るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
177件ヒット [1-100件を表示] (0.016秒)

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

Kernel#psych_y(*objects) -> String (7.0)

objects を YAML document に変換します。

...のメソッドは irb 上でのみ定義されます。

syck に y メソッドがあるため、
psych
_y が別名として定義されています。将来的に
syck が廃止された場合 psych_y は廃止
される予定であるため、特別の事情がない限り y を用いてくだ...

Kernel#y(*objects) -> String (7.0)

objects を YAML document に変換します。

...のメソッドは irb 上でのみ定義されます。

syck に y メソッドがあるため、
psych
_y が別名として定義されています。将来的に
syck が廃止された場合 psych_y は廃止
される予定であるため、特別の事情がない限り y を用いてくだ...

Module#psych_yaml_as(tag) -> () (7.0)

クラスと tag の間を関連付けます。

クラスと tag の間を関連付けます。

これによって tag 付けされた YAML ドキュメントを Ruby のオブジェクトに
変換したりその逆をしたりすることができます。

この method は deprecated です。 Object.yaml_tag を
かわりに使ってください。

@param tag 対象のクラスに関連付けるタグの文字列

Module#yaml_as(tag) -> () (7.0)

クラスと tag の間を関連付けます。

クラスと tag の間を関連付けます。

これによって tag 付けされた YAML ドキュメントを Ruby のオブジェクトに
変換したりその逆をしたりすることができます。

この method は deprecated です。 Object.yaml_tag を
かわりに使ってください。

@param tag 対象のクラスに関連付けるタグの文字列

Object#psych_to_yaml(options = {}) -> String (7.0)

オブジェクトを YAML document に変換します。

...ョンを指定できます。
Psych
.dump と同じなので詳しくはそちらを参照してください。

syck に to_yaml メソッドがあるため、
psych
_to_yaml が別名として定義されています。将来的に
syck が廃止された場合 psych_to_yaml は廃止
される予...
...定であるため、特別の事情がない限り to_yaml を用いてください。

@param options 出力オプション
@see Psych.dump...

絞り込み条件を変える

Object#to_yaml(options = {}) -> String (7.0)

オブジェクトを YAML document に変換します。

...ョンを指定できます。
Psych
.dump と同じなので詳しくはそちらを参照してください。

syck に to_yaml メソッドがあるため、
psych
_to_yaml が別名として定義されています。将来的に
syck が廃止された場合 psych_to_yaml は廃止
される予...
...定であるため、特別の事情がない限り to_yaml を用いてください。

@param options 出力オプション
@see Psych.dump...

Object.yaml_tag(tag) -> () (7.0)

クラスと tag の間を関連付けます。

...g 対象のクラスに関連付けるタグの文字列

=== Example
require 'psych'

class Foo
def initialize(x)
@x = x
end

attr_reader :x
end

# Dumps Ruby object normally
p Psych.dump(Foo.new(3))
# =>
# --- !ruby/object:Foo
# x: 3

# Registers tag...
...yaml_as("tag:example.com,2013:foo")
# ... and dumps the object of Foo class
Psych
.dump(Foo.new(3), STDOUT)
# =>
# --- !<tag:example.com,2013:foo>
# x: 3

# Loads the object from the tagged YAML node
p Psych.load(<<EOS)
--- !<tag:example.com,2012:foo>
x: 8
EOS
# => #<Foo:0x00...

Psych (7.0)

yaml のバックエンドのためのモジュールです。

yaml のバックエンドのためのモジュールです。

Psych.dump(o, io, options = {}) -> () (7.0)

Ruby のオブジェクト o を YAML ドキュメントに変換します。

...

# Dump an array, get back a YAML string
Psych
.dump(['a', 'b']) # => "---\n- a\n- b\n"

# Dump an array to an IO object
Psych
.dump(['a', 'b'], StringIO.new) # => #<StringIO:0x000001009d0890>

# Dump an array with indentation set
Psych
.dump(['a', ['b']], :indentation => 3) # => "--...
...-\n- a\n- - b\n"

# Dump an array to an IO with indentation set
Psych
.dump(['a', ['b']], StringIO.new, :indentation => 3)...

Psych.dump(o, options = {}) -> String (7.0)

Ruby のオブジェクト o を YAML ドキュメントに変換します。

...

