Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > psychライブラリ > Psych::Handlerクラス

class Psych::Handler

クラスの継承リスト: Psych::Handler < Object < Kernel < BasicObject

要約

Psych::Parser で用いるイベントハンドラの抽象基底クラスです。

Psych::Parser を使うためには、このクラスを継承し、 取り扱いたいイベントに対応するメソッドを定義します。

インスタンスメソッド

定義 説明
alias(anchor) -> ()

anchor という名前の alias を見付けたときに呼び出されます。

empty -> ()

empty event が発生したときに呼び出されます。

end_document(implicit) -> ()

ドキュメントが終了したときに呼び出されます。

end_mapping -> ()

mapping の終了の見付けたときに呼び出されます。

end_sequence -> ()

sequence の終了の見付けたときに呼び出されます。

end_stream -> ()

YAML stream の終端を見付けたときに呼び出されます。

scalar(value, anchor, tag, plain, quoted, style) -> ()

スカラー値を見付けたときに呼び出されます。

start_document(version, tag_directives, implicit) -> ()

YAML ドキュメントの始まりで呼び出されます。

start_mapping(anchor, tag, implicit, style) -> ()

mapping の開始を見付けたときに呼び出されます。

start_sequence(anchor, tag, implicit, style) -> ()

sequence の開始を見付けたときに呼び出されます。

start_stream(encoding) -> ()

YAML ストリームの始まりで呼び出されます。

streaming? -> bool

handler が streaming handler であるならば真を返すように override してください。

継承したメソッド

! != __id__ instance_eval instance_exec method_missing singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined !~ <=> == === =~ __send__ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_a to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_s to_str trust untaint untrust untrusted? .new .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_ENGINE_VERSION ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE