るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
1277件ヒット [1-100件を表示] (0.033秒)
トップページ > クエリ:>[x] > クエリ:conf[x]

別のキーワード

  1. _builtin >
  2. bigdecimal >
  3. >
  4. float >
  5. module >

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

IRB.conf -> Hash (18201.0)

irb の設定をハッシュで返します。

irb の設定をハッシュで返します。

Gem::ConfigFile#config_file_name -> String (9200.0)

設定ファイルの名前を返します。

設定ファイルの名前を返します。

Gem::ConfigFile::SYSTEM_WIDE_CONFIG_FILE -> String (9200.0)

システム全体の設定ファイルのパスです。

システム全体の設定ファイルのパスです。

OpenSSL::Config::DEFAULT_CONFIG_FILE -> String (9200.0)

デフォルトの設定ファイル名を返します。

デフォルトの設定ファイル名を返します。

RbConfig::CONFIG -> Hash (9200.0)

設定値を格納したハッシュです。

...れている要素のキーと値は Ruby のバージョンや使用しているプラット
フォームによって変わります。

@see autoconf(1), make(1)...

絞り込み条件を変える

RbConfig::MAKEFILE_CONFIG -> Hash (9200.0)

RbConfig::CONFIG と同じですが、その値は以下のような形 で他の変数への参照を含みます。 MAKEFILE_CONFIG["bindir"] = "$(exec_prefix)/bin" これは、Makefile の変数参照の形式で MAKEFILE_CONFIG は、 Makefile 作成の際に利用されることを想定しています。

...RbConfig::CONFIG
と同じですが、その値は以下のような形
で他の変数への参照を含みます。
MAKEFILE_CONFIG["bindir"] = "$(exec_prefix)/bin"
これは、Makefile の変数参照の形式で MAKEFILE_CONFIG は、
Makefile 作成の際に利用されることを想定し...
...ています。

require 'rbconfig'

print <<-END_OF_MAKEFILE
prefix = #{RbConfig::MAKEFILE_CONFIG['prefix']}
exec_prefix = #{RbConfig::MAKEFILE_CONFIG['exec_prefix']}
bindir = #{RbConfig::MAKEFILE_CONFIG['bindir']}
END_OF_MAKEFILE

=> prefix = /usr/local
exec_prefix = $(prefi...
...RbConfig.expand
は、このような参照を解決する
メソッドとして rbconfig 内部で利用されています。
(CONFIG 変数は、MAKEFILE_CONFIG の内容から
RbConfig.expand
を使って生成されています)

require 'rbconfig'
p Config.expand(RbConfig::MAKEFILE_CONFIG[...

Kernel#enable_config(config, default) {|config, default| ... } -> bool | String (6412.0)

configure のオプションを検査します。

...
conf
igure のオプションを検査します。

conf
igure のオプションに --enable-<config> が指定された場合は、真を返し
ます。--disable-<config> が指定された場合は。偽を返します。どちらでもな
い場合は default を返します。

これはデバ...
...のカスタム定義を、追加するのに役立ちます。

@param config configure のオプションの名前を指定します。

@param default デフォルト値を返します。


require 'mkmf'
if enable_config("debug")
$defs.push("-DOSSL_DEBUG") unless $defs.include? "-DOS...

Kernel#with_config(config, default = nil) {|config, default| ... } -> bool | String (6412.0)

configure のオプションを検査します。

...
conf
igure のオプションを検査します。

conf
igure のオプションに --with-<config> が指定された場合は真を返しま
す。--without-<config> が指定された場合は偽を返します。どちらでもない場
合は default を返します。

これはデバッグ情...
...のカスタム定義を、追加するのに役立ちます。

@param config configure のオプションの名前を指定します。

@param default デフォルト値を返します。


require 'mkmf'
if with_config("debug")
$defs.push("-DOSSL_DEBUG") unless $defs.include? "-DOSSL...

