るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
86件ヒット [1-86件を表示] (0.024秒)
トップページ > クエリ:Array#push[x]

別のキーワード

  1. array fill
  2. array []
  3. array sample
  4. array fetch
  5. array new

ライブラリ

クラス

モジュール

検索結果

Array#push(*obj) -> self (62173.0)

指定された obj を順番に配列の末尾に追加します。 引数を指定しなければ何もしません。

...何もしません。

@param obj 自身に追加したいオブジェクトを指定します。

array
= [1, 2, 3]
array
.push 4
array
.push [5, 6]
array
.push 7, 8
p array # => [1, 2, 3, 4, [5, 6], 7, 8]

@see Array#pop, Array#shift, Array#unshift, Array#<<...

Array#pop(n) -> Array (21191.0)

自身の末尾から要素を取り除いてそれを返します。 引数を指定した場合はその個数だけ取り除き、それを配列で返します。

...例:
array
= [1, [2, 3], 4]
p array.pop # => 4
p array.pop # => [2, 3]
p array # => [1]

p array.pop # => 1
p array.pop # => nil
p array # => []
array
= [1, 2, 3]
p array.pop(2) #=> [2, 3]
p array...
...#=> [1]

@see Array#push, Array#shift, Array#unshift...

Array#shift(n) -> Array (21131.0)

配列の先頭の要素を取り除いてそれを返します。 引数を指定した場合はその個数だけ取り除き、それを配列で返します。

...ます。

@raise ArgumentError 引数に負の数を指定した場合に発生します。



例:

a = [0, 1, 2, 3, 4]
p a.shift #=> 0
p a #=> [1, 2, 3, 4]

p [].shift #=> nil
p [].shift(1) #=> []

@see Array#push, Array#pop, Array#unshift...

Array#pop -> object | nil (21091.0)

自身の末尾から要素を取り除いてそれを返します。 引数を指定した場合はその個数だけ取り除き、それを配列で返します。

...例:
array
= [1, [2, 3], 4]
p array.pop # => 4
p array.pop # => [2, 3]
p array # => [1]

p array.pop # => 1
p array.pop # => nil
p array # => []
array
= [1, 2, 3]
p array.pop(2) #=> [2, 3]
p array...
...#=> [1]

@see Array#push, Array#shift, Array#unshift...

Array#append(*obj) -> self (21073.0)

指定された obj を順番に配列の末尾に追加します。 引数を指定しなければ何もしません。

...何もしません。

@param obj 自身に追加したいオブジェクトを指定します。

array
= [1, 2, 3]
array
.push 4
array
.push [5, 6]
array
.push 7, 8
p array # => [1, 2, 3, 4, [5, 6], 7, 8]

@see Array#pop, Array#shift, Array#unshift, Array#<<...

絞り込み条件を変える

Array#<<(obj) -> self (21036.0)

指定された obj を自身の末尾に破壊的に追加します。

...を返すので、以下のように連続して
書くことができます。

ary = [1]
ary << 2 << 3 << 4
p ary #=> [1, 2, 3, 4]

@param obj 自身に加えたいオブジェクトを指定します。Array#push と違って引数は一つしか指定できません。

@see Array#push...

Array#shift -> object | nil (21031.0)

配列の先頭の要素を取り除いてそれを返します。 引数を指定した場合はその個数だけ取り除き、それを配列で返します。

...ます。

@raise ArgumentError 引数に負の数を指定した場合に発生します。



例:

a = [0, 1, 2, 3, 4]
p a.shift #=> 0
p a #=> [1, 2, 3, 4]

p [].shift #=> nil
p [].shift(1) #=> []

@see Array#push, Array#pop, Array#unshift...

Array#prepend(*obj) -> self (21030.0)

指定された obj を引数の最後から順番に配列の先頭に挿入します。 引数を指定しなければ何もしません。

...たいオブジェクトを指定します。

arr = [1,2,3]
arr.unshift 0
p arr #=> [0, 1, 2, 3]
arr.unshift [0]
p arr #=> [[0], 0, 1, 2, 3]
arr.unshift 1, 2
p arr #=> [1, 2, [0], 0, 1, 2, 3]

@see Array#push, Array#pop, Array#shift...

Array#unshift(*obj) -> self (21030.0)

指定された obj を引数の最後から順番に配列の先頭に挿入します。 引数を指定しなければ何もしません。

...たいオブジェクトを指定します。

arr = [1,2,3]
arr.unshift 0
p arr #=> [0, 1, 2, 3]
arr.unshift [0]
p arr #=> [[0], 0, 1, 2, 3]
arr.unshift 1, 2
p arr #=> [1, 2, [0], 0, 1, 2, 3]

@see Array#push, Array#pop, Array#shift...

