るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
324件ヒット [1-100件を表示] (0.024秒)
トップページ > クエリ:>[x] > モジュール:FileUtils[x]

別のキーワード

  1. _builtin >
  2. bigdecimal >
  3. float >
  4. module >

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

FileUtils#split_all(path) -> Array (101.0)

与えられたパスをディレクトリごとに分割します。

...られたパスをディレクトリごとに分割します。

@param path 分割するパスを指定します。

例:
split_all("a/b/c") # => ['a', 'b', 'c']...

FileUtils.#cd(dir, options = {}) -> nil (101.0)

プロセスのカレントディレクトリを dir に変更します。

...ブロック終了後に
元のディレクトリに戻ります。

@param dir ディレクトリを指定します。

@param options :verbose が指定できます。
c:FileUtils#options

例:

require 'fileutils'
FileUtils
.cd('/', {:verbose => true}) # chdir and report it...

FileUtils.#cd(dir, options = {}) {|dir| .... } -> nil (101.0)

プロセスのカレントディレクトリを dir に変更します。

...ブロック終了後に
元のディレクトリに戻ります。

@param dir ディレクトリを指定します。

@param options :verbose が指定できます。
c:FileUtils#options

例:

require 'fileutils'
FileUtils
.cd('/', {:verbose => true}) # chdir and report it...

FileUtils.#chdir(dir, options = {}) -> nil (101.0)

プロセスのカレントディレクトリを dir に変更します。

...ブロック終了後に
元のディレクトリに戻ります。

@param dir ディレクトリを指定します。

@param options :verbose が指定できます。
c:FileUtils#options

例:

require 'fileutils'
FileUtils
.cd('/', {:verbose => true}) # chdir and report it...

FileUtils.#chdir(dir, options = {}) {|dir| .... } -> nil (101.0)

プロセスのカレントディレクトリを dir に変更します。

...ブロック終了後に
元のディレクトリに戻ります。

@param dir ディレクトリを指定します。

@param options :verbose が指定できます。
c:FileUtils#options

例:

require 'fileutils'
FileUtils
.cd('/', {:verbose => true}) # chdir and report it...

絞り込み条件を変える

FileUtils.#chmod(mode, list, options = {}) -> Array (101.0)

ファイル list のパーミッションを mode に変更します。

...c:FileUtils#options

@return list を配列として返します。

例:

# Absolute mode
require 'fileutils'
FileUtils
.chmod(0644, %w(my.rb your.rb his.rb her.rb))
FileUtils
.chmod(0755, 'somecommand')
FileUtils
.chmod(0755, '/usr/bin/ruby', :verbose => true)
# Symbolic m...
...ode
require 'fileutils'
FileUtils
.chmod("u=wr,go=rr", %w(my.rb your.rb his.rb her.rb))
FileUtils
.chmod("u=wrx,go=rx", 'somecommand')
FileUtils
.chmod("u=wrx,go=rx", '/usr/bin/ruby', :verbose => true)

symbolic mode では以下の指定を 操作対象 演算子 権限 の順番で指定し...

FileUtils.#chmod_R(mode, list, options = {}) -> Array (101.0)

ファイル list のパーミッションを再帰的に mode へ変更します。

...mode へ変更します。

@param mode パーミッションを8進数(absolute mode)か文字列(symbolic
mode)で指定します(FileUtils.#chmod 参照)。

@param list ファイルのリストを指定します。対象のファイルが一つの場合は文字列でも指定可能...
...です。
二つ以上指定する場合は配列で指定します。

@param options :noop と :verbose が指定可能です。
c:FileUtils#options

@return list を配列として返します。

例:

require 'fileutils'
FileUtils
.chmod_R(0700, '/tmp/removing')...

FileUtils.#chown(user, group, list, options = {}) -> Array (101.0)

ファイル list の所有ユーザと所有グループを user と group に変更します。

...param options :noop と :verbose が指定可能です。
c:FileUtils#options

@return list を配列として返します。


例:

require 'fileutils'
FileUtils
.chown 'root', 'staff', '/usr/local/bin/ruby'
FileUtils
.chown nil, 'bin', Dir.glob('/usr/bin/*'), :verbose => true...

