るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
140件ヒット [1-100件を表示] (0.027秒)
トップページ > クラス:Time[x] > クエリ:mon[x]

別のキーワード

  1. date mon
  2. time mon
  3. _builtin mon
  4. monitor mon_exit
  5. monitor mon_enter

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

Time#mon -> Integer (18102.0)

月を整数で返します。

...月を整数で返します。

p Time.local(2000, 1, 1).month #=> 1...

Time#month -> Integer (6102.0)

月を整数で返します。

...月を整数で返します。

p Time.local(2000, 1, 1).month #=> 1...

Time#monday? -> bool (6101.0)

自身の表す時刻が月曜日である場合に true を返します。 そうでない場合に false を返します。

...が月曜日である場合に true を返します。
そうでない場合に false を返します。

例:
t = Time.local(2003, 8, 4) #=> 2003-08-04 00:00:00 +0900
t.monday? #=> true...

Time.new(year, mon = nil, day = nil, hour = nil, min = nil, sec = nil, utc_offset = nil) -> Time (114.0)

引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

...引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

mon
day hour min sec に nil を指定した場合の値は、その引数がとり得る最小の値です。
utc_offset に nil を指定した場合の値は、現在のタイムゾーンに従います。

@param year...
...年を整数か文字列で指定します。例えば 1998 年に対して 1998 を指定します。

@param mon 1(1月)から 12(12月)の範囲の整数または文字列で指定します。
英語の月名("Jan", "Feb", ... などの省略名。大文字小文字の違いは無視...
...との時差を、秒を単位とする整数か、
"+HH:MM" "-HH:MM" 形式の文字列で指定します。

@raise ArgumentError 与えられた引数が無効である場合に発生します。

p Time.new(2008, 6, 21, 13, 30, 0, "+09:00") #=> 2008-06-21 13:30:00 +0900...

Time.gm(sec, min, hour, mday, mon, year, wday, yday, isdst, zone) -> Time (112.0)

引数で指定した協定世界時の Time オブジェクトを返します。

...引数で指定した協定世界時の Time オブジェクトを返します。

引数の順序は Time#to_a と全く同じです。
引数 wday, yday, zone に指定した値は無視されます。
引数に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@...
...から 23 までの整数か文字列で指定します。

@param mday 日を 1 から 31 までの整数か文字列で指定します。

@param mon 1(1月)から 12(12月)の範囲の整数か文字列で指定します。
英語の月名("Jan", "Feb", ... などの省略名。文字...
...定します。

@param wday 無視されます。

@param yday 無視されます。

@param isdst 指定した日時が夏時間(Daylight Saving Time)なら true を指定します。
そうでないなら、false を指定します。

@param zone 無視されます。

@raise Argume...

絞り込み条件を変える

Time.gm(year, mon = 1, day = 1, hour = 0, min = 0, sec = 0, usec = 0) -> Time (112.0)

引数で指定した協定世界時の Time オブジェクトを返します。

...世界時の Time オブジェクトを返します。

第2引数以降に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@param year 年を整数か文字列で指定します。例えば 1998 年に対して 1998 を指定します。

@param mon 1(1月)から...
...までの整数か文字列で指定します。(60はうるう秒)

@param usec マイクロ秒を整数か文字列で指定します。

@raise ArgumentError 与えられた引数の範囲が valid でない場合に発生します。

p Time.gm(2000, 1, 1) #=> Sat Jan 01 00:00:00 UTC 2000...

Time.local(sec, min, hour, mday, mon, year, wday, yday, isdst, zone) -> Time (112.0)

引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

...引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

引数の順序は Time#to_a と全く同じです。
引数 wday, yday, zone に指定した値は無視されます。
引数に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@param...
...から 23 までの整数か文字列で指定します。

@param mday 日を 1 から 31 までの整数か文字列で指定します。

@param mon 1(1月)から 12(12月)の範囲の整数か文字列で指定します。
英語の月名("Jan", "Feb", ... などの省略名。文字...
...定します。

@param wday 無視されます。

@param yday 無視されます。

@param isdst 指定した日時が夏時間(Daylight Saving Time)なら true を指定します。
そうでないなら、false を指定します。

@param zone 無視されます。

@raise Argume...

Time.local(year, mon = 1, day = 1, hour = 0, min = 0, sec = 0, usec = 0) -> Time (112.0)

引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

...地方時の Time オブジェクトを返します。

第2引数以降に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@param year 年を整数か文字列で指定します。例えば 1998 年に対して 1998 を指定します。

@param mon 1(1月)から...
...での整数か文字列で指定します。(60はうるう秒)

@param usec マイクロ秒を整数か文字列で指定します。

@raise ArgumentError 与えられた引数の範囲が valid でない場合に発生します。

p Time.local(2000, 1, 1) #=> Sat Jan 01 00:00:00 +0900 2000...

Time.mktime(sec, min, hour, mday, mon, year, wday, yday, isdst, zone) -> Time (112.0)

引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

...引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

引数の順序は Time#to_a と全く同じです。
引数 wday, yday, zone に指定した値は無視されます。
引数に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@param...
...から 23 までの整数か文字列で指定します。

@param mday 日を 1 から 31 までの整数か文字列で指定します。

@param mon 1(1月)から 12(12月)の範囲の整数か文字列で指定します。
英語の月名("Jan", "Feb", ... などの省略名。文字...
...定します。

@param wday 無視されます。

@param yday 無視されます。

@param isdst 指定した日時が夏時間(Daylight Saving Time)なら true を指定します。
そうでないなら、false を指定します。

@param zone 無視されます。

@raise Argume...

