るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
406件ヒット [1-100件を表示] (0.016秒)

別のキーワード

  1. erb run
  2. erb new
  3. erb src
  4. erb result
  5. erb version

モジュール

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

ERB (38060.0)

eRuby スクリプトを処理するクラス。

...

従来 ERbLight と呼ばれていたもので、
標準出力への印字が文字列の挿入とならない点が eruby と異なります。

* https://magazine.rubyist.net/articles/0017/0017-BundledLibraries.html


=== 使い方

ERB
クラスを使うためには require 'erb' する必...
...要があります。

例:

require 'erb'

ERB
.new($<.read).run

=== trim_mode

trim_mode は整形の挙動を変更するオプションです。次の振舞いを指定できます。
* 改行の扱い
* %ではじまる行の扱い (ERB 2.0 から追加されました)


trim_mode に...
...指定できる値は次の通りです。

* ERb-1.4.x 互換の指定方法
* nil, 0: そのまま変換
* 1: 行末が%>のとき改行を出力しない
* 2: 行頭が<%で行末が%>のとき改行を出力しない

* 2.0 からの指定方法
* nil, "": そのまま変換...

ERB.new(str, safe_level=NOT_GIVEN, trim_mode=NOT_GIVEN, eoutvar=NOT_GIVEN, trim_mode: nil, eoutvar: &#39;_erbout&#39;) -> ERB (21223.0)

eRubyスクリプト から ERB オブジェクトを生成して返します。

...eRubyスクリプト から ERB オブジェクトを生成して返します。

@param str eRubyスクリプトを表す文字列

@param safe_level eRubyスクリプトが実行されるときのセーフレベル

@param trim_mode 整形の挙動を変更するオプション

@param eoutvar eR...
...ubyスクリプトの中で出力をためていく変数の名前を表す文
字列。eRuby スクリプトの中でさらに ERB を使うときに変更
します。通常は指定する必要はありません。

Ruby 2.6.0 から位置引数での safe_level, tri...

ERB.new(str, safe_level=nil, trim_mode=nil, eoutvar=&#39;_erbout&#39;) -> ERB (21223.0)

eRubyスクリプト から ERB オブジェクトを生成して返します。

...eRubyスクリプト から ERB オブジェクトを生成して返します。

@param str eRubyスクリプトを表す文字列

@param safe_level eRubyスクリプトが実行されるときのセーフレベル

@param trim_mode 整形の挙動を変更するオプション

@param eoutvar eR...
...ubyスクリプトの中で出力をためていく変数の名前を表す文
字列。eRuby スクリプトの中でさらに ERB を使うときに変更
します。通常は指定する必要はありません。...

ERB#def_method(mod, methodname, fname=&#39;(ERB)&#39;) -> nil (21131.0)

変換した Ruby スクリプトをメソッドとして定義します。

...に活躍します。

@param mod メソッドを定義するモジュール(またはクラス)

@param methodname メソッド名

@param fname スクリプトを定義する際のファイル名

例:

require 'erb'
erb
= ERB.new(script)
erb
.def_method(MyClass, 'foo(bar)', 'foo.erb')...

ERB#set_eoutvar(compiler, eoutvar = &#39;_erbout&#39;) -> Array (21128.0)

ERBの中でeRubyスクリプトの出力をためていく変数を設定します。

...
ERB
の中でeRubyスクリプトの出力をためていく変数を設定します。

ERB
でeRubyスクリプトの出力をためていく変数を設定するために使用します。
この設定は ERB#new でも行えるため、通常はそちらを使用した方がより容易です。...

絞り込み条件を変える

ERB#def_class(superklass=Object, methodname=&#39;erb&#39;) -> Class (21101.0)

変換した Ruby スクリプトをメソッドとして定義した無名のクラスを返します。

変換した Ruby スクリプトをメソッドとして定義した無名のクラスを返します。


@param superklass 無名クラスのスーパークラス

@param methodname メソッド名

ERB#def_module(methodname=&#39;erb&#39;) -> Module (21101.0)

変換した Ruby スクリプトをメソッドとして定義した無名のモジュールを返します。

変換した Ruby スクリプトをメソッドとして定義した無名のモジュールを返します。

@param methodname メソッド名

ERB#result(b=TOPLEVEL_BINDING) -> String (21016.0)

ERB を b の binding で実行し、結果の文字列を返します。

...
ERB
を b の binding で実行し、結果の文字列を返します。

@param b eRubyスクリプトが実行されるときのbinding...

ERB#run(b=TOPLEVEL_BINDING) -> nil (21016.0)

ERB を b の binding で実行し、結果を標準出力へ印字します。

...
ERB
を b の binding で実行し、結果を標準出力へ印字します。

@param b eRubyスクリプトが実行されるときのbinding...

ERB.version -> String (21016.0)

erb.rbのリビジョン情報を返します。

...
erb
.rbのリビジョン情報を返します。...

絞り込み条件を変える

ERB#filename= -> String (21006.0)

エラーメッセージを表示する際のファイル名を設定します。

...する際のファイル名を設定します。

filename を設定しておくことにより、エラーが発生した eRuby スクリプトの特定が容易になります。filename を設定していない場合は、エラー発生箇所は「 (ERB) 」という出力となります。...

ERB#filename -> String (21000.0)

エラーメッセージを表示する際のファイル名を取得します。

エラーメッセージを表示する際のファイル名を取得します。

ERB#src -> String (21000.0)

変換した Ruby スクリプトを取得します。

変換した Ruby スクリプトを取得します。

ERB::DefMethod.#def_erb_method(methodname, erb) -> nil (9272.0)

self に erb のスクリプトをメソッドとして定義します。

... erb のスクリプトをメソッドとして定義します。

メソッド名は methodname で指定します。
erb
が文字列の時、そのファイルを読み込み ERB で変換したのち、メソッドとして定義します。

@param methodname メソッド名

@param erb ERB...
...ンスタンスもしくはERBソースファイル名

例:

require 'erb'
class Writer
extend ERB::DefMethod
def_erb_method('to_html', 'writer.erb')
...
end
...
puts writer.to_html...

Gem::ConfigFile#verbose=(verbose_level) (6200.0)

ログの出力レベルをセットします。

...セットします。

以下の出力レベルを設定することができます。

: false
何も出力しません。
: true
通常のログを出力します。
: :loud
より多くのログを出力します。

@param verbose_level 真偽値またはシンボルを指定します。...

絞り込み条件を変える

DRb::DRbServer#verbose -> bool (6100.0)

サーバが verbose mode ならば真を返します。

...サーバが verbose mode ならば真を返します。

@see DRb::DRbObject#verbose=...

DRb::DRbServer#verbose=(on) (6100.0)

サーバの verbose mode を真偽値で設定します。

...サーバの verbose mode を真偽値で設定します。

verbose mode が on の場合は失敗したメソッド呼出のログが標準出力に出力
されます。

@param on 真を渡すと verbose mode が on になります

@see DRb::DRbObject#verbose...

DRb::DRbServer.verbose -> bool (6100.0)

サーバ起動時の :verbose オプションのデフォルト値を返します。

...サーバ起動時の :verbose オプションのデフォルト値を返します。

@see DRb::DRbServer.new, DRb.#start_service,
DRb::DRbServer.verbose=...
<< 1 2 3 ... > >>