るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
7件ヒット [1-7件を表示] (0.009秒)

別のキーワード

  1. _builtin <<
  2. csv <<
  3. openssl <<
  4. rexml/document <<
  5. zlib <<

モジュール

キーワード

検索結果

Psych::Visitors::YAMLTree#<<(object) (54307.0)

変換対象の Ruby オブジェクトを追加します。

変換対象の Ruby オブジェクトを追加します。

@param object YAML AST へ変換する Ruby オブジェクト

Psych::Visitors::YAMLTree#push(object) (9007.0)

変換対象の Ruby オブジェクトを追加します。

変換対象の Ruby オブジェクトを追加します。

@param object YAML AST へ変換する Ruby オブジェクト

Psych::Nodes (61.0)

Psych が中間データとして利用している AST (Abstract Syntax Tree) に 関するモジュール。

...Psych が中間データとして利用している AST (Abstract Syntax Tree) に
関するモジュール。

Psych
.load によって YAML ドキュメントを Ruby オブジェクトに変換
するときには、一度中間的な AST に変換され、その AST が Ruby の
オブジェクト...
...

逆向き、つまり Psych.dump で Ruby のオブジェクトを
YAML ドキュメントに変換するときには、中間的な AST に変換してから
それを YAML ドキュメントに変換します。

YAML AST の各ノードのクラスはすべて Psych::Nodes の下にありま...
...を1つ持つリストの AST を構築しています。

# Create our nodes
stream = Psych::Nodes::Stream.new
doc = Psych::Nodes::Document.new
seq = Psych::Nodes::Sequence.new
scalar = Psych::Nodes::Scalar.new('foo')

# Build up our tree
stream.children << doc
doc.children...

Psych::Visitors::YAMLTree (43.0)

Ruby オブジェクトから YAML の AST を構築するためのクラスです。

...クトから YAML の AST を構築するためのクラスです。

=== 例
builder = Psych::Visitors::YAMLTree.new
builder << { :foo => 'bar' }
builder << ["baz", "bazbaz"]
builder.tree # => #<Psych::Nodes::Stream ... > A stream containing two documents
puts tree.to_yaml
# =>
# ---...

Psych.load_stream(yaml, filename=nil) -> [object] (25.0)

複数の YAML ドキュメントを含むデータを Ruby のオブジェクトに変換します。

...はオブジェクトの配列を返します。

Psych
.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") # => ['foo', 'bar']

ブロックありの場合は各オブジェクト引数としてそのブロックを呼び出します。
list = []
Psych
.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") do |ruby...
...に用います。

@param yaml YAML ドキュメント(文字列 or IO オブジェクト)
@param filename Psych::SyntaxError 発生時にファイル名として表示する文字列。
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメントに文法エラーが発見されたときに発生します...

絞り込み条件を変える

Psych.load_stream(yaml, filename=nil) {|obj| ... } -> () (25.0)

複数の YAML ドキュメントを含むデータを Ruby のオブジェクトに変換します。

...はオブジェクトの配列を返します。

Psych
.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") # => ['foo', 'bar']

ブロックありの場合は各オブジェクト引数としてそのブロックを呼び出します。
list = []
Psych
.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") do |ruby...
...に用います。

@param yaml YAML ドキュメント(文字列 or IO オブジェクト)
@param filename Psych::SyntaxError 発生時にファイル名として表示する文字列。
@raise Psych::SyntaxError YAMLドキュメントに文法エラーが発見されたときに発生します...

Psych.safe_load(yaml, whitelist_classes = [], whitelist_symbols = [], aliases = false, filename = nil) -> object (25.0)

安全に YAML YAML フォーマットの文書を読み込み Ruby のオブジェクトを生成して返します。

...ださい:

Psych
.safe_load(yaml, [Date])

すると上のクラス一覧に加えて Date クラスが読み込まれます。

エイリアスは aliases パラメーターを変更することで明示的に許可できます。

例:

x = []
x << x
yaml = Psych.dump x
Psych
.safe_load y...
...aml # => 例外発生
Psych
.safe_load yaml, [], [], true # => エイリアスが読み込まれる

yaml にホワイトリストにないクラスが含まれていた場合は、
Psych
::DisallowedClass 例外が発生します。

yaml がエイリアスを含んでいて aliases...
...パラメーターが false の時、
Psych
::BadAlias 例外が発生します。

filename はパース中に発生した例外のメッセージに用います。

キーワード引数 symbolize_names に true を指定した場合はハッシュのキー
を Symbol に変換して返します。...