るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
87件ヒット [1-87件を表示] (0.016秒)
トップページ > クエリ:array[x] > クエリ:sample[x]

別のキーワード

  1. array fill
  2. array []
  3. array slice
  4. array slice!

検索結果

Array#sample(n) -> Array (27224.0)

配列の要素を1個(引数を指定した場合は自身の要素数を越えない範囲で n 個) ランダムに選んで返します。

...を指定した場合に発生します。

@raise ArgumentError 引数 n に負の数を指定した場合に発生します。

例:

a = (1..10).to_a
p a.sample #=> 9
p a.sample #=> 10
p a.sample(3) #=> [1, 9, 3]
p a #=> [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]...

Array#sample(n, random: Random) -> Array (27224.0)

配列の要素を1個(引数を指定した場合は自身の要素数を越えない範囲で n 個) ランダムに選んで返します。

...を指定した場合に発生します。

@raise ArgumentError 引数 n に負の数を指定した場合に発生します。

例:

a = (1..10).to_a
p a.sample #=> 9
p a.sample #=> 10
p a.sample(3) #=> [1, 9, 3]
p a #=> [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]...

Array#sample -> object | nil (27124.0)

配列の要素を1個(引数を指定した場合は自身の要素数を越えない範囲で n 個) ランダムに選んで返します。

...を指定した場合に発生します。

@raise ArgumentError 引数 n に負の数を指定した場合に発生します。

例:

a = (1..10).to_a
p a.sample #=> 9
p a.sample #=> 10
p a.sample(3) #=> [1, 9, 3]
p a #=> [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]...

Array#sample(random: Random) -> object | nil (27124.0)

配列の要素を1個(引数を指定した場合は自身の要素数を越えない範囲で n 個) ランダムに選んで返します。

...を指定した場合に発生します。

@raise ArgumentError 引数 n に負の数を指定した場合に発生します。

例:

a = (1..10).to_a
p a.sample #=> 9
p a.sample #=> 10
p a.sample(3) #=> [1, 9, 3]
p a #=> [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (384.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...より任意
の値を返すことができます。

: 多重代入 [change]

多重代入の規則を見直しました。

# # derived from sample/test.rb
# a = *[]; p a # special case
# def f; yield; end; f {|a| p a} # add (warning)
# def r; return; end;...
...別名) ((<ruby-dev:20197>))

=== Array

: ((<Array#transpose|Array/transpose>)) [new]

追加

: ((<Array#zip|Enumerable/zip>)) [new]
: ((<Enumerable#zip|Enumerable/zip>)) [new]

追加

: ((<Array#fetch|Array/fetch>)) [new]

追加

: ((<Array#insert|Array/insert>)) [new]

追加 (...
...=== その他

: ((<Array#values_at|Array/values_at>)) [new]
: ((<Hash#values_at|Hash/values_at>)) [new]
: ((<ENV/ENV.values_at>)) [new]
: ((<MatchData#values_at|MatchData/values_at>)) [new]
: ((<aStruct#values_at|Struct/values_at>)) [new]

ruby 1.6 の ((<indexes|Array/indexes>)) は、values_a...

絞り込み条件を変える

rss (144.0)

RSS を扱うためのライブラリです。

...]要素; RSS::RDF::Item

3番目のitem要素にアクセスするには以下のようにします。省略さ
れなかったリーダの引数はArray#[]の引数と同じように扱われます。

rss = RSS::Parser.parse(rss_source)
rss.item(2) # => /rdf:RDF/item[3]要素; RSS::RDF::Item...
...在する場合は少し異なります.要素名の複
数形でのメソッドで要素の配列を取得して,その配列に対して
Array
#<<やArray#[]=などを用いて要素を設定します.

rss = RSS::Parser.parse(rss_source)
item = RSS::RDF::Item.new(rdf_about_value)
rss.i...
...],
]

全てのキーは省略可能です.

例えば,xml-stylesheetとしてsample.xslを指定する場合は以下の
ようにします.

rss.xml_stylesheets << RSS::XMLStyleSheet.new({:href => "sample.xsl"})

本当は{:type => "text/xsl"}も指定しないといけないとこ
...

