るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
558件ヒット [201-300件を表示] (0.010秒)
トップページ > クラス:Module[x]

検索結果

<< < 1 2 3 4 5 ... > >>

Module#define_method(name, method) -> Symbol (1.0)

インスタンスメソッド name を定義します。

インスタンスメソッド name を定義します。

ブロックを与えた場合、定義したメソッドの実行時にブロックが
レシーバクラスのインスタンスの上で BasicObject#instance_eval されます。

@param name メソッド名を String または Symbol を指定します。

@param method Proc、Method あるいは UnboundMethod の
いずれかのインスタンスを指定します。

@return メソッド名を表す Symbol を返します。

@raise TypeError method に同じクラス、サブクラス、モジュー...

Module#deprecate_constant(*name) -> self (1.0)

name で指定した定数を deprecate に設定します。 deprecate に設定した定数を参照すると警告メッセージが表示されます。

name で指定した定数を deprecate に設定します。
deprecate に設定した定数を参照すると警告メッセージが表示されます。

@param name 0 個以上の String か Symbol を指定します。

@raise NameError 存在しない定数を指定した場合に発生します。


@return self を返します。

例:
FOO = 123
Object.deprecate_constant(:FOO) # => Object

FOO
# warning: constant ::FOO is deprecated
# => 123
...

Module#extend_object(obj) -> object (1.0)

Object#extend の実体です。オブジェクトにモジュールの機能を追加します。

...モジュールの機能を追加します。

Object#extend は、Ruby で書くと以下のように定義できます。

def extend(*modules)
module
s.reverse_each do |mod|
# extend_object や extended はプライベートメソッドなので
# 直接 mod.extend_object(self)...
...では、self に定義されて
いるインスタンスメソッドを obj の特異メソッドとして追加します。

@param obj self の機能を追加するオブジェクトを指定します。

@return obj で指定されたオブジェクトを返します。

@see Module#extended...

Module#extended(obj) -> () (1.0)

self が他のオブジェクト に Object#extend されたときに 呼ばれます。引数には extend を行ったオブジェクトが渡されます。

...extend を行ったオブジェクトが渡されます。

@param obj Object#extend を行ったオブジェクト

module
Foo
def self.extended(obj)
p "#{obj} extend #{self}"
end
end

Object.new.extend Foo

# => "#<Object:0x401cbc3c> extend Foo"

@see Module#extend_object...

Module#freeze -> self (1.0)

モジュールを凍結(内容の変更を禁止)します。

...ます。

凍結したモジュールにメソッドの追加など何らかの変更を加えようとした場合
に RuntimeError が発生します。

@see Object#freeze

例:
module
Foo; end
Foo.freeze

module
Foo
def foo; end
end # => RuntimeError: can't modify frozen module...
...します。

凍結したモジュールにメソッドの追加など何らかの変更を加えようとした場合
に RuntimeError が発生します。

@see Object#freeze

例:
module
Foo; end
Foo.freeze

module
Foo
def foo; end
end # => RuntimeError: can't modify frozen module...
...します。

凍結したモジュールにメソッドの追加など何らかの変更を加えようとした場合
に RuntimeError が発生します。

@see Object#freeze

例:
module
Foo; end
Foo.freeze

module
Foo
def foo; end
end # => FrozenError: can't modify frozen module...

絞り込み条件を変える

Module#include(*mod) -> self (1.0)

モジュール mod をインクルードします。

...ドします。

@param mod Module のインスタンス( Enumerable など)を指定します。

@raise ArgumentError 継承関係が循環してしまうような include を行った場合に発生します。

module
M
end
module
M2
include M
end
module
M
include M2
end

...
...モジュールのほうが
先に行われます
(上の例の Module#ancestors の結果がメソッド探索の順序です)。

同じモジュールを二回以上 include すると二回目以降は無視されます。

module
M
end
class C1
include M
end
class C2 < C1
inclu...

Module#include?(mod) -> bool (1.0)

self かその親クラス / 親モジュールがモジュール mod を インクルードしていれば true を返します。

...その親クラス / 親モジュールがモジュール mod を
インクルードしていれば true を返します。

@param mod Module を指定します。

module
M
end
class C1
include M
end
class C2 < C1
end

p C1.include?(M) # => true
p C2.include?(M) # => true...

