るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
94件ヒット [1-94件を表示] (0.029秒)

別のキーワード

  1. optparse on
  2. optparse getopts
  3. optparse order!
  4. optparse order
  5. optparse parse!

ライブラリ

クラス

モジュール

検索結果

optparse (38234.0)

コマンドラインのオプションを取り扱うためのライブラリです。

...コマンドラインのオプションを取り扱うためのライブラリです。

=== チュートリアル

optparse
を使う場合、基本的には

(1) OptionParser オブジェクト opt を生成する。
(2) オプションを取り扱うブロックを opt に登録する。
(3) o...
...ョンの定義

以下はオプション -a, -b を受け付けるコマンドを作成する例です。

//emlist[sample.rb][ruby]{
require 'optparse'
opt = OptionParser.new

opt.on('-a') {|v| p v }
opt.on('-b') {|v| p v }

opt.parse!(ARGV)
p ARGV
//}

ruby sample.rb -a foo bar -b baz...
...

デフォルトで --help と --version オプションを認識します。

ruby ./sample.rb --help
# => Usage: sample [options]

ruby ./sample.rb --version
# => *出力なし*

--version は、トップレベルに Version 定数が定義されていると出...

OptionParser#version -> String (26101.0)

プログラムのバージョンを文字列で返します。

プログラムのバージョンを文字列で返します。

@return プログラムのバージョンを文字列で返します。


@see OptionParser#ver

OptionParser#version=(ver) (14101.0)

プログラムのバージョンを文字列で指定します。

プログラムのバージョンを文字列で指定します。

@param ver プログラムのバージョンを文字列で指定します。


@see OptionParser#ver

OptionParser#ver -> String (8052.0)

program_name、version と release から生成したバージョンを表す文字列を返します。

...program_name、version と release から生成したバージョンを表す文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
require "optparse"

OptionParser.new do |opts|
opts.banner = "Usage: example.rb [options]"
opts.program_name = "Optparse Example"
opts.version = [0, 1]
opts.release...
...= "2019-05-01"

opts.on_tail("--version", "Show version") do
puts opts.ver # => "Optparse Example 0.1 (2019-05-01)"
exit
end

opts.parse!(ARGV)
end
//}...

OptionParser (8048.0)

コマンドラインのオプションを取り扱うためのクラスです。

...(3) opt.parse(ARGV) でコマンドラインを実際に parse する。

というような流れになります。

//emlist[][ruby]{
require "optparse"
ProgramConfig = Hash.new
opts = OptionParser.new
opts.on("-a"){|v| ProgramConfig[:a] = true } # オプション「-a」がコマンドライン...
...してから exit します。

: --version

OptionParser#ver を表示してから exit します。
OptionParser#ver が定義されていない場合は、そのようにエラーメッセージを出力して abort します。
オプション「--version」に「,」で区切られたクラ...
...、そのクラスおよびモジュールで定義されている定数「Version」および「Release」を表示して、終了します。
//emlist{
$ ruby t.rb --version=OptionParser,URI,OpenSSL
t: OptionParser version 12203 (2007-04-20)
t: URI version 0.9.11
t: OpenSSL version 1.0.0
//}...

絞り込み条件を変える

OptionParser#on_tail(*arg, &block) -> self (8036.0)

オプションを取り扱うためのブロックを自身の持つリストの最後に登録します。

...トの最後に登録します。

--version や --help の説明をサマリの最後に表示したい時に便利です。

@param arg OptionParser#on と同様です。

@param block OptionParser#on と同様です。

//emlist[例][ruby]{
require "optparse"

opts = OptionParser.new do |opts|...
...update
# -h, --help
//}

//emlist[例][ruby]{
require "optparse"

opts = OptionParser.new
opts.on_tail("-h", "--help", "Show this message") do
puts opts
exit
end

opts.on_tail("--version", "Show version") do
puts OptionParser::Version.join('.')
exit
end
//}

@see OptionParser#on, OptionPa...

