るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
62件ヒット [1-62件を表示] (0.018秒)
トップページ > クエリ:IO[x] > クエリ:mtime[x]

別のキーワード

  1. io popen
  2. io pipe
  3. io lines
  4. io each
  5. io readlines

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

File#mtime -> Time (18113.0)

最終更新時刻を Time オブジェクトとして返します。

...て返します。

@raise IOError 自身が close されている場合に発生します。

@raise Errno::EXXX ファイルの時刻の取得に失敗した場合に発生します。

//emlist[例:][ruby]{
IO
.write("testfile", "test")
File.open("testfile") { |f| f.mtime } # => 2017-12-21 22:58:1...

File.mtime(filename) -> Time (18113.0)

最終更新時刻を返します。

...を返します。

@param filename ファイル名を表す文字列か IO オブジェクトを指定します。

@raise Errno::EXXX ファイルの時刻の取得に失敗した場合に発生します。

例:
File.mtime(__FILE__) # => 2017-12-03 03:16:22 +0900...

Shell#mtime(filename) -> Time (18113.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

...e クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列か IO オブジェクトを指定します。

@see File.mtime...

Shell::CommandProcessor#mtime(filename) -> Time (18113.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

...e クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列か IO オブジェクトを指定します。

@see File.mtime...

Shell::Filter#mtime(filename) -> Time (18113.0)

File クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

...e クラスにある同名のクラスメソッドと同じです.

@param filename ファイル名を表す文字列か IO オブジェクトを指定します。

@see File.mtime...

絞り込み条件を変える

FileUtils.options -> Array (6106.0)

オプション名の配列を返します。

...オプション名の配列を返します。

require 'fileutils'
FileUtils.options
# => ["verbose", "mode", "noop", "parents", "force", "preserve", "dereference_root", "remove_destination", "secure", "mtime", "nocreate"]...
...ョン名の配列を返します。

require 'fileutils'
FileUtils.options
# => ["noop", "verbose", "force", "mode", "parents", "owner", "group", "preserve", "dereference_root", "remove_destination", "secure", "mtime", "nocreate"]...

FileUtils.#touch(list, options = {}) -> () (128.0)

list で指定されたファイルの最終変更時刻 (mtime) と アクセス時刻 (atime) を変更します。

...list で指定されたファイルの最終変更時刻 (mtime) と
アクセス時刻 (atime) を変更します。

list で指定されたファイルが存在しない場合は空のファイルを作成します。

@param list 対象のファイル。一つの場合は文字列も指定可...
...る場合は配列で指定します。

@param options :mtime, :nocreate, :noop, :verbose が指定できます。
c:FileUtils#options

例:

require 'fileutils'
FileUtils.touch('timestamp')
FileUtils.touch('timestamp', :mtime => Time.now)
FileUtils.touch(Dir.glob('*.c'))...

NEWS for Ruby 2.5.0 (42.0)

NEWS for Ruby 2.5.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...非推奨になりました。C拡張のベースクラスでしたが、Rubyレベルに公開するのをやめました。3072

* Exception
* Exception#full_message を追加 14141 [実験的]
例外の文字列表現を取得します。その文字列は捕捉されない例外をRu...
... IOError を発生させます
13568
* File.stat, File.exist? など rb_stat() を使用しているメソッドではGVLを解放するようになりました
13941
* File.rename GVL を解放するようになりました 13951
* File::Stat#atime, File::Stat#mtime, File...
...追加 8499

* IO
* IO.copy_stream は copy_file_range(2) を使うようになりました。また、その実装が使えない場合は他の実装へフォールバックするようにしました 13867
* IO#pread を追加 4532
* IO#pwrite を追加 4532
* IO#write 複数の...

File#atime -> Time (12.0)

最終アクセス時刻を Time オブジェクトとして返します。

...Time オブジェクトとして返します。

@raise IOError 自身が close されている場合に発生します。

@raise Errno::EXXX ファイルの時刻の取得に失敗した場合に発生します。

//emlist[例:][ruby]{
IO
.write("testfile", "test")
File.open("testfile") { |f| f.a...
...time } # => 2017-12-21 22:58:17 +0900
//}

@see File#lstat, File#ctime, File#mtime...
...time } # => 2017-12-21 22:58:17 +0900
//}

@see File#lstat, File#ctime, File#mtime, File#birthtime...

File#ctime -> Time (12.0)

状態が最後に変更された時刻を Time オブジェクトとして返します。状態の変更とは chmod などによるものです。

...変更とは chmod などによるものです。

@raise IOError 自身が close されている場合に発生します。

@raise Errno::EXXX ファイルの時刻の取得に失敗した場合に発生します。

//emlist[例:][ruby]{
IO
.write("testfile", "test")
File.open("testfile") { |f| f....
...ctime } # => 2017-12-21 22:58:17 +0900
//}

@see File#lstat, File#atime, File#mtime...
...ctime } # => 2017-12-21 22:58:17 +0900
//}

@see File#lstat, File#atime, File#mtime, File#birthtime...

絞り込み条件を変える

File.stat(filename) -> File::Stat (12.0)

filename の情報を含む File::Stat オブジェクトを生成し て返します。

...

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@raise Errno::EXXX 情報の取得に失敗した場合に発生します。

例:
File.stat("testfile").class # => File::Stat
File.stat("testfile").mtime # => 2017-12-10 01:13:56 +0900

@see IO#stat, File#lstat...