るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
130件ヒット [1-100件を表示] (0.035秒)

別のキーワード

  1. fiber alive?
  2. fiber current
  3. fiber transfer
  4. _builtin fiber
  5. fiber new

検索結果

<< 1 2 > >>

Fiber (38108.0)

ノンプリエンプティブな軽量スレッド(以下ファイバーと呼ぶ)を提供します。 他の言語では coroutine あるいは semicoroutine と呼ばれることもあります。 Thread と違いユーザレベルスレッドとして実装されています。

...係を持ちます。Fiber#resume を呼んだファイバーが親になり
呼ばれたファイバーが子になります。親子関係を壊すような遷移(例えば
自分の親の親のファイバーへ切り替えるような処理)はできません。
例外 FiberError が発生しま...
...す。
できることは
* Fiber#resume により子へコンテキストを切り替える
* Fiber.yield により親へコンテキストを切り替える
の二通りです。この親子関係は一時的なものであり
親ファイバーへコンテキストを切り替えた時点で解...
...るとその親にコンテキストが切り替わります。

なお標準添付ライブラリ fiber を require することにより、
コンテキストの切り替えに制限のない Fiber#transfer が使えるようになります。
任意のファイバーにコンテキストを切り...

Fiber.current -> Fiber (21153.0)

このメソッドが評価されたコンテキストにおける Fiber のインスタンスを返します。

...ッドが評価されたコンテキストにおける Fiber のインスタンスを返します。

例:

fr = Fiber.new do
Fiber
.current
end

fb = fr.resume
p fb.equal?(fr) # => true

p Fiber.current # => #<Fiber:0x91345e4>
p Fiber.current # => #<Fiber:0x91345e4>...

Fiber.new {|obj| ... } -> Fiber (21123.0)

与えられたブロックとともにファイバーを生成して返します。 ブロックは Fiber#resume に与えられた引数をその引数として実行されます。

...ます。
ブロックは Fiber#resume に与えられた引数をその引数として実行されます。

ブロックが終了した場合は親にコンテキストが切り替わります。
その時ブロックの評価値が返されます。

a = nil
f = Fiber.new do |obj|
a = obj...

Fiber#transfer(*args) -> object (21060.0)

自身が表すファイバーへコンテキストを切り替えます。

...表すファイバーへコンテキストを切り替えます。

自身は Fiber#resume を呼んだファイバーの子となります。
Fiber
#resume との違いは、ファイバーが終了したときや Fiber.yield が呼ばれたときは、
ファイバーの親へ戻らずにメイン...
...ァイバーから呼び出した Fiber#resume メソッドの返り値として渡したいオブジェクトを指定します。

@return コンテキスト切り替えの際に、Fiber#resume メソッドに与えられた引数を返します。

@raise FiberError 自身が既に終了してい...
...がる場合、
Fiber
#resume を呼んだファイバーがその親か先祖である場合に発生します。

例:

require 'fiber'

fr1 = Fiber.new do |v|
:fugafuga
end

fr2 = Fiber.new do |v|
fr1.transfer
:fuga
end

fr3 = Fiber.new do |v|
fr...

Fiber#resume(*arg = nil) -> object (21036.0)

自身が表すファイバーへコンテキストを切り替えます。 自身は resume を呼んだファイバーの子となります。

...なります。

ただし、Fiber#transfer を呼び出した後に resume を呼び出す事はでき
ません。

@param arg self が表すファイバーに渡したいオブジェクトを指定します。

@return コンテキストの切り替えの際に Fiber.yield に与えられた引...
...
を返します。ブロックの終了まで実行した場合はブロックの評価結果
を返します。

@raise FiberError 自身が既に終了している場合、コンテキストの切替が
Thread クラスが表すスレッド間をまたがる...
...また、Fiber#transfer を呼び出した後に resume を
呼び出した場合に発生します。

例:

f = Fiber.new do
Fiber
.yield(:hoge)
:fuga
end

p f.resume() #=> :hoge
p f.resume() #=> :fuga
p f.resume() #=> FiberError: dead fiber called...

絞り込み条件を変える

Fiber#alive? -> bool (21030.0)

ファイバーが「生きている」時、真を返します。

...は以下の場合です。

* まだ Fiber#resume されていない
* ブロック内の評価が終了していない (Fiber.yield が呼ばれていない)

例:

fr = Fiber.new{
Fiber
.yield
"a"
}

p fr.alive? # => true
fr.resume # Fiber.yieldで戻ってくる
p fr.alive...

Fiber.yield(*arg = nil) -> object (21024.0)

現在のファイバーの親にコンテキストを切り替えます。

...す。

コンテキストの切り替えの際に Fiber#resume に与えられた引数を yield メソッドは返します。

@param arg 現在のファイバーの親に渡したいオブジェクトを指定します。

@raise FiberError Fiber でのルートファイバーで呼ばれた場...
...合に発生します。


例:

a = nil
f = Fiber.new do
a = Fiber.yield()
end

f.resume()
f.resume(:foo)

p a #=> :foo...

fiber (6022.0)

軽量スレッド Fiber をコルーチン的に扱うためのライブラリです。

...軽量スレッド Fiber をコルーチン的に扱うためのライブラリです。

@see Fiber...

