るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
164件ヒット [1-100件を表示] (0.011秒)
トップページ > クラス:Time[x] > 種類:特異メソッド[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

Time.at(seconds, xseconds, unit) -> Time (2.0)

unit に応じて seconds + xseconds ミリ秒などの時刻を表す Time オブジェクトを返します。

...unit に応じて seconds + xseconds ミリ秒などの時刻を表す Time オブジェクトを返します。

@param seconds 起算時からの経過秒数を表わす値をInteger、 Float、 Rational、または他のNumericで指定します。
@param xseconds unit に対応するミリ秒...
...nd のいずれかを指定します。

例:
Time
.at(946684800, 123.456789, :millisecond).nsec # => 123456789
Time
.at(946684800, 123456.789, :usec).nsec # => 123456789
Time
.at(946684800, 123456.789, :microsecond).nsec # => 123456789
Time
.at(946684800, 123456789, :nsec).nsec...

Time.at(time) -> Time (2.0)

time で指定した時刻の Time オブジェクトを返します。

...
time
で指定した時刻の Time オブジェクトを返します。

引数が数値の場合、生成された Time オブジェクトのタイムゾーンは地方時となります。

@param time Time オブジェクト、もしくは起算時からの経過秒数を表わす数値で指定...
...します。

例:
Time
.at(0) # => 1970-01-01 09:00:00 +0900
Time
.at(Time.at(0)) # => 1970-01-01 09:00:00 +0900
Time
.at(Time.at(0).getutc) # => 1970-01-01 00:00:00 UTC
Time
.at(946702800) # => 2000-01-01 14:00:00 +0900
Time
.at(-284061600) # => 1960-12-3...

Time.at(time, usec) -> Time (2.0)

time + (usec/1000000) の時刻を表す Time オブジェクトを返します。 浮動小数点の精度では不十分な場合に使用します。

...
time
+ (usec/1000000) の時刻を表す Time オブジェクトを返します。
浮動小数点の精度では不十分な場合に使用します。

生成された Time オブジェクトのタイムゾーンは地方時となります。

@param time 起算時からの経過秒数を表わ...
...す値をInteger、 Float、 Rational、または他のNumericで指定します。

@param usec マイクロ秒をInteger、 Float、 Rational、または他のNumericで指定します。

例:
Time
.at(946684800, 123456.789).nsec # => 123456789...

Time.gm(sec, min, hour, mday, mon, year, wday, yday, isdst, zone) -> Time (2.0)

引数で指定した協定世界時の Time オブジェクトを返します。

...引数で指定した協定世界時の Time オブジェクトを返します。

引数の順序は Time#to_a と全く同じです。
引数 wday, yday, zone に指定した値は無視されます。
引数に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@...
...定します。

@param wday 無視されます。

@param yday 無視されます。

@param isdst 指定した日時が夏時間(Daylight Saving Time)なら true を指定します。
そうでないなら、false を指定します。

@param zone 無視されます。

@raise Argume...

Time.gm(year, mon = 1, day = 1, hour = 0, min = 0, sec = 0, usec = 0) -> Time (2.0)

引数で指定した協定世界時の Time オブジェクトを返します。

...引数で指定した協定世界時の Time オブジェクトを返します。

第2引数以降に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@param year 年を整数か文字列で指定します。例えば 1998 年に対して 1998 を指定します...
...までの整数か文字列で指定します。(60はうるう秒)

@param usec マイクロ秒を整数か文字列で指定します。

@raise ArgumentError 与えられた引数の範囲が valid でない場合に発生します。

p Time.gm(2000, 1, 1) #=> Sat Jan 01 00:00:00 UTC 2000...

絞り込み条件を変える

Time.httpdate(date) -> Time (2.0)

2616で定義されているHTTP-dateとしてdateをパースして Timeオブジェクトに変換します。

...2616で定義されているHTTP-dateとしてdateをパースして
Time
オブジェクトに変換します。

dateが2616に準拠していない、または
Time
クラスが指定された日時を表現できないときにArgumentErrorが
発生します。

@param date 2616で定義され...
...たは Timeクラスが指定された日時を表現できないときに発生します。

require 'time'
rfc2616_time = 'Sun, 31 Aug 2008 12:34:56 GMT'

t = Time.httpdate(rfc2616_time)
p t.kind_of?(Time) #=> true

non_rfc2616_time = 'San, 31 Aug 2008 12:34:56 GMT'
begin
Time
.http...
...date(non_rfc2616_time)
rescue ArgumentError => err
puts err #=> not RFC 2616 compliant date: "San, 31 Aug 2008 12:34:56 GMT"
end...

Time.iso8601(date) -> Time (2.0)

XML Schema で定義されている dateTime として date をパースして Time オブジェクトに変換します。

...いる dateTime として
date をパースして Time オブジェクトに変換します。

date がISO 8601で定義されている形式に準拠していない、
または Time クラスが指定された日時を表現できないときに
ArgumentError が発生します。

Time
オブジ...
...ェクトを ISO8601 形式の文字列にフォーマットする
インスタンスメソッド Time#iso8601, Time#xmlschema もあります。

@param date XML Schema で定義されている dateTime として
パースされる文字列を指定します。

@raise ArgumentError dat...
...または Time クラスが指定された日時を表現できないとき
に発生します。
使用例
require 'time'

iso8601_time = '2008-08-31T12:34:56+09:00'
t = Time.iso8601(iso8601_time)
p t #=> Sun Aug 31 03:34:56 UTC 2008
p t.kind_of?(Time) #=> true...