Module#included(class_or_module) -> () (1.0)

self が Module#include されたときに対象のクラスまたはモジュー ルを引数にしてインタプリタがこのメソッドを呼び出します。

...self が Module#include されたときに対象のクラスまたはモジュー
ルを引数にしてインタプリタがこのメソッドを呼び出します。

@param class_or_module Module#include を実行したオブジェクト

module
Foo
def self.included(mod)
p "#{mod} in...
...clude #{self}"
end
end
class Bar
include Foo
end
# => "Bar include Foo"

@see Module#append_features...

Module#included_modules -> [Module] (1.0)

self にインクルードされているモジュールの配列を返します。

...インクルードされているモジュールの配列を返します。

module
Mixin
end

module
Outer
include Mixin
end

Mixin.included_modules #=> []
Outer.included_modules #=> [Mixin]

@see Module#ancestors...

Module#infect_with_assertions(positive_prefix, negative_prefix, skip_regexp, map = {}) -> () (1.0)

BDD 風にテストを書くために使用するメソッド群を定義します。

BDD 風にテストを書くために使用するメソッド群を定義します。

@param positive_prefix assert の代わりのプレフィックスを指定します。

@param negative_prefix refute の代わりのプレフィックスを指定します。

@param skip_regexp この正規表現にマッチしたメソッドは定義しません。

@param map メソッド名の変換規則のハッシュを指定します。

絞り込み条件を変える

Module#inspect -> String (1.0)

モジュールやクラスの名前を文字列で返します。

...スに対しては nil を返します。

module
A
module
B
end

p B.name #=> "A::B"

class C
end
end

p A.name #=> "A"
p A::B.name #=> "A::B"
p A::C.name #=> "A::C"

# 名前のないモジュール / クラス
p Module.new.name #=> nil
p Class.new.name...

Module#instance_method(name) -> UnboundMethod (1.0)

self のインスタンスメソッド name をオブジェクト化した UnboundMethod を返します。

...ド name をオブジェクト化した UnboundMethod を返します。

@param name メソッド名を Symbol または String で指定します。

@raise NameError self に存在しないメソッドを指定した場合に発生します。

@see Module#public_instance_method, Object#method...

Module#instance_methods(inherited_too = true) -> [Symbol] (1.0)

そのモジュールで定義されている public および protected メソッド名 の一覧を配列で返します。

そのモジュールで定義されている public および protected メソッド名
の一覧を配列で返します。

@param inherited_too false を指定するとそのモジュールで定義されているメソッドのみ返します。

@see Object#methods

例1:

class Foo
private; def private_foo() end
protected; def protected_foo() end
public; def public_foo() end
end

# あるクラスのインスタンスメソッ...

Module#method_added(name) -> () (1.0)

メソッド name が追加された時にインタプリタがこのメソッドを呼び出します。

メソッド name が追加された時にインタプリタがこのメソッドを呼び出します。

特異メソッドの追加に対するフックには
BasicObject#singleton_method_added
を使います。

@param name 追加されたメソッドの名前が Symbol で渡されます。

class Foo
def Foo.method_added(name)
puts "method \"#{name}\" was added"
end

def foo
end
define_method :bar, instance_method(...

Module#method_defined?(name) -> bool (1.0)

モジュールにインスタンスメソッド name が定義されており、 かつその可視性が public または protected であるときに true を返します。

...るときに
true を返します。

@param name Symbol か String を指定します。

@see Module#public_method_defined?, Module#private_method_defined?, Module#protected_method_defined?

例:
module
Foo
def foo; end
protected def bar; end
private def baz; end
end

Foo.method_...

絞り込み条件を変える

Module#method_removed(name) -> () (1.0)

メソッドが Module#remove_method により削除 された時にインタプリタがこのメソッドを呼び出します。

...メソッドが Module#remove_method により削除
された時にインタプリタがこのメソッドを呼び出します。

特異メソッドの削除に対するフックには
BasicObject#singleton_method_removed
を使います。

@param name 削除されたメソッド名が Symbol...

Module#method_undefined(name) -> () (1.0)

このモジュールのインスタンスメソッド name が Module#undef_method によって削除されるか、 undef 文により未定義にされると、インタプリタがこのメソッドを呼び出します。

...このモジュールのインスタンスメソッド name が
Module
#undef_method によって削除されるか、
undef 文により未定義にされると、インタプリタがこのメソッドを呼び出します。

特異メソッドの削除をフックするには
BasicObject#singlet...
<< < 1 2 3 4 5 ... > >>