るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
56件ヒット [1-56件を表示] (0.021秒)
トップページ > クラス:Time[x] > クエリ:to_f[x]

別のキーワード

  1. _builtin to_s
  2. openssl to_der
  3. openssl to_s
  4. openssl to_pem
  5. _builtin to_a

ライブラリ

キーワード

検索結果

Time#to_f -> Float (18108.0)

起算時からの経過秒数を浮動小数点数で返します。1 秒に満たない経過も 表現されます。

...起算時からの経過秒数を浮動小数点数で返します。1 秒に満たない経過も
表現されます。

t = Time.now
"%10.5f" % t.to_f #=> "1049896564.13654"
t.to_i #=> 1049896564...

Time#nsec -> Integer (13.0)

時刻のナノ秒の部分を整数で返します。

...の部分を整数で返します。

t = Time.now #=> 2007-11-17 15:18:03 +0900
"%10.9f" % t.to_f #=> "1195280283.536151409"
t.nsec #=> 536151406

IEEE 754 浮動小数点数で表現できる精度が違うため、Time#to_fの最小
の桁とnsecの最小の桁は...

Time#subsec -> Integer | Rational (13.0)

時刻を表す分数を返します。

...数を返します。

Rational を返す場合があります。

t = Time.now #=> 2009-03-26 22:33:12 +0900
"%10.9f" % t.to_f #=> "1238074392.940563917"
t.subsec #=> (94056401/100000000)

to_f
の値と subsec の値の下のほうの桁の値は異なる場合があ...

Time#tv_nsec -> Integer (13.0)

時刻のナノ秒の部分を整数で返します。

...の部分を整数で返します。

t = Time.now #=> 2007-11-17 15:18:03 +0900
"%10.9f" % t.to_f #=> "1195280283.536151409"
t.nsec #=> 536151406

IEEE 754 浮動小数点数で表現できる精度が違うため、Time#to_fの最小
の桁とnsecの最小の桁は...

Time#to_i -> Integer (7.0)

起算時からの経過秒数を整数で返します。

...起算時からの経過秒数を整数で返します。

例:
t = Time.new(2017, 11, 12, 1, 2, 3)
p "%10.5f" % t.to_f # => "1510416123.00000"
p t.to_i # => 1510416123...

絞り込み条件を変える

Time#tv_sec -> Integer (7.0)

起算時からの経過秒数を整数で返します。

...起算時からの経過秒数を整数で返します。

例:
t = Time.new(2017, 11, 12, 1, 2, 3)
p "%10.5f" % t.to_f # => "1510416123.00000"
p t.to_i # => 1510416123...

Time#tv_usec -> Integer (7.0)

時刻のマイクロ秒の部分を整数で返します。

...時刻のマイクロ秒の部分を整数で返します。

例:
t = Time.now #=> 2017-09-18 07:45:05 +0900
"%10.6f" % t.to_f #=> "1505688305.417368"
t.usec #=> 417368...

Time#usec -> Integer (7.0)

時刻のマイクロ秒の部分を整数で返します。

...時刻のマイクロ秒の部分を整数で返します。

例:
t = Time.now #=> 2017-09-18 07:45:05 +0900
"%10.6f" % t.to_f #=> "1505688305.417368"
t.usec #=> 417368...