るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
48件ヒット [1-48件を表示] (0.023秒)
トップページ > クエリ:>[x] > クエリ:getopts[x]

別のキーワード

  1. _builtin >
  2. bigdecimal >
  3. >
  4. filter >
  5. float >

ライブラリ

クラス

モジュール

検索結果

OptionParser.getopts(*opts) -> Hash (18224.0)

引数をパースした結果を、Hash として返します。(self.new.getopts と同じです)

...引数をパースした結果を、Hash として返します。(self.new.getopts と同じです)

@param argv パースしたい配列を指定します。

@param opts 引数を文字列で指定します。

@raise OptionParser::ParseError パースに失敗した場合、発生します。...
...実際は OptionParser::ParseError のサブク
ラスになります。


@see OptionParser#getopts...

OptionParser.getopts(argv, *opts) -> Hash (18224.0)

引数をパースした結果を、Hash として返します。(self.new.getopts と同じです)

...引数をパースした結果を、Hash として返します。(self.new.getopts と同じです)

@param argv パースしたい配列を指定します。

@param opts 引数を文字列で指定します。

@raise OptionParser::ParseError パースに失敗した場合、発生します。...
...実際は OptionParser::ParseError のサブク
ラスになります。


@see OptionParser#getopts...

OptionParser#getopts(*opts) -> Hash (18208.0)

引数をパースした結果を、Hash として返します。

...た場合、argv をパースします。そうでない場合は、
default_argv をパースします。

opt = OptionParser.new
params = opt.getopts(ARGV, "ab:", "foo", "bar:")
# params["a"] = true # -a
# params["b"] = "1" # -b1
# params["foo"] = true # --foo
# params["bar"] = "x" #...

OptionParser#getopts(argv, *opts) -> Hash (18208.0)

引数をパースした結果を、Hash として返します。

...た場合、argv をパースします。そうでない場合は、
default_argv をパースします。

opt = OptionParser.new
params = opt.getopts(ARGV, "ab:", "foo", "bar:")
# params["a"] = true # -a
# params["b"] = "1" # -b1
# params["foo"] = true # --foo
# params["bar"] = "x" #...

OptionParser::Arguable#getopts(short_opt, *long_opt) -> Hash (18207.0)

指定された short_opt や long_opt に応じて自身をパースし、結果を Hash として返します。

...ります。

例:

# t.rb の内容
require 'optparse'
params = ARGV.getopts("ab:", "foo", "bar:", "bufsize:1024")
p params

# 実行結果
$ ruby t.rb -b 1 --foo --bar xxx -- -a
{"bufsize"=>"1024", "a"=>false, "b"=>"1", "foo"=>true, "bar"=>"xxx"} # "a"=>false であることに注意。...

絞り込み条件を変える

ruby 1.6 feature (84.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...になります。

((<stable-snapshot|URL:ftp://ftp.netlab.co.jp/pub/lang/ruby/stable-snapshot.tar.gz>)) は、日々更新される安定版の最新ソースです。

== 1.6.8 (2002-12-24) -> stable-snapshot

: 2003-01-22: errno

EAGAIN と EWOULDBLOCK が同じ値のシステムで、EWOUL...
...o::EWOULDBLOCK

=> ruby 1.6.7 (2002-03-01) [i586-linux]
Errno::EAGAIN
Errno::EWOULDBLOCK

=> ruby 1.6.8 (2002-12-24) [i586-linux]
Errno::EAGAIN
-:2: uninitialized constant EWOULDBLOCK at Errno (NameError)

=> ruby 1.6.8 (2003-02-13)...
...:16379>))

autoload :Fcntl, "fcntl"
require "fcntl"

=> -:2:in `require': uninitialized constant Fcntl (NameError)
from -:2
ruby 1.6.7 (2002-03-01) [i586-linux]

=> ruby 1.6.7 (2002-03-15) [i586-linux]

: 2002-03-13 ((<getopts>))

refine. ((<ruby-dev:16193>)), ((...

ruby 1.8.3 feature (18.0)

ruby 1.8.3 feature *((<ruby 1.8 feature>)) *((<ruby 1.8.2 feature>))

...ruby 1.8.3 feature
*((<ruby 1.8 feature>))
*((<ruby 1.8.2 feature>))

ruby 1.8.2 から ruby 1.8.3 までの変更点です。

掲載方針

*バグ修正の影響も含めて動作が変わるものを収録する。
*単にバグを直しただけのものは収録しない。
*ライブラリ...
...ap4r-1.5.5がruby-1.8.3にbundleされています。
* ((<URL:http://dev.ctor.org/soap4r/wiki/Changes-154>))
* ((<URL:http://dev.ctor.org/soap4r/wiki/Changes-155>))

== 1.8.2 (2004-12-25) -> 1.8.3 (2005-09-21)

=== 2005-09-19
: FileUtils.remove_entry_secure [lib] [new]
: FileUtils.remove_entry...
...になりました。
((<ruby-dev:26235>))

=== 2005-05-27
: mkmf [lib] [bug]
MSYS 環境下において、PATHの区切り値にセミコロンを使うよう修正しました。((<ruby-dev:26232>))

=== 2005-05-24
: getopts [lib] [obsolete]
getopts
が deprecated になりました。deprec...

ruby 1.8.5 feature (18.0)

ruby 1.8.5 feature ruby 1.8.4 から ruby 1.8.5 までの変更点です。

...た(される予定の)機能
* [platform]: 対応プラットフォームの追加

== 1.8.4 (2005-12-24) -> ((<stable-snapshot|URL:ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/stable-snapshot.tar.gz>))

=== 2006-06-18

: BasicSocket#recv_nonblock [new]
: UDPSocket#recvfrom_nonblock [new]

追加

=== 2006...
...

: RSS::Maker xxx.new_yyy(&block) [compat]

maker.items.new_itemなどがブロックをとれるようになりました。((<ruby-talk:197284>))

今まで

item = maker.items.new_item
item.xxx = yyy
...

と書いていたものが

maker.items.new_item |item|...
...s::RLIMIT_SBSIZE

追加 ((<ruby-dev:28729>))

=== 2006-06-11

: OptionParser#getopts [new]

: tempfile の生成するテンポラリファイルの名前が <basename><pid>.<count> から <basename>.<pid>.<count> になりました ((<ruby-talk:196272>))

=== 2006-06-07

: configure --with-winso...