るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
2826件ヒット [1-100件を表示] (0.294秒)

別のキーワード

  1. _builtin to_s
  2. _builtin []
  3. _builtin inspect
  4. _builtin each

ライブラリ

モジュール

オブジェクト

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Random.new(seed = Random.new_seed) -> Random (26230.0)

メルセンヌ・ツイスタに基づく疑似乱数発生装置オブジェクトを作ります。 引数が省略された場合は、Random.new_seedの値を使用します。

...引数が省略された場合は、Random.new_seedの値を使用します。


@param seed 疑似乱数生成器の種を整数で指定します。

動作例: 種が同じなら同じ乱数列を発生することができる。

prng = Random.new(1234)
[ p...
...> [0.1915194503788923, 0.6221087710398319]
[ prng.rand(10), prng.rand(1000) ] #=> [4, 664]
# 同じ乱数列を発生する。
prng = Random.new(1234)
[ prng.rand, prng.rand ] #=> [0.1915194503788923, 0.6221087710398319]
[ prng.rand(10), prng.rand(1000)...

Range.new(first, last, exclude_end = false) -> Range (26167.0)

first から last までの範囲オブジェクトを生成して返しま す。

...します

例: 整数の範囲オブジェクトの場合

Range.new(1, 10) # => 1..10
Range.new(1, 10, true) # => 1...10

例: 日付オブジェクトの範囲オブジェクトの場合

require 'date'
Range.new(Date.today, Date.today >> 1).each {|d| puts d }
# => 2017-09-16...
...require 'ipaddr'
Range.new(IPAddr.new("192.0.2.1"), IPAddr.new("192.0.2.3")).each {|ip| puts ip}
# => 192.0.2.1
192.0.2.2
192.0.2.3

例: 自作のオブジェクトの場合

MyInteger = Struct.new(:value) do
def succ
self.class.new(value + 1)
end

def <=>(...
...other)
value <=> other.value
end

def to_s
value.to_s
end
end
Range.new(MyInteger.new(1), MyInteger.new(3)).each {|i| puts i }
# => 1
2
3...

Hash.new(ifnone = nil) -> Hash (26129.0)

空の新しいハッシュを生成します。ifnone はキーに対 応する値が存在しない時のデフォルト値です。設定したデフォルト値はHash#defaultで参照できます。

...fnoneを省略した Hash.new は {} と同じです。

デフォルト値として、毎回同一のオブジェクトifnoneを返します。
それにより、一箇所のデフォルト値の変更が他の値のデフォルト値にも影響します。

h = Hash.new([])
h[0] << 0
h[1] <...
...= Hash.new([])

p h[1] #=> []
p h[1].object_id #=> 6127150
p h[1] << "bar" #=> ["bar"]
p h[1] #=> ["bar"]

p h[2] #=> ["bar"]
p h[2].object_id #=> 6127150

p h #=> {}


h = Hash.new([].fr...

Encoding::Converter.new(convpath) -> Encoding::Converter (26127.0)

Encoding::Converter オブジェクトを作成します。

...onverter::UNDEF_REPLACE
* Encoding::Converter::UNDEF_HEX_CHARREF
* Encoding::Converter::UNIVERSAL_NEWLINE_DECORATOR
* Encoding::Converter::CRLF_NEWLINE_DECORATOR
* Encoding::Converter::CR_NEWLINE_DECORATOR
* Encoding::Converter::XML_TEXT_DECORATOR
* Encoding::Converter::XML_ATTR_CONTENT_...
...oding::Converter.new("UTF-16BE", "UTF-8")

# Usually, decorators such as newline conversion are inserted last.
ec = Encoding::Converter.new("UTF-16BE", "UTF-8", :universal_newline => true)
p ec.convpath #=> [[#<Encoding:UTF-16BE>, #<Encoding:UTF-8>],
# "universal_newline"]

# But, i...
...ersion.
ec = Encoding::Converter.new("UTF-8", "UTF-16BE", :crlf_newline => true)
p ec.convpath #=> ["crlf_newline",
# [#<Encoding:UTF-8>, #<Encoding:UTF-16BE>]]

# Conversion path can be specified directly.
ec = Encoding::Converter.new(["universal_newline", ["EUC-JP", "UTF-8"], ["UT...

Encoding::Converter.new(source_encoding, destination_encoding) -> Encoding::Converter (26127.0)

Encoding::Converter オブジェクトを作成します。

...onverter::UNDEF_REPLACE
* Encoding::Converter::UNDEF_HEX_CHARREF
* Encoding::Converter::UNIVERSAL_NEWLINE_DECORATOR
* Encoding::Converter::CRLF_NEWLINE_DECORATOR
* Encoding::Converter::CR_NEWLINE_DECORATOR
* Encoding::Converter::XML_TEXT_DECORATOR
* Encoding::Converter::XML_ATTR_CONTENT_...
...oding::Converter.new("UTF-16BE", "UTF-8")

# Usually, decorators such as newline conversion are inserted last.
ec = Encoding::Converter.new("UTF-16BE", "UTF-8", :universal_newline => true)
p ec.convpath #=> [[#<Encoding:UTF-16BE>, #<Encoding:UTF-8>],
# "universal_newline"]

# But, i...
...ersion.
ec = Encoding::Converter.new("UTF-8", "UTF-16BE", :crlf_newline => true)
p ec.convpath #=> ["crlf_newline",
# [#<Encoding:UTF-8>, #<Encoding:UTF-16BE>]]

# Conversion path can be specified directly.
ec = Encoding::Converter.new(["universal_newline", ["EUC-JP", "UTF-8"], ["UT...

