<Date: 2001-03-31 ...>
Date.new(2001,1,31) >> 1 >> 1 #=> #<Date: 2001-03-28 ...>...
...Date.new(2001,1,31) >> 1 >> -1 #=> #<Date: 2001-01-28 ...>

Date#next_month も参照してください。

@param n 月数...

Fiddle::Pointer#<=>(other) -> Integer (6100.0)

ポインタの指すアドレスの大小を比較します。

ポインタの指すアドレスの大小を比較します。

other より小さい場合は -1, 等しい場合は 0、other より大きい場合は
1を返します。

@param other 比較対象の Pointer オブジェクト

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>