# Dump an array, get back a YAML string
Psych
.dump(['a', 'b']) # => "---\n- a\n- b\n"

# Dump an array to an IO object
Psych
.dump(['a', 'b'], StringIO.new) # => #<StringIO:0x000001009d0890>

# Dump an array with indentation set
Psych
.dump(['a', ['b']], :indentation => 3) # => "--...
...-\n- a\n- - b\n"

# Dump an array to an IO with indentation set
Psych
.dump(['a', ['b']], StringIO.new, :indentation => 3)...

絞り込み条件を変える

Psych.dump_stream(*objects) -> String (7.0)

オブジェクト列を YAML ドキュメント列に変換します。

...オブジェクト列を YAML ドキュメント列に変換します。

@param objects 変換対象のオブジェクト列

=== 例
Psych
.dump_stream("foo\n ", {}) # => "--- ! \"foo\\n \"\n--- {}\n"...

Psych.libyaml_version -> [Integer, Integer, Integer] (7.0)

libyaml のバージョンを返します。

...libyaml のバージョンを返します。

[major, minor patch-level] という 3 つの整数からなる配列を返します。

@see Psych::LIBYAML_VERSION...

Psych.load(yaml, filename = nil, fallback = false) -> object (7.0)

YAML ドキュメントを Ruby のデータ構造(オブジェクト)に変換します。

...IO オブジェクト)
@param filename Psych::SyntaxError 発生時にファイル名として表示する文字列。
@param fallback 引数 yaml に空のYAMLを指定した場合の戻り値を指定します。デフォルトは false です。
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメント...
...文法エラーが発見されたときに発生します
@see Psych.parse

//emlist[例][ruby]{
Psych
.load("--- a") # => 'a'
Psych
.load("---\n - a\n - b") # => ['a', 'b']

begin
Psych
.load("--- `", "file.txt")
rescue Psych::SyntaxError => ex
p ex.file # => 'file.txt'
p ex.message...

Psych.load_documents(yaml) -> [object] (7.0)

複数の YAML ドキュメントを含むデータを Ruby のオブジェクトに変換します。 このメソッドは deprecated です。Psych.load_stream を代わりに 使ってください。

...ジェクトに変換します。
このメソッドは deprecated です。Psych.load_stream を代わりに
使ってください。

@param yaml YAML ドキュメント(文字列 or IO オブジェクト)
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメントに文法エラーが発見されたとき...

Psych.load_documents(yaml) {|obj| ... } -> () (7.0)

複数の YAML ドキュメントを含むデータを Ruby のオブジェクトに変換します。 このメソッドは deprecated です。Psych.load_stream を代わりに 使ってください。

...ジェクトに変換します。
このメソッドは deprecated です。Psych.load_stream を代わりに
使ってください。

@param yaml YAML ドキュメント(文字列 or IO オブジェクト)
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメントに文法エラーが発見されたとき...

絞り込み条件を変える

Psych.load_file(filename) -> object (7.0)

filename で指定したファイルを YAML ドキュメントとして Ruby のオブジェクトに変換します。

...定したファイルを YAML ドキュメントとして
Ruby のオブジェクトに変換します。

@param filename ファイル名
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメントに文法エラーが発見されたときに発生します...

Psych.load_stream(yaml, filename=nil) -> [object] (7.0)

複数の YAML ドキュメントを含むデータを Ruby のオブジェクトに変換します。

...はオブジェクトの配列を返します。

Psych
.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") # => ['foo', 'bar']

ブロックありの場合は各オブジェクト引数としてそのブロックを呼び出します。
list = []
Psych
.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") do |ruby...
...に用います。

@param yaml YAML ドキュメント(文字列 or IO オブジェクト)
@param filename Psych::SyntaxError 発生時にファイル名として表示する文字列。
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメントに文法エラーが発見されたときに発生します...

Psych.load_stream(yaml, filename=nil) {|obj| ... } -> () (7.0)

複数の YAML ドキュメントを含むデータを Ruby のオブジェクトに変換します。

...はオブジェクトの配列を返します。

Psych
.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") # => ['foo', 'bar']

ブロックありの場合は各オブジェクト引数としてそのブロックを呼び出します。
list = []
Psych
.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") do |ruby...
...に用います。

@param yaml YAML ドキュメント(文字列 or IO オブジェクト)
@param filename Psych::SyntaxError 発生時にファイル名として表示する文字列。
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメントに文法エラーが発見されたときに発生します...