OptionParser::Arguable#getopts(short_opt, *long_opt) -> Hash (8012.0)

指定された short_opt や long_opt に応じて自身をパースし、結果を Hash として返します。

...オプションが引数をとる場合は直後に ":" を付けます。

@param long_opt ロングネームのオプション(--version や --bufsize=512)を文字列で指定をします。
オプションが引数をとる場合は後ろに ":" を付けます。...
...実際は OptionParser::ParseError のサブク
ラスの例外になります。

//emlist[t.rb][ruby]{
require 'optparse'
params = ARGV.getopts("ab:", "foo", "bar:", "bufsize:1024")
p params
//}

# 実行結果
$ ruby t.rb -b 1 --foo --bar xxx -- -a
{"bufsize"=>...

NEWS for Ruby 3.0.0 (72.0)

NEWS for Ruby 3.0.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...* `in` is changed to return `true` or `false`. 17371

//emlist{
0 => a
p a #=> 0

{b: 0, c: 1} => {b:}
p b #=> 0
//}

//emlist{
# version 3.0
0 in 1 #=> false

# version 2.7
0 in 1 #=> raise NoMatchingPatternError
//}

* Find-pattern is added. [EXPERIMENTAL]
16828

//emlist{
case ["a", 1, "b...
...ate to BigDecimal 3.0.0
* This version is Ractor compatible.
* Bundler
* Update to Bundler 2.2.3
* CGI
* Update to 0.2.0
* This version is Ractor compatible.
* CSV
* Update to CSV 3.1.9
* Date
* Update to Date 3.1.1
* This version is Ractor compatible.
* Digest...
...* drb
* debug
* erb
* find
* net-ftp
* net-http
* net-imap
* net-protocol
* open-uri
* optparse
* pp
* prettyprint
* resolv-replace
* resolv
* rinda
* set
* securerandom
* shellwords
* t...

NEWS for Ruby 2.4.0 (18.0)

NEWS for Ruby 2.4.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...定可能です。12953

* Regexp
* meta character \X matches Unicode 9.0 characters with some workarounds
for UTR #51 Unicode Emoji, Version 4.0 emoji zwj sequences.
* Regexp#match? を追加 8110
true/false を返し、バックリファレンスを生成しません。
*...
.../OpenSSL 2.0
OpenSSL は https://github.com/ruby/openssl に分離されましたが、デフォルトGemとして残っています。

* optparse
* OptionParser#parseやOptionParser#orderにキーワード引数 into を追加 11191

* pathname
* Pathname#empty? を追加 12596...
...hub.com/ruby/xmlrpcが新しいリポジトリです。

* Zlib
* Zlib.gzip, Zlib.gunzip を追加 13020

=== C API の更新

* ruby_show_version() will no longer exits the process, if
RUBY_SHOW_COPYRIGHT_TO_DIE is set to 0. This will be the default in
the future.

* rb_gc_adjust...

NEWS for Ruby 2.7.0 (12.0)

NEWS for Ruby 2.7.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...Comparable#clampや定数やDSLなどで便利かもしれません。
14799

//emlist[][ruby]{
ary[..3] # identical to ary[0..3]

case RUBY_VERSION
when ..."2.4" then puts "EOL"
# ...
end

age.clamp(..100)

where(sales: ..100)
//}

* 「$;」にnil以外の値を設定すると警告が出...
...能の警告を止める例:

//emlist{
$ ruby -e '0 in a'
-e:1: warning: Pattern matching is experimental, and the behavior may change in future versions of Ruby!

$ ruby -W:no-experimental -e '0 in a'
//}

* RUBYOPTで両方止めるにはスペース区切りで指定します:

//emlist{
$ RUB...
...* 不明なオプションに対して "Did you mean?" が表示されるようになりました。 16256

//emlist[test.rb][ruby]{
require "optparse"
OptionParser.new do |opts|
opts.on("-f", "--foo", "foo") {|v| }
opts.on("-b", "--bar", "bar") {|v| }
opts.on("-c", "--baz", "baz") {|v| }...

絞り込み条件を変える