るりまサーチ (Ruby 2.6.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
4件ヒット [1-4件を表示] (0.043秒)
トップページ > バージョン:2.6.0[x] > クエリ:String[x] > クエリ:coerce[x]

別のキーワード

  1. string []=
  2. string slice
  3. string slice!
  4. string []
  5. string gsub!

ライブラリ

クラス

キーワード

検索結果

BigDecimal#coerce(other) -> Array (54358.0)

self と other が同じクラスになるよう、self か other を変換し [other, self] という配列にして返します。

self と other が同じクラスになるよう、self か other を変換し [other,
self] という配列にして返します。

@param other 比較または変換するオブジェクト

BigDecimal#coerce は Ruby における強制型変換のための機能です。
BigDecimal オブジェクトとその他のオブジェクト間の各種の計算は
BigDecimal#coerce の結果を元に行われます。

例:

require "bigdecimal"
a = BigDecimal("1.0")
b = a / 2.0 # => 0.5

other に R...

NEWS for Ruby 2.5.0 (361.0)

NEWS for Ruby 2.5.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

NEWS for Ruby 2.5.0
このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

それぞれのエントリーは参照情報があるため短いです。
十分な情報と共に書かれた全ての変更のリストは ChangeLog ファイルか bugs.ruby-lang.org の issue を参照してください。

== 2.4.0 以降の変更

=== 言語仕様の変更

* トップレベルの定数参照を削除しました 11547
* do/end ブロック内部で rescue/else/ensure を書けるようになりました 12906
* 文字列の式展...

bigdecimal (91.0)

bigdecimal は浮動小数点数演算ライブラリです。 任意の精度で 10 進表現された浮動小数点数を扱えます。

bigdecimal は浮動小数点数演算ライブラリです。
任意の精度で 10 進表現された浮動小数点数を扱えます。

例:

require 'bigdecimal'
a = BigDecimal("0.123456789123456789")
b = BigDecimal("123456.78912345678", 40)
print a + b # => 0.123456912580245903456789E6

一般的な 10 進数の計算でも有用です。2 進数の浮動小数点演算には微小な誤
差があるのに対し、BigDecimal では正確な値を得る事ができます。

例1: ...

Ruby用語集 (73.0)

Ruby用語集 === A

Ruby用語集
=== A


: AWK
エイホ(A)、ワインバーガー(W)、カーニハン(K)による
小型のスクリプト言語。

=== B


: blade
ml archive (http://blade.nagaokaut.ac.jp/ruby/)

=== C


: Coerce
数値の型変換を行うメソッド。数値計算のメソッドは自分の知らな
いインスタンスが引数として渡された時にはcoerce
メソッドを使って変換を行うように取り決められている。
coerceメソッドは引数として与えられた値(を変換し
た値)と自分(必要ならば変換した値)のペアを返...