るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
878件ヒット [1-100件を表示] (0.029秒)
トップページ > クエリ:>[x] > クエリ:put[x]

別のキーワード

  1. _builtin >
  2. bigdecimal >
  3. >
  4. float >
  5. module >

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Net::HTTP#put(path, data, initheader = nil) -> Net::HTTPResponse (18223.0)

サーバ上の path にあるエンティティに対し文字列 data を PUT で送ります。

...サーバ上の path にあるエンティティに対し文字列 data を
PUT
で送ります。

返り値は Net::HTTPResponse のインスタンスです。

@param path 取得するエンティティのパスを文字列で指定します。
@param data 送るデータを文字列で指定し...
...ます。
@param initheader リクエストの HTTP ヘッダをハッシュで指定します。

@see Net::HTTP#request_put

1.1 互換モードの場合は、レスポンスに応じて例外が発生します。...

Net::FTP#put(localfile, remotefile = File.basename(localfile), blocksize = DEFAULT_BLOCKSIZE) -> nil (18202.0)

サーバへファイルを転送します。

...サーバへファイルを転送します。

Net::FTP#binary の値に従って
Net::FTP#putbinaryfile もしくは
Net::FTP#puttextfile を呼びだします。

binary が偽のとき、つまりテキストモードの
ときには blocksize は無視されます。

@param localfile 転送す...

Net::FTP#put(localfile, remotefile = File.basename(localfile), blocksize = DEFAULT_BLOCKSIZE) { |data| .... } -> nil (18202.0)

サーバへファイルを転送します。

...サーバへファイルを転送します。

Net::FTP#binary の値に従って
Net::FTP#putbinaryfile もしくは
Net::FTP#puttextfile を呼びだします。

binary が偽のとき、つまりテキストモードの
ときには blocksize は無視されます。

@param localfile 転送す...

IRB::OutputMethod#puts(*objs) -> object (9200.0)

各 obj を self に出力し、それぞれの後に改行を出力します。

各 obj を self に出力し、それぞれの後に改行を出力します。

@param objs 任意のオブジェクトを指定します。

Gem::Specification.normalize_yaml_input(input) -> String (6300.0)

YAML 形式の gemspec を正しくフォーマットします。

...YAML 形式の gemspec を正しくフォーマットします。

@param input 文字列か IO オブジェクトを指定します。...

絞り込み条件を変える

Net::HTTP#put2(path, data, initheader = nil) -> Net::HTTPResponse (6232.0)

サーバ上の path にあるエンティティに対し文字列 data を PUT で送ります。

...サーバ上の path にあるエンティティに対し文字列 data を
PUT
で送ります。

返り値は Net::HTTPResponse のインスタンスです。

ブロックとともに呼び出されたときは、
ボディをソケットから読み出す前に、
接続を維持した状態で...
...するエンティティのパスを文字列で指定します。
@param data 送るデータを文字列で指定します。
@param initheader リクエストの HTTP ヘッダをハッシュで指定します。

put
2 は時代遅れなので使わないでください。

@see Net::HTTP#put...

Net::HTTP#put2(path, data, initheader = nil) {|response| .... } -> Net::HTTPResponse (6232.0)

サーバ上の path にあるエンティティに対し文字列 data を PUT で送ります。

...サーバ上の path にあるエンティティに対し文字列 data を
PUT
で送ります。

返り値は Net::HTTPResponse のインスタンスです。

ブロックとともに呼び出されたときは、
ボディをソケットから読み出す前に、
接続を維持した状態で...
...するエンティティのパスを文字列で指定します。
@param data 送るデータを文字列で指定します。
@param initheader リクエストの HTTP ヘッダをハッシュで指定します。

put
2 は時代遅れなので使わないでください。

@see Net::HTTP#put...

Net::HTTP#request_put(path, data, initheader = nil) -> Net::HTTPResponse (6232.0)

サーバ上の path にあるエンティティに対し文字列 data を PUT で送ります。

...サーバ上の path にあるエンティティに対し文字列 data を
PUT
で送ります。

返り値は Net::HTTPResponse のインスタンスです。

ブロックとともに呼び出されたときは、
ボディをソケットから読み出す前に、
接続を維持した状態で...
...するエンティティのパスを文字列で指定します。
@param data 送るデータを文字列で指定します。
@param initheader リクエストの HTTP ヘッダをハッシュで指定します。

put
2 は時代遅れなので使わないでください。

@see Net::HTTP#put...

Net::HTTP#request_put(path, data, initheader = nil) {|response| .... } -> Net::HTTPResponse (6232.0)

サーバ上の path にあるエンティティに対し文字列 data を PUT で送ります。

...サーバ上の path にあるエンティティに対し文字列 data を
PUT
で送ります。

返り値は Net::HTTPResponse のインスタンスです。

ブロックとともに呼び出されたときは、
ボディをソケットから読み出す前に、
接続を維持した状態で...
...するエンティティのパスを文字列で指定します。
@param data 送るデータを文字列で指定します。
@param initheader リクエストの HTTP ヘッダをハッシュで指定します。

put
2 は時代遅れなので使わないでください。

@see Net::HTTP#put...