Psych.parse(yaml, filename = nil) -> Psych::Nodes::Document (7.0)

YAML ドキュメントをパースし、YAML の AST を返します。

...用います。

AST については Psych::Nodes を参照してください。

@param yaml YAML ドキュメント(文字列 or IO オブジェクト)
@param filename Psych::SyntaxError 発生時にファイル名として表示する文字列。
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメント...
...に文法エラーが発見されたときに発生します
@see Psych.load

=== 例

Psych
.parse("---\n - a\n - b") # => #<Psych::Nodes::Document:...>

begin
Psych
.parse("--- `", "file.txt")
rescue Psych::SyntaxError => ex
p ex.file # => 'file.txt'
p ex.message # => "(file.txt...

Psych.parse_file(filename) -> Psych::Nodes::Document (7.0)

filename で指定したファイルをパースして YAML の AST を返します。

...filename で指定したファイルをパースして YAML の AST を返します。

@param filename パースするファイルの名前
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメントに文法エラーが発見されたときに発生します...

絞り込み条件を変える

Psych.parse_stream(yaml) -> Psych::Nodes::Stream (7.0)

YAML ドキュメントをパースします。 yaml が 複数の YAML ドキュメントを含む場合を取り扱うことができます。

...した Psych::Nodes::Stream オブジェクト)を返します。

ブロック付きの場合は、そのブロックに最初の YAML ドキュメント
Psych::Nodes::Document オブジェクトが渡されます。
この場合の返り値には意味がありません。


@see Psych::Nodes...
...=== 例
Psych
.parse_stream("---\n - a\n - b") # => #<Psych::Nodes::Stream:0x00>...

Psych.parse_stream(yaml) {|node| ... } -> () (7.0)

YAML ドキュメントをパースします。 yaml が 複数の YAML ドキュメントを含む場合を取り扱うことができます。

...した Psych::Nodes::Stream オブジェクト)を返します。

ブロック付きの場合は、そのブロックに最初の YAML ドキュメント
Psych::Nodes::Document オブジェクトが渡されます。
この場合の返り値には意味がありません。


@see Psych::Nodes...
...=== 例
Psych
.parse_stream("---\n - a\n - b") # => #<Psych::Nodes::Stream:0x00>...

Psych.parser -> Psych::Parser (7.0)

デフォルトで使われるのパーサを返します。

デフォルトで使われるのパーサを返します。

Psych.safe_load(yaml, whitelist_classes = [], whitelist_symbols = [], aliases = false, filename = nil) -> object (7.0)

安全に YAML フォーマットの文書を読み込み Ruby のオブジェクトを生成して返します。

...ださい:

Psych
.safe_load(yaml, [Date])

すると上のクラス一覧に加えて Date クラスが読み込まれます。

エイリアスは aliases パラメーターを変更することで明示的に許可できます。

例:

x = []
x << x
yaml = Psych.dump x
Psych
.safe_load y...
...aml # => 例外発生
Psych
.safe_load yaml, [], [], true # => エイリアスが読み込まれる

yaml にホワイトリストにないクラスが含まれていた場合は、
Psych
::DisallowedClass 例外が発生します。

yaml がエイリアスを含んでいて aliases...
...パラメーターが false の時、
Psych
::BadAlias 例外が発生します。

filename はパース中に発生した例外のメッセージに用います。

キーワード引数 symbolize_names に true を指定した場合はハッシュのキー
を Symbol に変換して返します。...

Psych.to_json(o) -> String (7.0)

Ruby のオブジェクト o を JSON の文字列に変換します。

Ruby のオブジェクト o を JSON の文字列に変換します。

@param o 変換対象となるオブジェクト

絞り込み条件を変える

Psych::BadAlias (7.0)

YAML の alias が不正である(本体が見つからない)というエラーを表す例外です。

YAML の alias が不正である(本体が見つからない)というエラーを表す例外です。

Psych::Emitter (7.0)

Psych::Parser でパースし、生じたイベントから YAML ドキュメントを再構築するようなハンドラです。

...Psych::Parser でパースし、生じたイベントから
YAML ドキュメントを再構築するようなハンドラです。

以下の例では STDIN から YAML ドキュメントを入力し、
再構築した YAML ドキュメントを STDERR に出力します。

parser = Psych::Pars...
...w(Psych::Emitter.new($stderr))
parser.parse($stdin)

また、以下のようにイベントを手動で発生させることで
YAML ドキュメントを構築させることもできます。
各メソッドの意味については Psych::Handler を参照してください。
require 'psych'...
...put = StringIO.new
emitter = Psych::Emitter.new(output)

emitter.start_stream(Psych::Parser::UTF8)
emitter.start_document([1, 1], [], false)
emitter.start_mapping(nil, nil, false, Psych::Nodes::Mapping::BLOCK)
emitter.scalar("a", nil, nil, true, false, Psych::Nodes::Scalar::PLAIN)
emit...