FiberError (6016.0)

Fiber に関するエラーが起きると発生します。

...Fiber に関するエラーが起きると発生します。...

NEWS for Ruby 2.0.0 (48.0)

NEWS for Ruby 2.0.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...ラス: Enumerator::Lazy 遅延列挙用のクラス

* ENV
* ENV.to_h は ENV.to_hash へのエイリアスです

* Fiber
* 非互換: Fiber#resume は Fiber#transfer を呼び出したファイバーを再開できなくなりました

* File
* 拡張: File.fnmatch? は File::F...
...d at thread
creation. default: 512KB or 1024KB.
* RUBY_FIBER_VM_STACK_SIZE: vm stack size used at fiber creation.
default: 64KB or 128KB.
* RUBY_FIBER_MACHINE_STACK_SIZE: machine stack size used at fiber
creation. default: 256KB or 512KB.
* 追加: RubyVM::DEF...
...します

* Thread
* 追加: Thread#thread_variable_get スレッドローカルな変数を取得します
(these are different than Fiber local variables).
* 追加: Thread#thread_variable_set スレッドローカルな変数をセットします
* 追加: Thread#thread_varia...

絞り込み条件を変える

Thread#[](name) -> object | nil (36.0)

name に対応したスレッドに固有のデータを取り出します。 name に対応するスレッド固有データがなければ nil を返し ます。

...<Thread:0x00000002a541a8 dead>: B
# => #<Thread:0x00000002a54130 dead>: C
//}

Thread#[] と Thread#[]= を用いたスレッド固有の変数は
Fiber
を切り替えると異なる変数を返す事に注意してください。

//emlist[][ruby]{
def meth(newvalue)
begin
oldvalue = Thread...
...数に与えるブロックがFiberを切り替える場合は動的スコープとしては
正しく動作しません。

//emlist[][ruby]{
f = Fiber.new {
meth(1) {
Fiber
.yield
}
}
meth(2) {
f.resume
}
f.resume
p Thread.current[:name]
# => nil if fiber-local
# => 2 if thread-local (The...
...value 2 is leaked to outside of meth method.)
//}

Fiber
を切り替えても同じ変数を返したい場合は
Thread#thread_variable_get と Thread#thread_variable_set
を使用してください。

Thread#[]=...
...value 2 is leaked to outside of meth method.)
//}

Fiber
を切り替えても同じ変数を返したい場合は
Thread#thread_variable_get と Thread#thread_variable_set
を使用してください。

@see Thread#fetch, Thread#[]=...

Thread#thread_variable_get(key) -> object | nil (36.0)

引数 key で指定した名前のスレッドローカル変数を返します。

...変数(Fiber ローカル変数)と
異なり、Fiber を切り替えても同じ変数を返す事に注意してください。

例:

Thread.new {
Thread.current.thread_variable_set("foo", "bar") # スレッドローカル
Thread.current["foo"] = "bar" # Fiber ロー...
...カル

Fiber.new {
Fiber
.yield [
Thread.current.thread_variable_get("foo"), # スレッドローカル
Thread.current["foo"], # Fiber ローカル
]
}.resume
}.join.value # => ['bar', nil]

この例の "bar" は Thread#thread_variable_get...

Enumerator (18.0)

each 以外のメソッドにも Enumerable の機能を提供するためのラッパークラスです。 また、外部イテレータとしても使えます。

... Fiber を用いて実装されているため Fiber と同じ制限があります。
例えば以下のようなスレッドをまたいだ呼び出しはエラーになります。

a = nil
Thread.new do
a = [1, 2, 3].each
a.next
end.join

p a.next
#=> t.rb:7:in `next': fiber calle...
...d across threads (FiberError)
from t.rb:7:in `<main>'...

Ruby用語集 (18.0)

Ruby用語集 A B C D E F G I J M N O R S Y

...がブロックを繰り返し実行する。メソッド自体が反復を
行うので内部イテレーターに分類される。

一方、Fiber を使って繰り返し処理を行うオブジェクトを作る
ことができるが、こちらは一回のメソッド呼び出しで一...
...価と呼ぶ。
ブロックの評価で最後に評価された式の値がそのブロックの評価値となる。

: ファイバー
: fiber
Fiber
オブジェクトで表す軽量スレッド。
外部からのメソッド呼び出しで実行の継続を制御する。
ファイバー...

Thread#thread_variable_set(key, value) (12.0)

引数 key で指定した名前のスレッドローカル変数に引数 value をセットしま す。

...カル変数に引数 value をセットしま
す。

[注意]: Thread#[] でセットしたローカル変数(Fiber ローカル変数)と
異なり、セットした変数は Fiber を切り替えても共通で使える事に注意してく
ださい。

//emlist[例][ruby]{
thr = Thread.new do...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 > >>