絞り込み条件を変える

Encoding::Converter.new(source_encoding, destination_encoding, options) -> Encoding::Converter (26127.0)

Encoding::Converter オブジェクトを作成します。

...onverter::UNDEF_REPLACE
* Encoding::Converter::UNDEF_HEX_CHARREF
* Encoding::Converter::UNIVERSAL_NEWLINE_DECORATOR
* Encoding::Converter::CRLF_NEWLINE_DECORATOR
* Encoding::Converter::CR_NEWLINE_DECORATOR
* Encoding::Converter::XML_TEXT_DECORATOR
* Encoding::Converter::XML_ATTR_CONTENT_...
...oding::Converter.new("UTF-16BE", "UTF-8")

# Usually, decorators such as newline conversion are inserted last.
ec = Encoding::Converter.new("UTF-16BE", "UTF-8", :universal_newline => true)
p ec.convpath #=> [[#<Encoding:UTF-16BE>, #<Encoding:UTF-8>],
# "universal_newline"]

# But, i...
...ersion.
ec = Encoding::Converter.new("UTF-8", "UTF-16BE", :crlf_newline => true)
p ec.convpath #=> ["crlf_newline",
# [#<Encoding:UTF-8>, #<Encoding:UTF-16BE>]]

# Conversion path can be specified directly.
ec = Encoding::Converter.new(["universal_newline", ["EUC-JP", "UTF-8"], ["UT...

Class.new(superclass = Object) -> Class (26126.0)

新しく名前の付いていない superclass のサブクラスを生成します。

...初に名前を求める際に代入されている定数名を検
索し、見つかった定数名をクラス名とします。

p foo = Class.new # => #<Class:0x401b90f8>
p foo.name # => nil
Foo = foo # ここで p foo すれば "Foo" 固定
Bar = foo
p foo.name...
...ss = Class.new(superclass)
klass.module_eval {|m| ... }
klass

この場合も生成したクラスを返します。
ブロックの実行は Class#initialize が行います。

@param superclass 生成するクラスのスーパークラスを指定します。

例:

k = Class.new{|c|...
...def initialize
p "in initialize"
end

def hoge
p "hoge hoge hoge"
end
}
o = k.new #=> "in initialize"
o.hoge #=> "hoge hoge hoge"...

Class.new(superclass = Object) {|klass| ... } -> Class (26126.0)

新しく名前の付いていない superclass のサブクラスを生成します。

...初に名前を求める際に代入されている定数名を検
索し、見つかった定数名をクラス名とします。

p foo = Class.new # => #<Class:0x401b90f8>
p foo.name # => nil
Foo = foo # ここで p foo すれば "Foo" 固定
Bar = foo
p foo.name...
...ss = Class.new(superclass)
klass.module_eval {|m| ... }
klass

この場合も生成したクラスを返します。
ブロックの実行は Class#initialize が行います。

@param superclass 生成するクラスのスーパークラスを指定します。

例:

k = Class.new{|c|...
...def initialize
p "in initialize"
end

def hoge
p "hoge hoge hoge"
end
}
o = k.new #=> "in initialize"
o.hoge #=> "hoge hoge hoge"...

Proc.new -> Proc (26126.0)

ブロックをコンテキストとともにオブジェクト化して返します。

...= Proc.new
pr.call(1)
end
foo {|arg| p arg }
# => 1

これは以下と同じです。

def foo
yield(1)
end
foo {|arg| p arg }
# => 1

呼び出し元のメソッドがブロックを伴わなければ、例外
ArgumentError が発生します。

def foo
Proc.new
end...
...foo
# => -:2:in `new': tried to create Proc object without a block (ArgumentError)
from -:2:in `foo'
from -:4:in `<main>'

Proc.new は、Proc#initialize が定義されていれば
オブジェクトの初期化のためにこれを呼び出します。このことを
除け...

Proc.new { ... } -> Proc (26126.0)

ブロックをコンテキストとともにオブジェクト化して返します。

...= Proc.new
pr.call(1)
end
foo {|arg| p arg }
# => 1

これは以下と同じです。

def foo
yield(1)
end
foo {|arg| p arg }
# => 1

呼び出し元のメソッドがブロックを伴わなければ、例外
ArgumentError が発生します。

def foo
Proc.new
end...
...foo
# => -:2:in `new': tried to create Proc object without a block (ArgumentError)
from -:2:in `foo'
from -:4:in `<main>'

Proc.new は、Proc#initialize が定義されていれば
オブジェクトの初期化のためにこれを呼び出します。このことを
除け...