Psych::Emitter#canonical -> bool (7.0)

出力の style が canonical であるならば真を返します。

...出力の style が canonical であるならば真を返します。

@see Psych::Emitter#canonical=...

Psych::Emitter#canonical=(bool) (7.0)

出力の style が canonical である/ないを指定します。

...出力の style が canonical である/ないを指定します。

@param bool canonicalであるかどうか
@see Psych::Emitter#canonical...

Psych::Emitter#indentation -> Integer (7.0)

インデントのレベルを返します。

...インデントのレベルを返します。


@see Psych::Emitter#indentation=...

絞り込み条件を変える

Psych::Emitter#indentation=(level) (7.0)

インデントのレベルを指定します。

...インデントのレベルを指定します。

1 から 9 までの整数で指定します。

@param level インデントレベル
@see Psych::Emitter#indentation...

Psych::Emitter#line_width -> Integer (7.0)

「好ましい」行幅を返します。

...「好ましい」行幅を返します。

@see Psych::Emitter#line_width=...

Psych::Emitter#line_width=(width) (7.0)

「好ましい」行幅を整数値で設定します。

...「好ましい」行幅を整数値で設定します。

@param width 好ましい行幅
@see Psych::Emitter#line_width...

Psych::Emitter.new(io) -> Psych::Emitter (7.0)

Emitter オブジェクトを生成して返します。

Emitter オブジェクトを生成して返します。

@param io 出力先の IO オブジェクト

Psych::Exception (7.0)

Psych 関連のエラーを表す例外です。

...Psych 関連のエラーを表す例外です。...

絞り込み条件を変える

Psych::Handler (7.0)

Psych::Parser で用いるイベントハンドラの抽象基底クラスです。

...Psych::Parser で用いるイベントハンドラの抽象基底クラスです。

Psych
::Parser を使うためには、このクラスを継承し、
取り扱いたいイベントに対応するメソッドを定義します。...

Psych::Handler#alias(anchor) -> () (7.0)

anchor という名前の alias を見付けたときに呼び出されます。

anchor という名前の alias を見付けたときに呼び出されます。

必要に応じてこのメソッドを override してください。

@param anchor aliasのアンカー文字列

=== 例

以下の YAMLドキュメントは自分自身への参照を持つ配列を表しています。

--- &ponies
- first element
- *ponies

この &ponies が anchor で *ponies が alias です。この場合、
alias メソッドは "poines" という引数で呼び出されます。

Psych::Handler#empty -> () (7.0)

empty event が発生したときに呼び出されます。

empty event が発生したときに呼び出されます。

実際問題としてこれが呼び出される例は知られていません。

Psych::Handler#end_document(implicit) -> () (7.0)

ドキュメントが終了したときに呼び出されます。

ドキュメントが終了したときに呼び出されます。

ドキュメントが implicit に終わったならば implicit には真が渡されます。

必要に応じてこのメソッドを override してください。

@param implicit ドキュメントが implicit に終わったかどうか

=== 例

以下の YAML ドキュメントでは implicit は true です。
---
hello world

また、以下の YAML ドキュメントでは implicit は false です。
---
hello world
...

Psych::Handler#end_mapping -> () (7.0)

mapping の終了の見付けたときに呼び出されます。

mapping の終了の見付けたときに呼び出されます。

必要に応じてこのメソッドを override してください。

絞り込み条件を変える

Psych::Handler#end_sequence -> () (7.0)

sequence の終了の見付けたときに呼び出されます。

sequence の終了の見付けたときに呼び出されます。

必要に応じてこのメソッドを override してください。

Psych::Handler#end_stream -> () (7.0)

YAML stream の終端を見付けたときに呼び出されます。

YAML stream の終端を見付けたときに呼び出されます。

必要に応じてこのメソッドを override してください。

Psych::Handler#scalar(value, anchor, tag, plain, quoted, style) -> () (7.0)

スカラー値を見付けたときに呼び出されます。

...数値で渡されます。
style は次の値のいずれかです。
* Psych::Nodes::Scalar::PLAIN
* Psych::Nodes::Scalar::SINGLE_QUOTED
* Psych::Nodes::Scalar::DOUBLE_QUOTED
* Psych::Nodes::Scalar::LITERAL
* Psych::Nodes::Scalar::FOLDED

必要に応じてこのメソッドを override...