FileUtils.#chown_R(user, group, list, options = {}) -> Array (101.0)

list 以下のファイルの所有ユーザと所有グループを user と group へ再帰的に変更します。

...
c:FileUtils#options

@return list を配列として返します。

例:

require 'fileutils'
FileUtils
.chown 'root', 'staff', '/usr/local/bin/ruby'
FileUtils
.chown nil, 'bin', Dir.glob('/usr/bin/*'), :verbose => true

require 'fileutils'
FileUtils
.chown_R 'www', 'www...
...', '/var/www/htdocs'
FileUtils.chown_R 'cvs', 'cvs', '/var/cvs', :verbose => true...

FileUtils.#cmp(file_a, file_b) -> bool (101.0)

ファイル file_a と file_b の内容が同じなら真を返します。

...す。

@param file_a ファイル名。

@param file_b ファイル名。

例:

require 'fileutils'
FileUtils
.cmp('somefile', 'somefile') #=> true
FileUtils
.cmp('/dev/null', '/dev/urandom') #=> false...

絞り込み条件を変える

FileUtils.#compare_file(file_a, file_b) -> bool (101.0)

ファイル file_a と file_b の内容が同じなら真を返します。

...す。

@param file_a ファイル名。

@param file_b ファイル名。

例:

require 'fileutils'
FileUtils
.cmp('somefile', 'somefile') #=> true
FileUtils
.cmp('/dev/null', '/dev/urandom') #=> false...

FileUtils.#compare_stream(io_a, io_b) -> bool (101.0)

IO オブジェクト io_a と io_b の内容が同じなら真を返します。

IO オブジェクト io_a と io_b の内容が同じなら真を返します。

@param io_a IO オブジェクト。

@param io_b IO オブジェクト。

FileUtils.#copy(src, dest, options = {}) -> () (101.0)

ファイル src を dest にコピーします。

...c:FileUtils#options

@raise Errno::ENOTDIR src が複数のファイルかつ、dest がディレクトリでない場合に発生します。

例:

require 'fileutils'
FileUtils
.cp 'eval.c', 'eval.c.org'
FileUtils
.cp(['cgi.rb', 'complex.rb', 'date.rb'], '/usr/lib/ruby/1.8')
FileUtils
.cp(...
...%w(cgi.rb complex.rb date.rb), '/usr/lib/ruby/1.8', {:verbose => true})...

FileUtils.#copy_entry(src, dest, preserve = false, dereference_root = false) -> () (101.0)

ファイル src を dest にコピーします。

ファイル src を dest にコピーします。

src が普通のファイルでない場合はその種別まで含めて完全にコピーします。
src がディレクトリの場合はその中身を再帰的にコピーします。

@param src コピー元。

@param dest コピー先。

@param preserve preserve が真のときは更新時刻と、
可能なら所有ユーザ・所有グループもコピーします。

@param dereference_root dereference_root が真のときは src についてだけシンボリックリンクの指す
...

FileUtils.#copy_file(src, dest, preserve = false, dereference_root = true) -> () (101.0)

ファイル src の内容を dest にコピーします。

ファイル src の内容を dest にコピーします。

@param src コピー元。

@param dest コピー先。

@param preserve preserve が真のときは更新時刻と、
可能なら所有ユーザ・所有グループもコピーします。

@param dereference_root dereference_root が真のときは src についてだけシンボリックリンクの指す
内容をコピーします。偽の場合はシンボリックリンク自体をコピーします。

絞り込み条件を変える

FileUtils.#copy_stream(src, dest) -> () (101.0)

src を dest にコピーします。 src には read メソッド、dest には write メソッドが必要です。

src を dest にコピーします。
src には read メソッド、dest には write メソッドが必要です。

@param src read メソッドを持つオブジェクト。

@param dest write メソッドを持つオブジェクト。

FileUtils.#cp(src, dest, options = {}) -> () (101.0)

ファイル src を dest にコピーします。

...c:FileUtils#options

@raise Errno::ENOTDIR src が複数のファイルかつ、dest がディレクトリでない場合に発生します。

例:

require 'fileutils'
FileUtils
.cp 'eval.c', 'eval.c.org'
FileUtils
.cp(['cgi.rb', 'complex.rb', 'date.rb'], '/usr/lib/ruby/1.8')
FileUtils
.cp(...
...%w(cgi.rb complex.rb date.rb), '/usr/lib/ruby/1.8', {:verbose => true})...
<< 1 2 3 ... > >>