るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
558件ヒット [401-500件を表示] (0.022秒)
トップページ > クラス:Module[x]

検索結果

<< < ... 3 4 5 6 > >>

Module#protected(*name) -> self (1.0)

メソッドを protected に設定します。

メソッドを protected に設定します。

引数なしのときは今後このクラスまたはモジュール定義内で新規に定義さ
れるメソッドを protected に設定します。

引数が与えられた時には引数によって指定されたメソッドを protected
に設定します。

@param name String または Symbol を 0 個以上指定します。

@raise NameError 存在しないメソッド名を指定した場合に発生します。

Module#protected_instance_methods(inherited_too = true) -> [Symbol] (1.0)

そのモジュールで定義されている protected メソッド名 の一覧を配列で返します。

...herited_too false を指定するとそのモジュールで定義されているメソッドのみ返します。


@see Object#protected_methods, Module#instance_methods...

Module#protected_method_defined?(name) -> bool (1.0)

インスタンスメソッド name がモジュールに定義されており、 しかもその可視性が protected であるときに true を返します。 そうでなければ false を返します。

...あるときに true を返します。
そうでなければ false を返します。

@param name Symbol か String を指定します。

@see Module#method_defined?...

Module#psych_yaml_as(tag) -> () (1.0)

クラスと tag の間を関連付けます。

クラスと tag の間を関連付けます。

これによって tag 付けされた YAML ドキュメントを Ruby のオブジェクトに
変換したりその逆をしたりすることができます。

この method は deprecated です。 Object.yaml_tag を
かわりに使ってください。

@param tag 対象のクラスに関連付けるタグの文字列

Module#public(*name) -> self (1.0)

メソッドを public に設定します。

メソッドを public に設定します。

引数なしのときは今後このクラスまたはモジュール定義内で新規に定義さ
れるメソッドをどんな形式でも呼び出せるように(public)設定します。

引数が与えられた時には引数によって指定されたメソッドを public に設
定します。

@param name String または Symbol を 0 個以上指定します。

@raise NameError 存在しないメソッド名を指定した場合に発生します。

def foo() 1 end
p foo # => 1
# the toplevel default is...

絞り込み条件を変える

Module#public_class_method(*name) -> self (1.0)

name で指定したクラスメソッド (クラスの特異メソッド) の 可視性を public に変更します。

name で指定したクラスメソッド (クラスの特異メソッド) の
可視性を public に変更します。

@param name 0 個以上の String か Symbol を指定します。

例:
class Foo
def self.foo
"foo"
end

private_class_method :foo
end

Foo.foo # NoMethodError: private method `foo' called for Foo:Class

Foo.public_class_method(:foo) # => Foo
...

Module#public_constant(*name) -> self (1.0)

name で指定した定数の可視性を public に変更します。

...存在しない定数を指定した場合に発生します。

@raise SecurityError セーフレベル($SAFE)が 4 以上で self が
untrust なオブジェクトではない場合に発生します。

@return self を返します。

@see Module#private_constant, Object#untrusted?...
...or 存在しない定数を指定した場合に発生します。

@raise SecurityError セーフレベル($SAFE)が 4 以上で self が
untrust なオブジェクトではない場合に発生します。

@return self を返します。

@see Module#private_constant, Object#untrusted?...
...指定した定数の可視性を public に変更します。

@param name 0 個以上の String か Symbol を指定します。

@raise NameError 存在しない定数を指定した場合に発生します。


@return self を返します。

@see Module#private_constant, Object#untrusted?...

Module#public_instance_method(name) -> UnboundMethod (1.0)

self の public インスタンスメソッド name をオブジェクト化した UnboundMethod を返します。

...ソッド名を引数として与えると発生します。

Kernel.public_instance_method(:object_id) #=> #<UnboundMethod: Kernel#object_id>
Kernel.public_instance_method(:p) # method `p' for module `Kernel' is private (NameError)

@see Module#instance_method,Object#public_method...

Module#public_instance_methods(inherited_too = true) -> [Symbol] (1.0)

そのモジュールで定義されている public メソッド名 の一覧を配列で返します。

...m inherited_too false を指定するとそのモジュールで定義されているメソッドのみ返します。

@see Object#public_methods, Module#instance_methods...

Module#public_method_defined?(name) -> bool (1.0)

インスタンスメソッド name がモジュールに定義されており、 しかもその可視性が public であるときに true を返します。 そうでなければ false を返します。

...あるときに true を返します。
そうでなければ false を返します。

@param name Symbol か String を指定します。

@see Module#method_defined?...

絞り込み条件を変える

Module#rake_extension(method) { ... } -> () (1.0)

与えられたブロック内で既に存在するメソッドを再定義しようとした場合に 警告を表示します。この場合、ブロックは評価されません。

与えられたブロック内で既に存在するメソッドを再定義しようとした場合に
警告を表示します。この場合、ブロックは評価されません。

@param method ブロック内で再定義する予定のメソッド名を指定します。

例:
class String
rake_extension("xyz") do
def xyz
...
end
end
end

Module#refine(klass) { ... } -> Module (1.0)

引数 klass で指定したクラスだけに対して、ブロックで指定した機能を提供で きるモジュールを定義します。定義した機能は Module#refine を使用せずに直 接 klass に対して変更を行う場合と異なり、限られた範囲のみ有効にできます。 そのため、既存の機能を局所的に修正したい場合などに用いる事ができます。

...したクラスだけに対して、ブロックで指定した機能を提供で
きるモジュールを定義します。定義した機能は Module#refine を使用せずに直
接 klass に対して変更を行う場合と異なり、限られた範囲のみ有効にできます。
そのた...
...になる可能性があります。使用すると必ず警告が
表示されます。

class C
def foo
puts "C#foo"
end
end

module
M
refine C do
def foo
puts "C#foo in M"
end
end
end

x = C.new
x.foo # => "C#foo"

using M

x = C.new
x.f...
...ing, Module#using を実行した場合のみ
有効になります。

@param klass 拡張する対象のクラスを指定します。

@return ブロックで指定した機能を持つ無名のモジュールを返します。


class C
def foo
puts "C#foo"
end
end

module
M...

Module#remove_class_variable(name) -> object (1.0)

引数で指定したクラス変数を取り除き、そのクラス変数に設定さ れていた値を返します。

...そのモジュールやクラスに定義されていない場合に発生します。

class Foo
@@foo = 1
remove_class_variable(:@@foo) # => 1
p @@foo # => uninitialized class variable @@foo in Foo (NameError)
end

@see Module#remove_const, Object#remove_instance_variable...

Module#remove_const(name) -> object (1.0)

name で指定した定数を取り除き、その定数に設定されていた値を 返します。

...指定した(まだロードしてない)定数を含めて削除する事ができます。

取り除かれた定数は参照できなくなりますが、消える訳ではないので注意して
使用してください。

@see Module#remove_class_variable, Object#remove_instance_variable...

Module#remove_method(*name) -> self (1.0)

インスタンスメソッド name をモジュールから削除します。

...以上の String か Symbol を指定します。

@raise NameError 指定したメソッドが定義されていない場合に発生します。

class C
def foo
end

remove_method :foo
remove_method :no_such_method # 例外 NameError が発生
end

@see Module#undef_method...

絞り込み条件を変える

Module#singleton_class? -> bool (1.0)

self が特異クラスの場合に true を返します。そうでなければ false を返し ます。

self が特異クラスの場合に true を返します。そうでなければ false を返し
ます。

class C
end
C.singleton_class? # => false
C.singleton_class.singleton_class? # => true
<< < ... 3 4 5 6 > >>