るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
929件ヒット [1-100件を表示] (0.028秒)
トップページ > クエリ:>[x] > クエリ:struct[x]

別のキーワード

  1. _builtin >
  2. bigdecimal >
  3. >
  4. filter >
  5. float >

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

DL::Importer#struct(signature) -> Class (18219.0)

C の構造体型に対応する Ruby のクラスを構築して返します。

...れを
配列で signature に渡してデータを定義します。例えば C における
struct
timeval {
long tv_sec;
long tv_usec;
};
という構造体型に対応して
Timeval = struct(["long tv_sec", "long tv_usec"])
として構造体に対応するクラスを生成しま...
...* クラスメソッド malloc
* initialize
* to_ptr
* to_i
* 構造体の各メンバへのアクセサ
返されるクラスは DL::CStruct を継承しています。詳しくは
そちらを参照してください。


@param signature 構造体の各要素を文字列で表現した...
...ものの配列

require 'dl/import'

module M
extend DL::Importer
dlload "libc.so.6"
extern "int gettimeofday(void*, void*)"
Timeval = struct(["long tv_sec", "long tv_usec"])
end

time = Timeval.malloc
M.gettimeofday(time, DL::NULL)
p time.tv_sec
p time.tv_usec...

Fiddle::Importer#struct(signature) -> Class (18219.0)

C の構造体型に対応する Ruby のクラスを構築して返します。

...れを
配列で signature に渡してデータを定義します。例えば C における
struct
timeval {
long tv_sec;
long tv_usec;
};
という構造体型に対応して
Timeval = struct(["long tv_sec", "long tv_usec"])
として構造体に対応するクラスを生成しま...
...* クラスメソッド malloc
* initialize
* to_ptr
* to_i
* 構造体の各メンバへのアクセサ
返されるクラスは Fiddle::CStruct を継承しています。詳しくは
そちらを参照してください。


@param signature 構造体の各要素を文字列で表現し...
...

require 'fiddle/import'

module M
extend Fiddle::Importer
dlload "libc.so.6"
extern "int gettimeofday(void*, void*)"
Timeval = struct(["long tv_sec", "long tv_usec"])
end

time = Timeval.malloc
M.gettimeofday(time, Fiddle::NULL)
p time.tv_sec
p time.tv_usec...

Struct.[](*args) -> Struct (9242.0)

(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています) 構造体オブジェクトを生成して返します。

...(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています)
構造体オブジェクトを生成して返します。

@param args 構造体の初期値を指定します。メンバの初期値は指定されなければ nil です。

@return 構造体クラスのインス...
...タンス。

@raise ArgumentError 構造体のメンバの数よりも多くの引数を指定した場合に発生します。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
foo = Foo.new(1)
p foo.values # => [1, nil]...

Struct.new(*args) -> Struct (9242.0)

(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています) 構造体オブジェクトを生成して返します。

...(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています)
構造体オブジェクトを生成して返します。

@param args 構造体の初期値を指定します。メンバの初期値は指定されなければ nil です。

@return 構造体クラスのインス...
...タンス。

@raise ArgumentError 構造体のメンバの数よりも多くの引数を指定した場合に発生します。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
foo = Foo.new(1)
p foo.values # => [1, nil]...

Struct.[](*args) -> Struct (9235.0)

(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています) 構造体オブジェクトを生成して返します。

...(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています)
構造体オブジェクトを生成して返します。

@param args 構造体の初期値を指定します。メンバの初期値は指定されなければ nil です。

@return 構造体クラスのインス...
...タンス。

@raise ArgumentError 構造体のメンバの数よりも多くの引数を指定した場合に発生します。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
foo = Foo.new(1)
p foo.values # => [1, nil]...

絞り込み条件を変える

Struct.new(*args) -> Struct (9235.0)

(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています) 構造体オブジェクトを生成して返します。

...(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています)
構造体オブジェクトを生成して返します。

@param args 構造体の初期値を指定します。メンバの初期値は指定されなければ nil です。

@return 構造体クラスのインス...
...タンス。

@raise ArgumentError 構造体のメンバの数よりも多くの引数を指定した場合に発生します。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
foo = Foo.new(1)
p foo.values # => [1, nil]...

Struct.new(*args, keyword_init: false) -> Class (9222.0)

Struct クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

...
Struct
クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

サブクラスでは構造体のメンバに対するアクセスメソッドが定義されています。

dog = Struct.new("Dog", :name, :age)
fred = dog.new("fred", 5)
fred.age = 6
printf "name:%s age:%...
...d", fred.name, fred.age
#=> "name:fred age:6" を出力します

実装の都合により、クラス名の省略は後づけの機能でした。
メンバ名に String を指定できるのは後方互換性のためだと考えた方が良いでしょう。
したがって、メンバ名は Sy...
...指定はエラーになります。

p Struct.new('foo', 'bar')
# => -:1:in `new': identifier foo needs to be constant (NameError)

また args[1..-1] は、Symbol か String で指定します。

p Struct.new("Foo", :foo, :bar) # => Struct::Foo

=== 第一引数が Symbol の場合...