Time.mktime(year, mon = 1, day = 1, hour = 0, min = 0, sec = 0, usec = 0) -> Time (112.0)

引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

...地方時の Time オブジェクトを返します。

第2引数以降に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@param year 年を整数か文字列で指定します。例えば 1998 年に対して 1998 を指定します。

@param mon 1(1月)から...
...での整数か文字列で指定します。(60はうるう秒)

@param usec マイクロ秒を整数か文字列で指定します。

@raise ArgumentError 与えられた引数の範囲が valid でない場合に発生します。

p Time.local(2000, 1, 1) #=> Sat Jan 01 00:00:00 +0900 2000...

絞り込み条件を変える

Time.utc(sec, min, hour, mday, mon, year, wday, yday, isdst, zone) -> Time (112.0)

引数で指定した協定世界時の Time オブジェクトを返します。

...引数で指定した協定世界時の Time オブジェクトを返します。

引数の順序は Time#to_a と全く同じです。
引数 wday, yday, zone に指定した値は無視されます。
引数に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@...
...から 23 までの整数か文字列で指定します。

@param mday 日を 1 から 31 までの整数か文字列で指定します。

@param mon 1(1月)から 12(12月)の範囲の整数か文字列で指定します。
英語の月名("Jan", "Feb", ... などの省略名。文字...
...定します。

@param wday 無視されます。

@param yday 無視されます。

@param isdst 指定した日時が夏時間(Daylight Saving Time)なら true を指定します。
そうでないなら、false を指定します。

@param zone 無視されます。

@raise Argume...

Time.utc(year, mon = 1, day = 1, hour = 0, min = 0, sec = 0, usec = 0) -> Time (112.0)

引数で指定した協定世界時の Time オブジェクトを返します。

...世界時の Time オブジェクトを返します。

第2引数以降に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@param year 年を整数か文字列で指定します。例えば 1998 年に対して 1998 を指定します。

@param mon 1(1月)から...
...までの整数か文字列で指定します。(60はうるう秒)

@param usec マイクロ秒を整数か文字列で指定します。

@raise ArgumentError 与えられた引数の範囲が valid でない場合に発生します。

p Time.gm(2000, 1, 1) #=> Sat Jan 01 00:00:00 UTC 2000...

Time#to_a -> Array (13.0)

時刻を10要素の配列で返します。

...* mon: 月 (整数 1-12)
* year: 年 (整数 2000年=2000)
* wday: 曜日 (整数 0-6)
* yday: 年内通算日 (整数 1-366)
* isdst: 夏時間であるかどうか (true/false)
* zone: タイムゾーン (文字列)

p Time.now # => Mon Oct 20 06:02:10 JST 2003
p Time.no...
...C 言語の tm 構造体に合わせています。ただし、
tm 構造体に zone はありません。

注意: C 言語の tm 構造体とは異なり、month は 1 月に対
して 1 を返し、year は 1998 年に対して 1998 を返します。また、
yday は 1 から数えます。...

Time#wday -> Integer (13.0)

曜日を0(日曜日)から6(土曜日)の整数で返します。

...sun = Time.new(2017, 9, 17, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-17 10:34:15 +0900
sun.wday #=> 0
mon
= Time.new(2017, 9, 18, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-18 10:34:15 +0900
mon
.wday #=> 1
tue = Time.new(20...
...wed = Time.new(2017, 9, 20, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-20 10:34:15 +0900
wed.wday #=> 3
thu = Time.new(2017, 9, 21, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-21 10:34:15 +0900
thu.wday #=> 4
fri = Time.new(20...
...17, 9, 22, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-22 10:34:15 +0900
fri.wday #=> 5
sat = Time.new(2017, 9, 23, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-23 10:34:15 +0900
sat.wday #=> 6...

Time#strftime(format) -> String (7.0)

時刻を format 文字列に従って文字列に変換した結果を返します。

...ーマット文字列を指定します。使用できるものは 以下の通りです。

* %A: 曜日の名称(Sunday, Monday ... )
* %a: 曜日の省略名(Sun, Mon ... )
* %B: 月の名称(January, February ... )
* %b: 月の省略名(Jan, Feb ... )
* %C: 世紀 (2009年であれば...
...:z: タイムゾーン。コロンが入った秒まで含むUTCからのオフセット (例 +09:00:00)
* %%: %自身

このメソッドは strftime(3) や glibcの仕様を参考に作成されており、以下のオプションが利用できます。
* ^: 大文字で出力を行なう
*...
...定する

t = Time.now #=> 2010-09-05 15:41:17 0900
t.strftime("Printed on %m/%d/%Y") #=> "Printed on 09/05/2010"
t.strftime("Printed on %m/%-d/%_6Y") #=> "Printed on 09/5/ 2010"
t.strftime("at %I:%M%p") #=> "at 03:41PM"
t.strftime("at %I:%M%#p")...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 > >>