るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
2566件ヒット [1-100件を表示] (0.030秒)

別のキーワード

  1. bigdecimal mode
  2. openssl fips_mode=
  3. bigdecimal round_mode
  4. readline vi_editing_mode
  5. readline emacs_editing_mode

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

BigDecimal.mode(s) -> Integer | nil (18174.0)

BigDecimal の計算処理の制御方法を設定、確認します。

...、確認を行う項目を BigDecimal::EXCEPTION_*、
BigDecimal::ROUND_MODE のいずれかで指定します。

@param v 引数 s が BigDecimal::ROUND_MODE の場合は
BigDecimal::ROUND_MODE 以外の BigDecimal::_ROUND* のいず
れかを指定します。指定し...
...al::mode(BigDecimal::EXCEPTION_NaN,flag)
f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_INFINITY,flag)
f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_UNDERFLOW,flag)
f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_OVERFLOW,flag)
f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_ZERODIVIDE,flag)
f = BigDecimal::mode(Big...
...め操作の指定ができます。

require 'bigdecimal'
flag = BigDecimal::ROUND_HALF_UP # デフォルト値
f = BigDecimal::mode(BigDecimal::ROUND_MODE,flag)

の形式で指定します。
ここで、flag は以下(括弧内は対応するインスタンスメソッド)の一つを指...

BigDecimal.mode(s, v) -> Integer | nil (18174.0)

BigDecimal の計算処理の制御方法を設定、確認します。

...、確認を行う項目を BigDecimal::EXCEPTION_*、
BigDecimal::ROUND_MODE のいずれかで指定します。

@param v 引数 s が BigDecimal::ROUND_MODE の場合は
BigDecimal::ROUND_MODE 以外の BigDecimal::_ROUND* のいず
れかを指定します。指定し...
...al::mode(BigDecimal::EXCEPTION_NaN,flag)
f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_INFINITY,flag)
f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_UNDERFLOW,flag)
f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_OVERFLOW,flag)
f = BigDecimal::mode(BigDecimal::EXCEPTION_ZERODIVIDE,flag)
f = BigDecimal::mode(Big...
...め操作の指定ができます。

require 'bigdecimal'
flag = BigDecimal::ROUND_HALF_UP # デフォルト値
f = BigDecimal::mode(BigDecimal::ROUND_MODE,flag)

の形式で指定します。
ここで、flag は以下(括弧内は対応するインスタンスメソッド)の一つを指...

Gem::Package::TarHeader#mode -> Integer (18117.0)

tar のヘッダに含まれる mode を返します。

...tar のヘッダに含まれる mode を返します。...

CSV::Table#mode -> Symbol (18113.0)

現在のアクセスモードを返します。

...][ruby]{
require "csv"

row = CSV::Row.new(["header1", "header2"], ["row1_1", "row1_2"])
table = CSV::Table.new([row])
table.mode # => :col_or_row
table.by_col!
table.mode # => :col
//}...

File::Stat#mode -> Integer (18107.0)

ファイルモードを返します。

...ファイルモードを返します。

fs = File::Stat.new($0)
printf "%o\n", fs.mode
#例
#=> 100644...

絞り込み条件を変える

TkEvent::Event#mode (18101.0)

@todo

@todo

IRB::Context#prompt_mode=(mode) (6230.0)

プロンプトモードを mode に設定します。

...プロンプトモードを mode に設定します。

@param mode プロンプトモードを Symbol で指定します。オリジナルの
プロンプトモードか、:DEFAULT、:CLASSIC、:SIMPLE、:INF_RUBY、
:XMP、:NULL のいずれを指定してください。...

static int rb_io_mode_flags2(int mode) (6228.0)

open(2) のようなモード指定modeをruby内部のモードフラグに変換します。

...ド指定modeをruby内部のモードフラグに変換します。

mode
は、O_RDONLY, O_WRONLY, O_RDWRのいずれかで
対応する以下の値のいずれかを返します。

* FMODE_READABLE,
* FMODE_WRITABLE,
* FMODE_READWRITE

FMODE_READWRITEは、FMODE_READABLEと
FMODE_WRITEABLE...
...の論理和です。

Microsoft Windows などファイルにバイナリ/テキスト属性の区別がある
プラットフォームでは、modeにO_BINARYの論理和が指定されてい
れば、戻り値にはFMODE_BINMODEの論理和が指定されます。...

OpenSSL::SSL::SSLContext#session_cache_mode=(mode) (6214.0)

セッションキャッシュのモードを指定します。

...* OpenSSL::SSL::SSLContext::SESSION_CACHE_NO_INTERNAL_LOOKUP
* OpenSSL::SSL::SSLContext::SESSION_CACHE_NO_INTERNAL_STORE

デフォルト値は OpenSSL::SSL::SSLContext::SESSION_CACHE_SERVER です。

@param mode 設定するモード(整数値)
@see OpenSSL::SSL::SSLContext#session_cache_mode...