Psych::Handler#start_document(version, tag_directives, implicit) -> () (7.0)

YAML ドキュメントの始まりで呼び出されます。

YAML ドキュメントの始まりで呼び出されます。

version には YAML ドキュメントに宣言されているバージョンが
[major, minor] という配列で渡されます。宣言がない場合は空の配列が渡されます。

tag_directives には tag directive の配列が渡されます。
それぞれの tag は [prefix, suffix] という配列で表現されます。

implicit にはドキュメントが implicit に始まっているかどうかが
真偽値で渡されます。

必要に応じてこのメソッドを override してください。


@param version ...

Psych::Handler#start_mapping(anchor, tag, implicit, style) -> () (7.0)

mapping の開始を見付けたときに呼び出されます。

...偽値で渡されます。

style には sequence の style が整数値で渡されます。以下のいずれか
です。
* Psych::Nodes::Mapping::BLOCK
* Psych::Nodes::Mapping::FLOW

必要に応じてこのメソッドを override してください。

@param anchor 関連付けられた...

絞り込み条件を変える

Psych::Handler#start_sequence(anchor, tag, implicit, style) -> () (7.0)

sequence の開始を見付けたときに呼び出されます。

...偽値で渡されます。

style には sequence の style が整数値で渡されます。以下のいずれか
です。
* Psych::Nodes::Sequence::BLOCK
* Psych::Nodes::Sequence::FLOW

必要に応じてこのメソッドを override してください。

@param anchor 関連付けられ...

Psych::Handler#start_stream(encoding) -> () (7.0)

YAML ストリームの始まりで呼び出されます。

...されます。

encoding にはストリームのエンコーディング(以下のいずれか)が渡されます。
* Psych::Parser::UTF8
* Psych::Parser::UTF16BE
* Psych::Parser::UTF16LE

このメソッドは YAML のストリームごとに呼び出されます。一つのストリーム...

Psych::Handler#streaming? -> bool (7.0)

handler が streaming handler であるならば真を返すように override してください。

handler が streaming handler であるならば真を返すように
override してください。

デフォルトでは false を返します。

Psych::LIBYAML_VERSION -> String (7.0)

libyaml のバージョン。

libyaml のバージョン。

Psych::Nodes (7.0)

Psych が中間データとして利用している AST (Abstract Syntax Tree) に 関するモジュール。

...Psych が中間データとして利用している AST (Abstract Syntax Tree) に
関するモジュール。

Psych
.load によって YAML ドキュメントを Ruby オブジェクトに変換
するときには、一度中間的な AST に変換され、その AST が Ruby の
オブジェクト...
...

逆向き、つまり Psych.dump で Ruby のオブジェクトを
YAML ドキュメントに変換するときには、中間的な AST に変換してから
それを YAML ドキュメントに変換します。

YAML AST の各ノードのクラスはすべて Psych::Nodes の下にありま...
...を1つ持つリストの AST を構築しています。

# Create our nodes
stream = Psych::Nodes::Stream.new
doc = Psych::Nodes::Document.new
seq = Psych::Nodes::Sequence.new
scalar = Psych::Nodes::Scalar.new('foo')

# Build up our tree
stream.children << doc
doc.children...

絞り込み条件を変える

Psych::Nodes::Alias (7.0)

YAML の alias http://yaml.org/spec/1.1/#alias を表すクラス。

YAML の alias http://yaml.org/spec/1.1/#alias を表すクラス。

anchor で別の YAML の要素を指します。

alias は YAML の AST の葉のノードであり、子ノードを持ちません。

Psych::Nodes::Alias#anchor -> String (7.0)

alias が指す先の anchor を返します。

...alias が指す先の anchor を返します。

@see Psych::Nodes::Alias#anchor=,
Psych
::Nodes::Alias.new...

Psych::Nodes::Alias#anchor=(val) (7.0)

alias が指す先の anchor を変更します。

...alias が指す先の anchor を変更します。

@param val 設定する anchor
@see Psych::Nodes::Alias#anchor,
Psych
::Nodes::Alias.new...

Psych::Nodes::Alias.new(anchor) -> Psych::Nodes::Alias (7.0)

新たな Alias オブジェクトを生成します。

新たな Alias オブジェクトを生成します。

anchor で指す先の anchor を指定します。

@param anchor 指す先の anchor

Psych::Nodes::Document (7.0)

YAML ドキュメントを表すクラスです。

... Psych::Nodes::Stream の子ノードでなければ
なりません。このノードは1個の子ノードを持たなければなりません。
またこの子ノードは以下のいずれかである必要があります。
* Psych::Nodes::Sequence
* Psych::Nodes::Mapping
* Psych::Nod...
...es::Scalar
この唯一の子ノードは「ルート」とも呼ばれ、Psych::Nodes::Document#root で
アクセスすることができます。...