NEWS for Ruby 2.0.0 (78.0)

NEWS for Ruby 2.0.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...のメソッドに対応します

* Array
* 追加: Array#bsearch 二分探索します
* 非互換:
* Array#shuffle! と Array#sample の random パラメータには最大値のみを指定することが可能になりました
* Array#values_at に Range オブジェクト...
...Array#to_a に似ています
* 拡張: Hash#default_proc= default proc をクリアするために nil を渡せるようになりました

* IO
* 非推奨: IO#lines, #bytes, #chars, #codepoints

* Kernel
* 追加: Kernel.#Hash という変換メソッド。Kernel.#Array, Kerne...
...* String#lines Enumerator ではなく Array を返します
* String#chars Enumerator ではなく Array を返します
* String#codepoints Enumerator ではなく Array を返します
* String#bytes Enumerator ではなく Array を返します

* Struct
* 追加: S...

NEWS for Ruby 2.3.0 (78.0)

NEWS for Ruby 2.3.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...k は IO#read_nonblock と同じように `exception: false' オプションをサポートします
11358

* Array
* Array#bsearch_index を追加
10730
* Array#dig を追加
11643

* Comparable
* Comparable#==はもはや例外を rescue しません
7688...
...nSequence
* 実験的な機能としてiseqローダー用の低レベルな操作をするメソッドをいくつか追加
使用例は sample/iseq_loader.rb を見てください。
ローダーには検証機能がないので、編集したバイナリや壊れたバイナリを...
...とバグ修正を除く)

* Array
* Array#select!, Array#keep_if, Array#reject!, Array#delete_if
ブロックが評価される度にレシーバーの配列をすぐに変更しないようになりました。
10714
* Array#flatten と Array#flatten! は与えられたレベ...

ruby 1.8.4 feature (42.0)

ruby 1.8.4 feature ruby 1.8.4 での ruby 1.8.3 からの変更点です。

...hange]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/File.dirname (Win全般) [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/File::Stat#pipe? [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/Array#fill [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/String#scan [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/File.join [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/Thread#pass [b...
...ていたのを修正。

: Array#fill [bug]

#Tue Nov 15 14:39:16 2005 Yukihiro Matsumoto <matz@ruby-lang.org>
#
# * array.c (rb_ary_fill): should adjust array length correctly when
# an array is expanded in the fill process. [ruby-core:06625]

Array
に対してfillとpopを繰...
...の変更履歴は
ext/tk/ChangeLog.tkextlib
を参照してください.

* サンプルスクリプト

: ext/tk/sample/scrollframe.rb [new]

配置したウィジェットの表示範囲をスクロールすることが
できるようなスクロ...

Random#rand -> Float (18.0)

一様な疑似乱数を発生させます。

...える

# 上と同じ種で再初期化
prng = Random.new(1234)
srand(1234)
# Kernel.#rand は Array#sample などの影響を受けて値がずれることがある
[0, 1].sample
prng.rand #=> 0.1915194503788923
rand #=> 0.6221087710398319


@see Kernel...

絞り込み条件を変える

Random#rand(max) -> Integer | Float (18.0)

一様な疑似乱数を発生させます。

...える

# 上と同じ種で再初期化
prng = Random.new(1234)
srand(1234)
# Kernel.#rand は Array#sample などの影響を受けて値がずれることがある
[0, 1].sample
prng.rand #=> 0.1915194503788923
rand #=> 0.6221087710398319


@see Kernel...

Random#rand(range) -> Integer | Float | nil (18.0)

一様な疑似乱数を発生させます。

...える

# 上と同じ種で再初期化
prng = Random.new(1234)
srand(1234)
# Kernel.#rand は Array#sample などの影響を受けて値がずれることがある
[0, 1].sample
prng.rand #=> 0.1915194503788923
rand #=> 0.6221087710398319


@see Kernel...

profile (18.0)

Ruby プログラムのためのプロファイラです。 プロファイラとは効率改善のための調査に用いられるツールのことです。 profile ライブラリは各メソッドの実行時間に関する統計を出力します。

...間と呼ぶことにします。

=== 出力の意味

プロファイルの結果は例えば次のようになります。

$ ruby -r profile sample/sieve.rb 1000
2, 3, 5, 7, 11, 13, 17, 19, 23, 29, 31, 37, 41, 43, 47 … 略 …
% cumulative self self total
time...
....65 214.49 Fixnum#step
31.38 2.88 1.38 2410 0.57 0.57 Array#[]=
27.84 4.10 1.23 2 613.28 2070.31 Range#each
4.26 4.29 0.19 1 187.50 234.38 Array#join
1.06 4.34 0.05 168 0.28 0.28 Fixnum#to_s
0....