るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
615件ヒット [201-300件を表示] (0.013秒)
トップページ > クラス:Time[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< < 1 2 3 4 5 ... > >>

Time#monday? -> bool (1.0)

自身の表す時刻が月曜日である場合に true を返します。 そうでない場合に false を返します。

...自身の表す時刻が月曜日である場合に true を返します。
そうでない場合に false を返します。

例:
t = Time.local(2003, 8, 4) #=> 2003-08-04 00:00:00 +0900
t.monday? #=> true...

Time#month -> Integer (1.0)

月を整数で返します。

...月を整数で返します。

p Time.local(2000, 1, 1).month #=> 1...

Time#nsec -> Integer (1.0)

時刻のナノ秒の部分を整数で返します。

...の部分を整数で返します。

t = Time.now #=> 2007-11-17 15:18:03 +0900
"%10.9f" % t.to_f #=> "1195280283.536151409"
t.nsec #=> 536151406

IEEE 754 浮動小数点数で表現できる精度が違うため、Time#to_fの最小
の桁とnsecの最小の桁は...

Time#rfc2822 -> String (1.0)

2822 で定義されている date-time として表現される形式の文字列を 返します。

...されている date-time として表現される形式の文字列を
返します。

@return 以下の形式の文字列を返します。
//emlist{
day-of-week, DD month-name CCYY hh:mm:ss zone
//}
ただし zone は [+-]hhmm です。
self が UTC time の場合、zone は +0...
...000 になります。

使用例
require 'time'

iso8601_time = '2008-08-31T12:34:56+09:00'
t = Time.iso8601(iso8601_time)
p t.rfc2822 #=> "Sun, 31 Aug 2008 03:34:56 -0000"...

Time#rfc822 -> String (1.0)

2822 で定義されている date-time として表現される形式の文字列を 返します。

...されている date-time として表現される形式の文字列を
返します。

@return 以下の形式の文字列を返します。
//emlist{
day-of-week, DD month-name CCYY hh:mm:ss zone
//}
ただし zone は [+-]hhmm です。
self が UTC time の場合、zone は +0...
...000 になります。

使用例
require 'time'

iso8601_time = '2008-08-31T12:34:56+09:00'
t = Time.iso8601(iso8601_time)
p t.rfc2822 #=> "Sun, 31 Aug 2008 03:34:56 -0000"...

絞り込み条件を変える

Time#round(ndigits=0) -> Time (1.0)

十進小数点数で指定した桁数の精度で丸めをし、 その Time オブジェクト返します。 (デフォルトは0、つまり小数点の所で丸めます)。

...精度で丸めをし、
その Time オブジェクト返します。
(デフォルトは0、つまり小数点の所で丸めます)。

ndigits には 0 以上の整数を渡します。

@param ndigits 十進での精度(桁数)

require 'time'

t = Time.utc(1999,12,31, 23,59,59)
p((...
...o8601(3)) #=> "2000-01-01T00:00:00.000Z"
p((t + 1.49).round.iso8601(3)) #=> "2000-01-01T00:00:00.000Z"
p((t + 1.5).round.iso8601(3)) #=> "2000-01-01T00:00:01.000Z"

t = Time.utc(1999,12,31, 23,59,59)
p (t + 0.123456789).round(4).iso8601(6) #=> "1999-12-31T23:59:59.123500Z"...

Time#saturday? -> bool (1.0)

自身の表す時刻が土曜日である場合に true を返します。 そうでない場合に false を返します。

...自身の表す時刻が土曜日である場合に true を返します。
そうでない場合に false を返します。

例:
t = Time.local(2006, 6, 10) #=> 2006-06-10 00:00:00 +0900
t.saturday? #=> true...

Time#sec -> Integer (1.0)

秒を整数で返します。

...秒を整数で返します。

Time
.mktime(2000, 1, 1).sec #=> 0

通常は0から59を返しますが、うるう秒の場合は60を返します。

ENV['TZ'] = 'right/UTC'
Time
.mktime(2005, 12, 31, 23, 59, 60).sec #=> 60...

Time#strftime(format) -> String (1.0)

時刻を format 文字列に従って文字列に変換した結果を返します。

...:z: タイムゾーン。コロンが入った秒まで含むUTCからのオフセット (例 +09:00:00)
* %%: %自身

このメソッドは strftime(3) や glibcの仕様を参考に作成されており、以下のオプションが利用できます。
* ^: 大文字で出力を行なう
*...
...定する

t = Time.now #=> 2010-09-05 15:41:17 0900
t.strftime("Printed on %m/%d/%Y") #=> "Printed on 09/05/2010"
t.strftime("Printed on %m/%-d/%_6Y") #=> "Printed on 09/5/ 2010"
t.strftime("at %I:%M%p") #=> "at 03:41PM"
t.strftime("at %I:%M%#p")...

Time#subsec -> Integer | Rational (1.0)

時刻を表す分数を返します。

...時刻を表す分数を返します。

Rational を返す場合があります。

t = Time.now #=> 2009-03-26 22:33:12 +0900
"%10.9f" % t.to_f #=> "1238074392.940563917"
t.subsec #=> (94056401/100000000)

to_f の値と subsec の値の下のほうの桁の値は異...

絞り込み条件を変える

Time#succ -> Time (1.0)

self に 1 秒足した Time オブジェクトを生成して返します。

...self に 1 秒足した Time オブジェクトを生成して返します。

このメソッドは obsolete です。 self + 1 を代わりに使用してください。

t = Time.now
p t
p t.succ
# => Sun Jul 18 01:41:22 JST 2004
Sun Jul 18 01:41:23 JST 2004...

Time#sunday? -> bool (1.0)

自身の表す時刻が日曜日である場合に true を返します。 そうでない場合に false を返します。

...自身の表す時刻が日曜日である場合に true を返します。
そうでない場合に false を返します。

例:
t = Time.local(1990, 4, 1) #=> 1990-04-01 00:00:00 +0900
t.sunday? #=> true...

Time#taguri -> String (1.0)

自身のタグ URI を返します。

自身のタグ URI を返します。

Time#taguri=(val) (1.0)

自身のタグ URI を val に設定します。

自身のタグ URI を val に設定します。

@param val タグ URI を文字列で指定します。

Time#thursday? -> bool (1.0)

自身の表す時刻が木曜日である場合に true を返します。 そうでない場合に false を返します。

...自身の表す時刻が木曜日である場合に true を返します。
そうでない場合に false を返します。

例:
t = Time.local(1995, 12, 21) #=> 1995-12-21 00:00:00 +0900
t.thursday? #=> true...

絞り込み条件を変える

Time#to_a -> Array (1.0)

時刻を10要素の配列で返します。

...日 (整数 1-366)
* isdst: 夏時間であるかどうか (true/false)
* zone: タイムゾーン (文字列)

p Time.now # => Mon Oct 20 06:02:10 JST 2003
p Time.now.to_a # => [10, 2, 6, 20, 10, 2003, 1, 293, false, "JST"]

要素の順序は C 言語の tm 構造体に合わせて...

Time#to_date -> Date (1.0)

対応する Date オブジェクトを返します。

対応する Date オブジェクトを返します。
<< < 1 2 3 4 5 ... > >>