Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > psychライブラリ > Psychモジュール > safe_load

singleton method Psych.safe_load

safe_load(yaml, whitelist_classes = [], whitelist_symbols = [], aliases = false, filename = nil) -> object[permalink][rdoc]

安全に YAML フォーマットの文書を読み込み Ruby のオブジェクトを生成して返します。

デフォルトでは以下のクラスのオブジェクトしか変換しません。

再帰的なデータ構造はデフォルトでは許可されていません。 任意のクラスを許可するには whitelist_classes を指定すると、 そのクラスが追加されます。例えば Date クラスを許可するには 以下のように書いてください:

Psych.safe_load(yaml, [Date])

すると上のクラス一覧に加えて Date クラスが読み込まれます。

エイリアスは aliases パラメーターを変更することで明示的に許可できます。

例:

x = []
x << x
yaml = Psych.dump x
Psych.safe_load yaml               # => 例外発生
Psych.safe_load yaml, [], [], true # => エイリアスが読み込まれる

yaml にホワイトリストにないクラスが含まれていた場合は、 Psych::DisallowedClass 例外が発生します。

yaml がエイリアスを含んでいて aliases パラメーターが false の時、 Psych::BadAlias 例外が発生します。

filename はパース中に発生した例外のメッセージに用います。

キーワード引数 symbolize_names に true を指定した場合はハッシュのキー を Symbol に変換して返します。

[PARAM] io:
YAMLフォーマットの文書の読み込み先のIOオブジェクト。
[PARAM] whitelist_classes:
追加で読み込みを許可するクラスの配列。
[PARAM] whitelist_symbols:
引数 whitelist_classesに Symbol を含む場 合に読み込みを許可する Symbol の配列。 省略した場合は全ての Symbol を許可します。
[PARAM] aliases:
エイリアスの読み込みを許可するかどうか。
[PARAM] filename:
Psych::SyntaxError 発生時にファイル名として表示する文字列。