Struct.new(*args, keyword_init: false) {|Class| block } -> Class (9222.0)

Struct クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

...
Struct
クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

サブクラスでは構造体のメンバに対するアクセスメソッドが定義されています。

dog = Struct.new("Dog", :name, :age)
fred = dog.new("fred", 5)
fred.age = 6
printf "name:%s age:%...
...d", fred.name, fred.age
#=> "name:fred age:6" を出力します

実装の都合により、クラス名の省略は後づけの機能でした。
メンバ名に String を指定できるのは後方互換性のためだと考えた方が良いでしょう。
したがって、メンバ名は Sy...
...指定はエラーになります。

p Struct.new('foo', 'bar')
# => -:1:in `new': identifier foo needs to be constant (NameError)

また args[1..-1] は、Symbol か String で指定します。

p Struct.new("Foo", :foo, :bar) # => Struct::Foo

=== 第一引数が Symbol の場合...

Struct.json_create(hash) -> Struct (9201.0)

JSON のオブジェクトから Ruby のオブジェクトを生成して返します。

JSON のオブジェクトから Ruby のオブジェクトを生成して返します。

@param hash 適切なキーを持つハッシュを指定します。

OpenStruct#new_ostruct_member(name) -> Symbol (9200.0)

与えられた名前のアクセサメソッドを自身に定義します。

与えられた名前のアクセサメソッドを自身に定義します。

@param name 文字列かシンボルで定義するアクセサの名前を指定します。

絞り込み条件を変える

Struct.new(*args) -> Class (9180.0)

Struct クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

...
Struct
クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

サブクラスでは構造体のメンバに対するアクセスメソッドが定義されています。

dog = Struct.new("Dog", :name, :age)
fred = dog.new("fred", 5)
fred.age = 6
printf "name:%s age:%...
...d", fred.name, fred.age
#=> "name:fred age:6" を出力します

実装の都合により、クラス名の省略は後づけの機能でした。
メンバ名に String を指定できるのは後方互換性のためだと考えた方が良いでしょう。
したがって、メンバ名は Sy...
...指定はエラーになります。

p Struct.new('foo', 'bar')
# => -:1:in `new': identifier foo needs to be constant (NameError)

また args[1..-1] は、Symbol か String で指定します。

p Struct.new("Foo", :foo, :bar) # => Struct::Foo

=== 第一引数が Symbol の場合...

Struct.new(*args) {|Class| block } -> Class (9180.0)

Struct クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

...
Struct
クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

サブクラスでは構造体のメンバに対するアクセスメソッドが定義されています。

dog = Struct.new("Dog", :name, :age)
fred = dog.new("fred", 5)
fred.age = 6
printf "name:%s age:%...
...d", fred.name, fred.age
#=> "name:fred age:6" を出力します

実装の都合により、クラス名の省略は後づけの機能でした。
メンバ名に String を指定できるのは後方互換性のためだと考えた方が良いでしょう。
したがって、メンバ名は Sy...
...指定はエラーになります。

p Struct.new('foo', 'bar')
# => -:1:in `new': identifier foo needs to be constant (NameError)

また args[1..-1] は、Symbol か String で指定します。

p Struct.new("Foo", :foo, :bar) # => Struct::Foo

=== 第一引数が Symbol の場合...

Struct#[](member) -> object (9136.0)

構造体のメンバの値を返します。

...Foo = Struct.new(:foo, :bar)
obj = Foo.new('FOO', 'BAR')
p obj[:foo] # => "FOO"
p obj['bar'] # => "BAR"
# p obj[:baz] # => in `[]': no member 'baz' in struct (NameError)
p obj[0] # => "FOO"
p obj[1] # => "BAR"
p obj[-1] # => "BAR" #...
...できます。
p obj[2] # => in `[]': offset 2 too large for struct(size:2) (IndexError)

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点...

Struct#==(other) -> bool (9130.0)

self と other のクラスが同じであり、各メンバが == メソッドで比較して等しい場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

...定します。

Dog = Struct.new(:name, :age)
dog1 = Dog.new("fred", 5)
dog2 = Dog.new("fred", 5)

p dog1 == dog2 #=> true
p dog1.eql?(dog2) #=> true
p dog1.equal?(dog2) #=> false

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのイ...
...ンスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に
注意してください。

@see Struct#eql?...