WIN32OLE#ole_put_methods -> [WIN32OLE_METHOD] (6213.0)

オブジェクトの設定可能プロパティ情報をWIN32OLE_METHODの配列として 返します。

...オブジェクトの設定可能プロパティ情報をWIN32OLE_METHODの配列として
返します。

ole_put_methodsメソッドは、OLEオートメーションサーバのメソッドのうちプ
ロパティ設定メソッドに属するものをWIN32OLE_METHODの配列として返し
...
...た。
型情報ライブラリ(TypeLib)が提供されていない場合などに発生します。

excel = WIN32OLE.new('Excel.Application')
properties = excel.ole_put_methods

@see WIN32OLE#ole_methods, WIN32OLE#ole_func_methods,
WIN32OLE#ole_get_methods...

絞り込み条件を変える

Encoding::InvalidByteSequenceError#incomplete_input? -> bool (6212.0)

エラー発生時に入力文字列が不足している場合に真を返します。

...#=> #<Encoding::InvalidByteSequenceError: "\xA1" followed by "z" on EUC-JP>
p $!.incomplete_input? #=> false
end

begin
ec.convert("abc\xA1")
ec.finish
rescue Encoding::InvalidByteSequenceError
p $! #=> #<Encoding::InvalidByteSequenceError: incomplete "\xA1" on EUC-JP>...
...p $!.incomplete_input? #=> true
end...

Encoding::Converter#putback -> String (6206.0)

後の変換用に変換器内部で保持しているバイト列を max_numbytes で指定した バイト数だけ返します。max_numbytes を指定しなかった場合は保持しているバ イト列の全てを返します。

...00\xd8\x61\x00"
dst = ""
p ec.primitive_convert(src, dst) #=> :invalid_byte_sequence
p ec.primitive_errinfo #=> [:invalid_byte_sequence, "UTF-16LE", "UTF-8", "\x00\xD8", "a\x00"]
p ec.putback #=> "a\x00"
p ec.putback #=> "" # no more bytes to put back
//}...

Encoding::Converter#putback(max_numbytes) -> String (6206.0)

後の変換用に変換器内部で保持しているバイト列を max_numbytes で指定した バイト数だけ返します。max_numbytes を指定しなかった場合は保持しているバ イト列の全てを返します。

...00\xd8\x61\x00"
dst = ""
p ec.primitive_convert(src, dst) #=> :invalid_byte_sequence
p ec.primitive_errinfo #=> [:invalid_byte_sequence, "UTF-16LE", "UTF-8", "\x00\xD8", "a\x00"]
p ec.putback #=> "a\x00"
p ec.putback #=> "" # no more bytes to put back
//}...

ARGF.class#putc(ch) -> object (6200.0)

文字 ch を処理対象のファイルに出力します。 ch を返します。

...象のファイルに出力します。
ch を返します。

c:ARGF#inplace時にのみ使用できます。
また $stdout への代入の影響を受けません。
それ以外は Kernel.#putc と同じです。

@param ch 出力する文字を String オブジェクトで指定します。...

ARGF.class#puts(*arg) -> nil (6200.0)

引数と改行を順番に処理対象のファイルに出力します。 引数がなければ改行のみを出力します。

...力します。
引数がなければ改行のみを出力します。

c:ARGF#inplace時にのみ使用できます。
また $stdout への代入の影響を受けません。
それ以外は Kernel.#puts と同じです。

@param arg 出力するオブジェクトを任意個指定します。...

絞り込み条件を変える

Encoding::Converter#insert_output(string) -> nil (6200.0)

変換器内のバッファに文字列を挿入します。 バッファに保持された文字列は、次の変換時の変換結果と一緒に返されます。

...imitive_convert(src, dst) #=> :undefined_conversion
put
s "[#{dst.dump}, #{src.dump}]" #=> ["HIRAGANA LETTER A is ", "."]
ec.insert_output("<err>")
p ec.primitive_convert(src, dst) #=> :finished
put
s "[#{dst.dump}, #{src.dump}]" #=> ["HIRAGANA LETTER A is <err>.", ""]

ec = Encoding::Conver...
...#=> :undefined_conversion
put
s "[#{dst.dump}, #{src.dump}]" #=> ["\e$B$O$!$H".force_encoding("ISO-2022-JP"), "\xE3\ x80\x82"]
ec.insert_output "?" # state change required to output "?".
p ec.primitive_convert(src, dst) #=> :finished
put
s "[#{dst.dump}, #{src.dump}]" #=> ["...

IO#putc(ch) -> object (6200.0)

文字 ch を self に出力します。 引数の扱いは Kernel.#putc と同じです。詳細はこちらを参照し てください。ch を返します。

...文字 ch を self に出力します。
引数の扱いは Kernel.#putc と同じです。詳細はこちらを参照し
てください。ch を返します。

@param ch 出力したい文字を、文字列か文字コード(整数)で与えます。

@raise IOError 自身が書き込み用に...
...オープンされていなければ発生します。

@raise Errno::EXXX 出力に失敗した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
$stdout.putc "A" # => A
$stdout.putc 65 # => A
//}

@see Kernel.#putc...
<< 1 2 3 ... > >>