Kernel#enable_config(config, default) -> bool | String (6312.0)

configure のオプションを検査します。

...
conf
igure のオプションを検査します。

conf
igure のオプションに --enable-<config> が指定された場合は、真を返し
ます。--disable-<config> が指定された場合は。偽を返します。どちらでもな
い場合は default を返します。

これはデバ...
...のカスタム定義を、追加するのに役立ちます。

@param config configure のオプションの名前を指定します。

@param default デフォルト値を返します。


require 'mkmf'
if enable_config("debug")
$defs.push("-DOSSL_DEBUG") unless $defs.include? "-DOS...

Kernel#with_config(config, default = nil) -> bool | String (6312.0)

configure のオプションを検査します。

...
conf
igure のオプションを検査します。

conf
igure のオプションに --with-<config> が指定された場合は真を返しま
す。--without-<config> が指定された場合は偽を返します。どちらでもない場
合は default を返します。

これはデバッグ情...
...のカスタム定義を、追加するのに役立ちます。

@param config configure のオプションの名前を指定します。

@param default デフォルト値を返します。


require 'mkmf'
if with_config("debug")
$defs.push("-DOSSL_DEBUG") unless $defs.include? "-DOSSL...

絞り込み条件を変える

DRb.#config -> { Symbol => Object } (6300.0)

カレントサーバの設定を返します。

カレントサーバの設定を返します。

カレントサーバが存在しない場合は、デフォルトの設定を返します。

@see DRb.#current_server

Kernel#arg_config(config, default) { ... } -> object | String | true | nil (6300.0)

configure オプション --config の値を返します。

...
conf
igure オプション --config の値を返します。

@param config オプションを文字列で指定します。

@param default 引数 config で指定したオプションのデフォルト値を指定します。

@return オプションが指定されてた場合は true を、指定...
...ンに引数が指定されていた場合は指定した文字列を返します。

例えば extconf.rb で arg_config メソッドを使う場合、

$ ruby extconf.rb --foo --bar=baz

と実行したとき、arg_config("--foo") の値は true、
arg_config("--bar") の値は "baz" です。...

OpenSSL::X509::ExtensionFactory#config -> OpenSSL::Config (6300.0)

自身に設定されているコンフィグファイルオブジェクトを設定します。

自身に設定されているコンフィグファイルオブジェクトを設定します。

DRb::DRbServer#config -> Hash (6200.0)

サーバの設定を返します。

サーバの設定を返します。

@see DRb::DRbServer.new, DRb.#start_service

Etc.#confstr(name) -> String | nil (6200.0)

confstr(3) で取得したシステム設定変数の値を返します。

...
conf
str(3) で取得したシステム設定変数の値を返します。

@param name Etc モジュールの CS_ で始まる定数のいずれかを指定します。

引数 name に対応する設定が行われていない状態の場合は nil を返します。
(confstr(3) が -1 を返し...
...、errno が設定されていない場合)

require "etc"
Etc.confstr(Etc::CS_PATH) # => "/bin:/usr/bin"

# GNU/Linux
Etc.confstr(Etc::CS_GNU_LIBC_VERSION) # => "glibc 2.18"
Etc.confstr(Etc::CS_GNU_LIBPTHREAD_VERSION) # => "NPTL 2.18"...

絞り込み条件を変える

Etc.#sysconf(name) -> Integer | nil (6200.0)

sysconf(3) で取得したシステム設定変数の値を返します。

...sysconf(3) で取得したシステム設定変数の値を返します。

引数 name が制限に関する設定値であり、設定が制限がない状態の場合は nil
を返します。(sysconf(3) が -1 を返し、errno が設定されていない
場合)

@param name Etc モジュー...
...ルの SC_ で始まる定数のいずれかを指定します。

require "etc"
Etc.sysconf(Etc::SC_ARG_MAX) # => 2097152

# Number of processors.
# It is not standardized.
Etc.sysconf(Etc::SC_NPROCESSORS_ONLN) # => 4...

Etc.#sysconfdir -> String | nil (6200.0)

システムの設定ディレクトリを返します。

...システムの設定ディレクトリを返します。

require 'etc'
p Etc.sysconfdir # => "/etc"

主に "/etc" を返しますが、Ruby をソースからビルドした場合は異なるディレ
クトリを返す場合があります。例えば、Ruby を /usr/local にインスト...
<< 1 2 3 ... > >>