絞り込み条件を変える

Hash.new {|hash, key| ... } -> Hash (26124.0)

空の新しいハッシュを生成します。ブロックの評価結果がデフォルト値になりま す。設定したデフォルト値はHash#default_procで参照できます。

...値は全部同一のオブジェクトなので、
# 破壊的変更によって他のキーに対応する値も変更されます。
h = Hash.new("foo")

p h[1] #=> "foo"
p h[1].object_id #=> 6127170
p h[1] << "bar" #=> "foobar"
p h[1]...
...がまだ無いキーが呼び出される度に
# ブロックを評価するので、全て別のオブジェクトになります。
h = Hash.new {|hash, key| hash[key] = "foo"}

p h[1] #=> "foo"
p h[1].object_id #=> 6126900
p h[1] << "bar" #=> "foobar"...
...#=> {1=>"foobar", 2=>"foo"}

# 値が設定されていないときに(fetchのように)例外をあげるようにもできる
h = Hash.new {|hash, key|
raise(IndexError, "hash[#{key}] has no value")
}
h[1]
# エラー hash[1] has no value (IndexErro...

SystemCallError.new(errno) -> SystemCallError (26122.0)

整数 errno に対応する Errno::EXXX オブジェクトを生成して返します。

...ときに発生します。

例:

p SystemCallError.new("message", 2)
# => #<Errno::ENOENT: No such file or directory - message>
p SystemCallError.new(2)
# => #<Errno::ENOENT: No such file or directory>
p SystemCallError.new(256)
# => #<SystemCallError: Unknown error 256>...

SystemCallError.new(error_message, errno) -> SystemCallError (26122.0)

整数 errno に対応する Errno::EXXX オブジェクトを生成して返します。

...ときに発生します。

例:

p SystemCallError.new("message", 2)
# => #<Errno::ENOENT: No such file or directory - message>
p SystemCallError.new(2)
# => #<Errno::ENOENT: No such file or directory>
p SystemCallError.new(256)
# => #<SystemCallError: Unknown error 256>...

Enumerator.new(size=nil) {|y| ... } -> Enumerator (26121.0)

Enumerator オブジェクトを生成して返します。与えられたブロックは Enumerator::Yielder オブジェクトを 引数として実行されます。

...し、Yielder オブジェクトに対して << メソッドが呼ばれるたびに、
each に渡されたブロックが繰り返されます。

new
に渡されたブロックが終了した時点で each の繰り返しが終わります。
このときのブロックの返り値が each の...
...size の実
行時に参照されます。

例:

enum = Enumerator.new{|y|
(1..10).each{|i|
y << i if i % 5 == 0
}
}
enum.each{|i| p i }

#=> 5
10


fib = Enumerator.new { |y|
a = b = 1
loop {
y << a
a, b = b, a + b
}
}

p...

String.new(string = "") -> String (26121.0)

string と同じ内容の新しい文字列を作成して返します。 引数を省略した場合は空文字列を生成して返します。

...no_option = String.new(text) # => "hoge"
no_option.encoding == Encoding::EUC_JP # => true
with_encoding = String.new(text, encoding: "UTF-8") # => "hoge"
with_encoding.encoding == Encoding::UTF_8 # => true
String.new("test", encoding:...

絞り込み条件を変える

String.new(string = "", encoding: string.encoding, capacity: 127) -> String (26121.0)

string と同じ内容の新しい文字列を作成して返します。 引数を省略した場合は空文字列を生成して返します。

...no_option = String.new(text) # => "hoge"
no_option.encoding == Encoding::EUC_JP # => true
with_encoding = String.new(text, encoding: "UTF-8") # => "hoge"
with_encoding.encoding == Encoding::UTF_8 # => true
String.new("test", encoding:...

String.new(string = "", encoding: string.encoding, capacity: string.bytesize) -> String (26121.0)

string と同じ内容の新しい文字列を作成して返します。 引数を省略した場合は空文字列を生成して返します。

...no_option = String.new(text) # => "hoge"
no_option.encoding == Encoding::EUC_JP # => true
with_encoding = String.new(text, encoding: "UTF-8") # => "hoge"
with_encoding.encoding == Encoding::UTF_8 # => true
String.new("test", encoding:...

Dir.new(path) -> Dir (26120.0)

path に対するディレクトリストリームをオープンして返します。

...プンに失敗した場合に発生します。

例: Dir.new
require 'tmpdir'

Dir.mktmpdir do |tmpdir|
d = Dir.new(tmpdir)
p d.class # => Dir
p d.read.encoding # => #<Encoding:UTF-8>
d.close

d = Dir.new(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8)
p d.class # =>...

Dir.new(path, encoding: Encoding.find("filesystem")) -> Dir (26120.0)

path に対するディレクトリストリームをオープンして返します。

...プンに失敗した場合に発生します。

例: Dir.new
require 'tmpdir'

Dir.mktmpdir do |tmpdir|
d = Dir.new(tmpdir)
p d.class # => Dir
p d.read.encoding # => #<Encoding:UTF-8>
d.close

d = Dir.new(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8)
p d.class # =>...
<< 1 2 3 ... > >>