るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
90件ヒット [1-90件を表示] (0.023秒)
トップページ > クエリ:>[x] > クエリ:tree[x]

別のキーワード

  1. _builtin >
  2. bigdecimal >
  3. >
  4. filter >
  5. float >

ライブラリ

モジュール

キーワード

検索結果

Psych::Visitors::YAMLTree#tree -> Psych::Nodes::Stream|nil (21201.0)

変換を終了し、構築した AST を返します。

...、変換処理を終了します。

このメソッドを2回以上呼ぶと、2回目以降は nil を返します。

@see Psych::Visitors::YAMLTree#finish...

Pathname#rmtree -> nil (6200.0)

FileUtils.rm_r(self.to_s) と同じです。

FileUtils.rm_r(self.to_s) と同じです。


@see FileUtils.#rm_r

Psych::Visitors::YAMLTree (6018.0)

Ruby オブジェクトから YAML の AST を構築するためのクラスです。

...のクラスです。

=== 例
builder = Psych::Visitors::YAMLTree.new
builder << { :foo => 'bar' }
builder << ["baz", "bazbaz"]
builder.tree # => #<Psych::Nodes::Stream ... > A stream containing two documents
puts tree.to_yaml
# =>
# ---
# :foo: bar
# ---
# - baz
# - bazbaz...

Psych::TreeBuilder (6006.0)

YAML AST を構築するためのクラスです。

...

また、Psych::Visitors::YAMLTree.new に渡して Ruby オブジェクト
を YAML AST に変換することもできます。

=== Example

parser = Psych::Parser.new Psych::TreeBuilder.new
parser.parse('--- foo')
parser.handler.root # => #<Psych::Nodes::Stream:0x00000001400000 ... >...

Psych::Visitors::YAMLTree.new(options = {}, emitter = Psych::TreeBuilder.new, ss = Psych::ScalarScanner.new) -> Psych::Visitors::YAMLTree (3300.0)

YAMLTree オブジェクトを生成します。

...YAMLTree オブジェクトを生成します。

options には構築される YAML AST に設定されるオプション設定を指定します。
Psych.dump と同じオプションが指定できます。

emitter には AST の構築に使われる Psych::TreeBuilder オブジェクト
を渡...
...常デフォルトのものから変える必要はないでしょう。

@param options オプション
@param emitter AST の構築に使う Psych::TreeBuilder オブジェクト
@param ss 文字列に quite が必要かどうかを判定するための Psych::ScalarScanner オブジェクト...

絞り込み条件を変える

FileUtils.#rmtree(list, options = {}) -> () (3200.0)

ファイルまたはディレクトリ list を再帰的に消去します。

...ファイルまたはディレクトリ list を再帰的に消去します。

rm_r(list, {:force => true}) と同じです。

@param list 削除する対象。一つの場合は文字列も指定可能です。
二つ以上指定する場合は配列で指定します。

@param opti...

Psych::TreeBuilder.new -> Psych::TreeBuilder (3200.0)

TreeBuilder オブジェクトを生成します。

...TreeBuilder オブジェクトを生成します。...

Psych::Visitors::YAMLTree#finish -> Psych::Nodes::Stream|nil (3106.0)

変換を終了し、構築した AST を返します。

...換を終了し、構築した AST を返します。

このメソッドは2回呼び出さないでください。

@see Psych::Visitors::YAMLTree#tree...

Psych::TreeBuilder#root -> Psych::Nodes::Stream (3100.0)

AST の root を返します。

AST の root を返します。

@see Psych::Nodes::Stream

Psych::Visitors::YAMLTree#finished -> bool (3100.0)

Psych::Visitors::YAMLTree#finish をすでに呼び出しているならば 真を返します。

...Psych::Visitors::YAMLTree#finish をすでに呼び出しているならば
真を返します。

まだならば偽を返します。...

絞り込み条件を変える

Psych::Visitors::YAMLTree#finished? -> bool (3100.0)

Psych::Visitors::YAMLTree#finish をすでに呼び出しているならば 真を返します。

...Psych::Visitors::YAMLTree#finish をすでに呼び出しているならば
真を返します。

まだならば偽を返します。...

Psych::Visitors::YAMLTree#start(encoding = Nodes::Stream::UTF8) -> Psych::Nodes::Stream (3100.0)

Ruby オブジェクトから YAML AST への変換のための準備をします。

...Ruby オブジェクトから YAML AST への変換のための準備をします。


Psych::Visitors::YAMLTree#push が呼び出されたとき、
まだこのメソッドが呼び出されていなければ push メソッドがこの
メソッドを呼び出し、変換の準備をします。

e...

Psych::Visitors::YAMLTree#started -> bool (3100.0)

Psych::Visitors::YAMLTree#start をすでに呼び出しているならば 真を返します。

...Psych::Visitors::YAMLTree#start をすでに呼び出しているならば
真を返します。

まだならば偽を返します。...

Psych::Visitors::YAMLTree#started? -> bool (3100.0)

Psych::Visitors::YAMLTree#start をすでに呼び出しているならば 真を返します。

...Psych::Visitors::YAMLTree#start をすでに呼び出しているならば
真を返します。

まだならば偽を返します。...

rdoc (174.0)

RDoc は Ruby のドキュメント生成を行うためのライブラリです。rdoc という ドキュメント生成のためのコマンドも含んでいます。

...
処理されます。

===[a:usage] 使いかた

RDoc はコマンドラインから以下のようにして起動します。

$ rdoc <options> [name...]

ファイルをパースし、そこに含まれている情報を集め、出力します。こうして
全ファイルに渡るクロ...
...します。デフォルトでは --ri を指定すると
~/.rdoc に出力されますが、--ri-site で $datadir/ri/<ver>/site
に、--ri-system で $datadir/ri/<ver>/system に出力されます。これらす
べてはうしろに指定した --op を上書きします。デフォルト...
...。デフォルトは rdoc です。
markdown、rd、rdoc、tomdoc のいずれかから選択できます。

: --root root

Root of the source tree documentation will be generated for. Set this
when building documentation outside the source directory. Default is
the current directory.

:...

絞り込み条件を変える