絞り込み条件を変える

Psych::Nodes::Document#implicit -> bool (7.0)

ドキュメントが implicit に始まっているかどうかを返します。

...ドキュメントが implicit に始まっているかどうかを返します。

@see Psych::Nodes::Document#implicit=,
Psych
::Nodes::Document.new...

Psych::Nodes::Document#implicit=(bool) (7.0)

ドキュメントが implicit に始まっているかどうかを設定します。

...かどうかを設定します。

@param bool ドキュメントが implicit に始まっているかどうかの設定値
@see Psych::Nodes::Document#implicit,
Psych
::Nodes::Document.new...

Psych::Nodes::Document#implicit_end -> bool (7.0)

ドキュメントが implicit に終わっているかどうかを返します。

...メントが implicit に終わっているかどうかを返します。

オブジェクト生成時のデフォルト値は true です。

@see Psych::Nodes::Document#implicit_end=...

Psych::Nodes::Document#implicit_end=(bool) (7.0)

ドキュメントが implicit に終わっているかどうかを設定します。

...終わっているかどうかを設定します。

@param bool ドキュメントが implicit に終わっているかどうかの設定値
@see Psych::Nodes::Document#implicit_end...

Psych::Nodes::Document#root -> Psych::Nodes::Node (7.0)

ルートノードを返します。

ルートノードを返します。

絞り込み条件を変える

Psych::Nodes::Document#tag_directives -> [[String, String]] (7.0)

tag directive の配列を返します。

...tag directive の配列を返します。

@see Psych::Nodes::Document#tag_directives=,
Psych
::Nodes::Document.new...

Psych::Nodes::Document#tag_directives=(tags) (7.0)

tag directive の配列を設定します。

...tag directive の配列を設定します。

@param tags 設定する tag directive の配列
@see Psych::Nodes::Document#tag_directives,
Psych
::Nodes::Document.new...

Psych::Nodes::Document#version -> [Integer] (7.0)

YAML ドキュメントのバージョンを返します。

...YAML ドキュメントのバージョンを返します。

@see Psych::Nodes::Document#version=,
Psych
::Nodes::Document.new...

Psych::Nodes::Document#version=(ver) (7.0)

YAML ドキュメントのバージョンを設定します。

...YAML ドキュメントのバージョンを設定します。

@param ver 設定するバージョン
@see Psych::Nodes::Document#version,
Psych
::Nodes::Document.new...

Psych::Nodes::Document.new(version=[], tag_directives=[], implicit=false) -> Psych::Nodes::Document (7.0)

Document オブジェクトを生成します。

...YAML 1.1 のドキュメントで、
tag directive を1つ持ち、 implicit にドキュメントが開始
している Document オブジェクトを生成しています。

Psych
::Nodes::Document.new(
[1,1],
tenderlovemaking.com,2009:",
true)

@see Psych::Handler#start_document...

絞り込み条件を変える

Psych::Nodes::Mapping (7.0)

YAML の mapping http://yaml.org/spec/1.1/#mapping を表すクラスです。

...す。

Psych
::Nodes::Mapping は 0 個以上の子ノードを持つことができます。
子ノードの個数は偶数でなければなりません。
子ノードは以下のいずれかクラスのインスタンスでなければなりません。
* Psych::Nodes::Sequence
* Psych::Node...
...s::Mapping
* Psych::Nodes::Scalar
* Psych::Nodes::Alias

子ノードは mapping のキーと値が交互に並んでいます。
ast = Psych.parse(<<EOS)
%YAML 1.1
---
x: y
u: v
EOS

p ast.root.children.map{|v| v.value } # => ["x", "y", "u", "v"]...

Psych::Nodes::Mapping#anchor -> String|nil (7.0)

mapping に付加された anchor を返します。

...mapping に付加された anchor を返します。

@see Psych::Nodes::Mapping#anchor=,
Psych
::Nodes::Mapping.new...

Psych::Nodes::Mapping#anchor=(a) (7.0)

mapping に付加する anchor を設定します。

...mapping に付加する anchor を設定します。

@param a 設定する anchor
@see Psych::Nodes::Mapping#anchor,
Psych
::Nodes::Mapping.new...