Time.json_create(hash) -> Time (2.0)

JSON のオブジェクトから Ruby のオブジェクトを生成して返します。

JSON のオブジェクトから Ruby のオブジェクトを生成して返します。

@param hash 適切なキーを持つハッシュを指定します。

Time.local(sec, min, hour, mday, mon, year, wday, yday, isdst, zone) -> Time (2.0)

引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

...引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

引数の順序は Time#to_a と全く同じです。
引数 wday, yday, zone に指定した値は無視されます。
引数に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@param...
...定します。

@param wday 無視されます。

@param yday 無視されます。

@param isdst 指定した日時が夏時間(Daylight Saving Time)なら true を指定します。
そうでないなら、false を指定します。

@param zone 無視されます。

@raise Argume...

Time.local(year, mon = 1, day = 1, hour = 0, min = 0, sec = 0, usec = 0) -> Time (2.0)

引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

...引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

第2引数以降に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@param year 年を整数か文字列で指定します。例えば 1998 年に対して 1998 を指定します。

@p...
...での整数か文字列で指定します。(60はうるう秒)

@param usec マイクロ秒を整数か文字列で指定します。

@raise ArgumentError 与えられた引数の範囲が valid でない場合に発生します。

p Time.local(2000, 1, 1) #=> Sat Jan 01 00:00:00 +0900 2000...

絞り込み条件を変える

Time.mktime(sec, min, hour, mday, mon, year, wday, yday, isdst, zone) -> Time (2.0)

引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

...引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

引数の順序は Time#to_a と全く同じです。
引数 wday, yday, zone に指定した値は無視されます。
引数に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@param...
...定します。

@param wday 無視されます。

@param yday 無視されます。

@param isdst 指定した日時が夏時間(Daylight Saving Time)なら true を指定します。
そうでないなら、false を指定します。

@param zone 無視されます。

@raise Argume...

Time.mktime(year, mon = 1, day = 1, hour = 0, min = 0, sec = 0, usec = 0) -> Time (2.0)

引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

...引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

第2引数以降に nil を指定した場合の値はその引数がとり得る最小の値です。

@param year 年を整数か文字列で指定します。例えば 1998 年に対して 1998 を指定します。

@p...
...での整数か文字列で指定します。(60はうるう秒)

@param usec マイクロ秒を整数か文字列で指定します。

@raise ArgumentError 与えられた引数の範囲が valid でない場合に発生します。

p Time.local(2000, 1, 1) #=> Sat Jan 01 00:00:00 +0900 2000...

Time.new -> Time (2.0)

現在時刻の Time オブジェクトを生成して返します。 タイムゾーンは地方時となります。

...現在時刻の Time オブジェクトを生成して返します。
タイムゾーンは地方時となります。

例:
Time
.now # => 2009-06-24 12:39:54 +0900...

Time.new(year, mon = nil, day = nil, hour = nil, min = nil, sec = nil, utc_offset = nil) -> Time (2.0)

引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

...引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

mon day hour min sec に nil を指定した場合の値は、その引数がとり得る最小の値です。
utc_offset に nil を指定した場合の値は、現在のタイムゾーンに従います。

@param year...
...との時差を、秒を単位とする整数か、
"+HH:MM" "-HH:MM" 形式の文字列で指定します。

@raise ArgumentError 与えられた引数が無効である場合に発生します。

p Time.new(2008, 6, 21, 13, 30, 0, "+09:00") #=> 2008-06-21 13:30:00 +0900...

Time.now -> Time (2.0)

現在時刻の Time オブジェクトを生成して返します。 タイムゾーンは地方時となります。

...現在時刻の Time オブジェクトを生成して返します。
タイムゾーンは地方時となります。

例:
Time
.now # => 2009-06-24 12:39:54 +0900...

絞り込み条件を変える

Time.parse(date, now = Time.now) -> Time (2.0)

...date を Date._parse によって
パースして Timeオブジェクトに変換します。

ブロック付きで呼ばれた場合、dateの年はブロックによって変換されます。

require 'time'
Time
.parse(...) {|y| y < 100 ? (y >= 69 ? y + 1900 : y + 2000) : y}

与えられ...
...場合、最小値(1か0)が使われます。

@param date Time オブジェクトに変換可能な文字列を指定します。
@param now 現在時刻をTime オブジェクトで指定します。
デフォルトはTime.nowとなります。

@raise ArgumentError dateに空文字...
...現在時刻を表す
Time
のインスタンスを返していました。

require 'time'

# 現在時刻が "Thu Nov 29 14:33:20 GMT 2001" で
# タイムゾーンがGMTとすると:
Time
.parse("16:30") #=> Thu Nov 29 16:30:00 GMT 2001
Time
.parse("7/23") #=...
<< 1 2 > >>