OpenSSL::SSL::SSLContext#verify_mode=(mode) (6214.0)

検証モードを設定します。

...VERIFY_FAIL_IF_NO_PEER_CERT
これらの定数の意味はクライアントモードとサーバモードでは異なる
意味を持ちます。

デフォルトは nil で、VERIFY_NONE を意味します。

@param mode 設定するモード(整数値)
@see OpenSSL::SSL::SSLContext#verify_mode...

絞り込み条件を変える

int rb_io_mode_flags(const char *mode) (6212.0)

この関数は deprecated です。rb_io_modestr_fmode を使用してください。

...す。rb_io_modestr_fmode を使用してください。

fopen(3) のようなモード指定modeをruby内部のモードフラグに
変換します。

mode
は、[rwa][b][+] という文字列です (例: "rb+").
戻り値は、
FMODE_READABLE,
FMODE_WRITABLE,
FMODE_BINMODE,
FMODE_READWRITE
...
...論理和です。FMODE_READWRITEは、FMODE_READABLEと
FMODE_WRITEABLEの論理和です。...

Net::HTTP#verify_mode=(mode) (6208.0)

検証モードを設定します。

...検証モードを設定します。

詳しくは OpenSSL::SSL::SSLContext#verify_mode を見てください。
クライアント側なので、
OpenSSL::SSL::VERIFY_NONE か OpenSSL::SSL::VERIFY_PEER
のいずれかを用います。

デフォルトは nil で、VERIFY_NONE を意味します。...

Net::Telnet#binmode(mode=nil) -> bool (6207.0)

引数を指定しない場合には"Binmode"の値を返します。 引数を与えた場合は"Binmode"の値を変更します。

...引数を指定しない場合には"Binmode"の値を返します。
引数を与えた場合は"Binmode"の値を変更します。

これは改行文字の変換をするかどうかを意味します。


@param mode 設定する値をtrue/falseで与えます
@see Net::Telnet.new...

Net::Telnet#binmode=(mode) (6207.0)

"Binmode" を設定します。これは改行文字の変換をするかどうかを意味します。

..."Binmode" を設定します。これは改行文字の変換をするかどうかを意味します。

@param mode 設定する値をtrue/falseで与えます
@see Net::Telnet.new, Net::Telnet#binmode...

Net::Telnet#telnetmode=(mode) (6207.0)

"Telnetmode" を設定します。これは telnet の特殊なバイト列を解釈するかどうかを 意味します。

..."Telnetmode" を設定します。これは telnet の特殊なバイト列を解釈するかどうかを
意味します。

@param mode 設定する値を真偽値で与えます
@see Net::Telnet#new...

絞り込み条件を変える

Net::Telnet#telnetmode(mode=nil) -> bool|() (6201.0)

引数を指定しない場合には"Telnetmode"の値を返します。 引数を与えた場合は"Telnetmode"の値を変更します。

...引数を指定しない場合には"Telnetmode"の値を返します。
引数を与えた場合は"Telnetmode"の値を変更します。

これは telnet の特殊なバイト列を解釈するかどうかを
意味します。

@see Net::Telnet.new...

Tk::Wm#focusmodel(mode = nil) (6201.0)

@todo

@todo

TkWindow#colormodel(model = Tk::None) (6200.0)

@todo

@todo

IRB::Context#math_mode=(opt) (6147.0)

math_mode を有効にするかどうかを指定します。

...math_mode を有効にするかどうかを指定します。

.irbrc ファイル中で IRB.conf[:MATH_MODE] を設定する事でも同様の事が行え
ます。

mathn ライブラリを include するため、math_mode を有効にした後は
無効にする事ができません。

@param o...
...pt math_mode を有効にする場合に true を指定します。

@raise IRB::CantReturnToNormalMode 既に math_mode の状態で opt に
false か nil を指定した場合に発生します。

@see IRB::Context#math_mode...

JSON::State#quirks_mode=(enable) (6133.0)

If set to true, enables the quirks_mode mode.

...If set to true, enables the quirks_mode mode....

絞り込み条件を変える

ARGF.class#inplace_mode -> String | nil (6125.0)

c:ARGF#inplace で書き換えるファイルのバックアップに付加される拡 張子を返します。拡張子が設定されていない場合は空文字列を返します。イン プレースモードでない場合は nil を返します。

...動時の -i オプション や ARGF.class#inplace_mode= で設定します。

例:
# $ echo "test" > test.txt
# $ ruby -i.bak test.rb test.txt
# $ cat test.txt # => "TEST"
# $ cat test.txt.bak # => "test"

# test.rb
ARGF.inplace_mode # => ".bak"
ARGF.each_line {|e|...
...print e.upcase} # => "TEST"

例:
# $ echo "test" > test.txt
# $ ruby test.rb test.txt
# $ cat test.txt # => "test"

# test.rb
ARGF.inplace_mode # => nil
ARGF.each_line {|e|print e.upcase} # => "TEST"

@see d:spec/rubycmd#cmd_option, ARGF.class#inplace_mode=...

JSON::State#quirks_mode -> bool (6118.0)

Returns true, if quirks mode is enabled. Otherwise returns false.

...Returns true, if quirks mode is enabled. Otherwise returns false....
<< 1 2 3 ... > >>