Psych::Nodes::Mapping#implicit -> bool (7.0)

mapping が implicit に開始されたかどうかを真偽値で返します。

...mapping が implicit に開始されたかどうかを真偽値で返します。

@see Psych::Nodes::Mapping#implicit=,
Psych
::Nodes::Mapping.new...

Psych::Nodes::Mapping#implicit=(bool) (7.0)

mapping が implicit に開始されたかどうかを真偽値で設定します。

...mapping が implicit に開始されたかどうかを真偽値で設定します。

@param bool 設定値

@see Psych::Nodes::Mapping#implicit,
Psych
::Nodes::Mapping.new...

絞り込み条件を変える

Psych::Nodes::Mapping#style -> Integer (7.0)

mapping の style を返します。

...mapping の style を返します。

@see Psych::Nodes::Mapping#style=,
Psych
::Nodes::Mapping.new...

Psych::Nodes::Mapping#style=(sty) (7.0)

mapping の style を設定します。

...mapping の style を設定します。

@param sty 設定する style

@see Psych::Nodes::Mapping#style,
Psych
::Nodes::Mapping.new...

Psych::Nodes::Mapping#tag -> String|nil (7.0)

mapping に付加された tag を返します。

...mapping に付加された tag を返します。

@see Psych::Nodes::Mapping#tag=,
Psych
::Nodes::Mapping.new...

Psych::Nodes::Mapping#tag=(t) (7.0)

mapping に付加する tag を設定します。

...mapping に付加する tag を設定します。

@param t 設定する tag
@see Psych::Nodes::Mapping#anchor=,
Psych
::Nodes::Mapping.new...

Psych::Nodes::Mapping.new(anchor=nil, tag=nil, implicit=true, style=BLOCK) -> Psych::Nodes::Mapping (7.0)

新たな mapping オブジェクトを生成します。

...AML ドキュメント上の style を整数で指定します。以下のいずれ
かを指定できます。
* Psych::Nodes::Mapping::ANY
* Psych::Nodes::Mapping::BLOCK
* Psych::Nodes::Mapping::FLOW

@param anchor mapping に付加された anchor
@param tag mapping に付加された tag
@...

絞り込み条件を変える

Psych::Nodes::Mapping::ANY -> Integer (7.0)

「任意」のスタイルを意味します。

...「任意」のスタイルを意味します。

emitter が適当に style を決めます。

@see Psych::Nodes::Mapping.new,
Psych
::Nodes::Mapping#style,
Psych
::Handler#start_mapping...

Psych::Nodes::Mapping::BLOCK -> Integer (7.0)

block style を表します。

...block style を表します。

@see Psych::Nodes::Mapping.new,
Psych
::Nodes::Mapping#style,
Psych
::Handler#start_mapping...

Psych::Nodes::Mapping::FLOW -> Integer (7.0)

flow style を表します。

...flow style を表します。

@see Psych::Nodes::Mapping.new,
Psych
::Nodes::Mapping#style,
Psych
::Handler#start_mapping...

Psych::Nodes::Node (7.0)

YAML AST のノードを表す抽象クラスです。

YAML AST のノードを表す抽象クラスです。

このクラスをインスタンス化することは不適切です。
すべてのノードのクラスはこのクラスの派生クラスです。

Psych::Nodes::Node#children -> [Psych::Nodes::Node] (7.0)

子ノードの集合を配列で返します。

子ノードの集合を配列で返します。

絞り込み条件を変える

Psych::Nodes::Node#each -> Enumerator (7.0)

self のノードをルートとする部分木の各ノードを引数として ブロックを呼び出します。

self のノードをルートとする部分木の各ノードを引数として
ブロックを呼び出します。

ブロックを省略した場合は上のような繰り返しをする Enumerator
オブジェクトを返します。

Psych::Nodes::Node#each {|node| ... } -> () (7.0)

self のノードをルートとする部分木の各ノードを引数として ブロックを呼び出します。

self のノードをルートとする部分木の各ノードを引数として
ブロックを呼び出します。

ブロックを省略した場合は上のような繰り返しをする Enumerator
オブジェクトを返します。

Psych::Nodes::Node#tag -> String | nil (7.0)

ノードに付加されたタグを返します。

...ノードに付加されたタグを返します。

タグが付加されていない場合は nil を返します。

ast = Psych.parse(<<EOS)
---
- !!str a
- b
EOS

p ast.root.children[0].value # => "a"
p ast.root.children[0].tag # => "tag:yaml.org,2002:str"

p ast.root.ch...