Struct#eql?(other) -> bool (9130.0)

self と other のクラスが同じであり、各メンバが eql? メソッドで比較して等しい場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

...定します。

Dog = Struct.new(:name, :age)
dog1 = Dog.new("fred", 5)
dog2 = Dog.new("fred", 5)

p dog1 == dog2 #=> true
p dog1.eql?(dog2) #=> true
p dog1.equal?(dog2) #=> false

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのイ...
...ンスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に
注意してください。

@see Struct#==...

絞り込み条件を変える

Struct#equal?(other) -> bool (9130.0)

指定された other が self 自身である場合のみ真を返します。 これは Object クラスで定義されたデフォルトの動作で す。

...たデフォルトの動作で
す。

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に
注意してください。


@see Struct#eql?, Struct#==...

Struct#inspect -> String (9130.0)

self の内容を人間に読みやすい文字列にして返します。

...

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に
注意してください。

例:
Customer = Struct.new(:name, :address, :zip)
joe = Custom...
...er.new("Joe Smith", "123 Maple, Anytown NC", 12345)
joe.inspect # => "#<struct Customer name=\"Joe Smith\", address=\"123 Maple, Anytown NC\", zip=12345>"...

Struct#to_h -> Hash (9130.0)

self のメンバ名(Symbol)と値の組を Hash にして返します。

...Hash にして返します。

//emlist[例][ruby]{
Customer = Struct.new(:name, :address, :zip)
Customer.new("Joe Smith", "123 Maple, Anytown NC", 12345).to_h
# => {:name=>"Joe Smith", :address=>"123 Maple, Anytown NC", :zip=>12345}
//}

ブロックを指定すると各ペアでブロック...
...omer = Struct.new(:name, :address, :zip)
Customer.new("Joe Smith", "123 Maple, Anytown NC", 12345).to_h {|member, value|
[member, value*2]
} # => {:name=>"Joe SmithJoe Smith", :address=>"123 Maple, Anytown NC123 Maple, Anytown NC", :zip=>24690}
//}

[注意] 本メソッドの記述は Struct...
...下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に
注意してください。...

Struct#to_h {|member, value| block } -> Hash (9130.0)

self のメンバ名(Symbol)と値の組を Hash にして返します。

...Hash にして返します。

//emlist[例][ruby]{
Customer = Struct.new(:name, :address, :zip)
Customer.new("Joe Smith", "123 Maple, Anytown NC", 12345).to_h
# => {:name=>"Joe Smith", :address=>"123 Maple, Anytown NC", :zip=>12345}
//}

ブロックを指定すると各ペアでブロック...
...omer = Struct.new(:name, :address, :zip)
Customer.new("Joe Smith", "123 Maple, Anytown NC", 12345).to_h {|member, value|
[member, value*2]
} # => {:name=>"Joe SmithJoe Smith", :address=>"123 Maple, Anytown NC123 Maple, Anytown NC", :zip=>24690}
//}

[注意] 本メソッドの記述は Struct...
...下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に
注意してください。...

Struct#to_s -> String (9130.0)

self の内容を人間に読みやすい文字列にして返します。

...

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に
注意してください。

例:
Customer = Struct.new(:name, :address, :zip)
joe = Custom...
...er.new("Joe Smith", "123 Maple, Anytown NC", 12345)
joe.inspect # => "#<struct Customer name=\"Joe Smith\", address=\"123 Maple, Anytown NC\", zip=12345>"...

絞り込み条件を変える

Struct#each -> Enumerator (9124.0)

構造体の各メンバに対して繰り返します。

...

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に
注意してください。

例:
Customer = Struct.new(:name, :address, :zip)
joe = Custom...
...er.new("Joe Smith", "123 Maple, Anytown NC", 12345)
joe.each {|x| puts(x) }

# => Joe Smith
# 123 Maple, Anytown NC
# 12345...

Struct#each {|value| ... } -> self (9124.0)

構造体の各メンバに対して繰り返します。

...

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成する点に
注意してください。

例:
Customer = Struct.new(:name, :address, :zip)
joe = Custom...
...er.new("Joe Smith", "123 Maple, Anytown NC", 12345)
joe.each {|x| puts(x) }

# => Joe Smith
# 123 Maple, Anytown NC
# 12345...

Struct#each_pair -> Enumerator (9124.0)

構造体のメンバ名(Symbol)と値の組を引数にブロックを繰り返し実行します。

...Foo = Struct.new(:foo, :bar)
Foo.new('FOO', 'BAR').each_pair {|m, v| p [m,v]}
# => [:foo, "FOO"]
[:bar, "BAR"]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下...

Struct#each_pair {|member, value| ... } -> self (9124.0)

構造体のメンバ名(Symbol)と値の組を引数にブロックを繰り返し実行します。

...Foo = Struct.new(:foo, :bar)
Foo.new('FOO', 'BAR').each_pair {|m, v| p [m,v]}
# => [:foo, "FOO"]
[:bar, "BAR"]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下...
<< 1 2 3 ... > >>