Array#join(sep = $,) -> String (21018.0)

配列の要素を文字列 sep を間に挟んで連結した文字列を返します。

...配列に対しては、以下
のような結果になります。

ary = [1,2,3]
ary.push ary
p ary # => [1, 2, 3, [...]]
p ary.join # => ArgumentError: recursive array join

@param sep 間に挟む文字列を指定します。nil のときは空文字列を使い...
...ジェクト
を指定した場合に発生します。

@raise ArgumentError 配列要素が自身を含むような無限にネストした配列に対
して join を呼んだ場合に発生します。

[1, 2, 3].join('-') #=> "1-2-3"

@see Array#*, $,...

絞り込み条件を変える

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (396.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...別名) ((<ruby-dev:20197>))

=== Array

: ((<Array#transpose|Array/transpose>)) [new]

追加

: ((<Array#zip|Enumerable/zip>)) [new]
: ((<Enumerable#zip|Enumerable/zip>)) [new]

追加

: ((<Array#fetch|Array/fetch>)) [new]

追加

: ((<Array#insert|Array/insert>)) [new]

追加 (...
...るようになりました。

=== Array

: ((<Array#first|Array/first>)) [compat]
: ((<Array#last|Array/last>)) [compat]

省略可能な引数を追加

: ((<Array#push|Array/push>)) [compat]
: ((<Array#unshift|Array/unshift>)) [compat]
: ((<Array#insert|Array/insert>)) [compat]

引数が指...
...す)

: ((<Array#[]|Array/[]>)) [compat]
: ((<Array#[]=|Array/[]=>)) [compat]

配列のインデックスとして Symbol を指定した場合、Symbol#to_int を呼ば
す、例外 ((<TypeError>)) が発生するようになりました。
((<ruby-list:37217>))

: ((<Array/Array.new>))...

ruby 1.6 feature (120.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...nux]
""
=> -:1: parse error
ruby 1.7.3 (2002-10-04) [i586-linux]

: SizedQueue#deq, #shift
: SizedQueue#enq

追加(push, pop の別名)。これらが定義されていなかったため、enq などを
呼び出したときスーパークラス Queue の enq が...
...from -:14
ruby 1.6.5 (2001-10-05) [i586-linux]

: Subclass of String and Array

String, Array のサブクラスで特定のメソッドを呼ぶと、String, Array
になっていました。

class Foo < String
end
p Foo.new("").class...
...Foo
Foo
Foo
Foo

class Bar < Array
end
bar = Bar.new
p bar.class
p bar.push(1,2,3)
p bar.class
p bar[0,0].class # => Array ???
p bar[0,1].class
p ((bar * 5).class)

=> -:9...

Marshal フォーマット (60.0)

Marshal フォーマット 2002-04-04 ドラフトのドラフトのドラフトの....

...of the user class

'C': String, Regexp, Array, Hash のサブクラスのインスタンス変数

//emlist{
| 'C' | クラス名(Symbol)の dump | 親クラスのインスタンスの dump |
//}

例 1:

//emlist{
class Foo < String # (or Regexp, Array, Hash)
end
p Marshal.dump(Foo.new("foo"))...
..., '{')
//}

例 2: インスタンス変数あり(Marshalフォーマット/instance variable 参照)

//emlist{
class Foo < String # (or Regexp, Array, Hash)
def initialize(obj)
@foo = obj
super(obj)
end
end
p Marshal.dump(Foo.new("foo")).unpack("x2 a a a c a3 aca3 caca4 aca*")
# => [...
...ge/m).unpack("x2 a c a8 c")
# => ["/", 13, "hogehoge", 4]

p Marshal.dump(/hogehoge/e).unpack("x2 a c a8 c")

# => ["/", 13, "hogehoge", 32]
//}

: Array

'['

//emlist{
| '[' | 要素数(Fixnum形式) | 要素の dump | ... |
//}

例:
//emlist{
p Marshal.dump(["hogehoge", /hogehoge/]).unpack("...

Kernel#DelegateClass(superclass) -> object (12.0)

クラス superclass のインスタンスへメソッドを委譲するクラスを定義し、 そのクラスを返します。

...ラスを定義し、
そのクラスを返します。

@param superclass 委譲先となるクラス

例:

//emlist{
require 'delegate'

class ExtArray < DelegateClass(Array)
def initialize
super([])
end
end
a = ExtArray.new
p a.class # => ExtArray
a.push 25
p a # => [25]
//}...