Psych::Nodes::Node#to_ruby -> object (7.0)

AST を ruby のオブジェクトに変換します。

AST を ruby のオブジェクトに変換します。

Psych::Nodes::Node#to_yaml(io=nil, options={}) -> String | IO (7.0)

AST を YAML ドキュメントに変換します。

...返り値として返します。

io を省略した(nil を指定した)場合には変換後のドキュメントを
文字列で返します。

Psych
::Nodes::Stream 以外を変換しようとすると、AST として不正で
あるためエラーが発生します。

options には以下が...

絞り込み条件を変える

Psych::Nodes::Node#transform -> object (7.0)

AST を ruby のオブジェクトに変換します。

AST を ruby のオブジェクトに変換します。

Psych::Nodes::Node#yaml(io=nil, options={}) -> String | IO (7.0)

AST を YAML ドキュメントに変換します。

...返り値として返します。

io を省略した(nil を指定した)場合には変換後のドキュメントを
文字列で返します。

Psych
::Nodes::Stream 以外を変換しようとすると、AST として不正で
あるためエラーが発生します。

options には以下が...

Psych::Nodes::Scalar (7.0)

YAML の scalar http://yaml.org/spec/1.1/#id858081 を表すクラスです。

YAML の scalar http://yaml.org/spec/1.1/#id858081 を表すクラスです。

これは AST の葉にあたるノードであり、子ノードを持ちません。

Psych::Nodes::Scalar#anchor -> String|nil (7.0)

scalar に付加された anchor を返します。

...scalar に付加された anchor を返します。

@see Psych::Nodes::Scalar#anchor=,
Psych
::Nodes::Scalar.new...

Psych::Nodes::Scalar#anchor=(a) (7.0)

scalar に付加された anchor を変更します。

...scalar に付加された anchor を変更します。

@param a 設定する anchor
@see Psych::Nodes::Scalar#anchor,
Psych
::Nodes::Scalar.new...

絞り込み条件を変える

Psych::Nodes::Scalar#plain -> bool (7.0)

scalar が plain style であるかどうかを返します。

...scalar が plain style であるかどうかを返します。


@see Psych::Nodes::Scalar#plain=,
Psych
::Nodes::Scalar.new...

Psych::Nodes::Scalar#plain=(bool) (7.0)

scalar が plain style であるかどうかを変更します。

...scalar が plain style であるかどうかを変更します。

@param bool 設定する真偽値
@see Psych::Nodes::Scalar#plain,
Psych
::Nodes::Scalar.new...

Psych::Nodes::Scalar#quoted -> bool (7.0)

scalar が quoted であるかどうかを返します。

...scalar が quoted であるかどうかを返します。

@see Psych::Nodes::Scalar#quoted=,
Psych
::Nodes::Scalar.new...

Psych::Nodes::Scalar#quoted=(bool) (7.0)

scalar が quoted であるかどうかを変更します。

...scalar が quoted であるかどうかを変更します。

@param bool 設定する真偽値
@see Psych::Nodes::Scalar#quoted,
Psych
::Nodes::Scalar.new...

Psych::Nodes::Scalar#style -> Integer (7.0)

scalar の style を返します。

...scalar の style を返します。

@see Psych::Nodes::Scalar#style=,
Psych
::Nodes::Scalar.new...

絞り込み条件を変える

Psych::Nodes::Scalar#style=(sty) (7.0)

scalar の style を変更します。

...scalar の style を変更します。

@param sty 設定する style
@see Psych::Nodes::Scalar#style=,
Psych
::Nodes::Scalar.new...

Psych::Nodes::Scalar#tag -> String|nil (7.0)

scalar に付加された tag を返します。

...scalar に付加された tag を返します。

@see Psych::Nodes::Scalar#tag=,
Psych
::Nodes::Scalar.new...

Psych::Nodes::Scalar#tag=(t) (7.0)

scalar に付加された tag を変更します。

...scalar に付加された tag を変更します。

@param t 設定する tag
@see Psych::Nodes::Scalar#tag,
Psych
::Nodes::Scalar.new...

Psych::Nodes::Scalar#value -> String (7.0)

scalar の値を返します。

...scalar の値を返します。

@see Psych::Nodes::Scalar#value=,
Psych
::Nodes::Scalar.new...

Psych::Nodes::Scalar#value=(v) (7.0)

scalar の値を設定します。

...scalar の値を設定します。

@param v 設定する値
@see Psych::Nodes::Scalar#value,
Psych
::Nodes::Scalar.new...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 > >>