るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
63件ヒット [1-63件を表示] (0.020秒)
トップページ > クエリ:KeyError[x]

別のキーワード

  1. _builtin keyerror
  2. keyerror new
  3. keyerror
  4. keyerror keyerror
  5. keyerror _builtin

ライブラリ

クラス

オブジェクト

キーワード

検索結果

KeyError (38006.0)

Hash#fetch などで key に対応する value がない場合に発生します。

...alue がない場合に発生します。

Ruby 1.8 以前では同様の場面で IndexError が発生していました。
互換性のため、KeyError は IndexError のサブクラスになっています。...

KeyError.new(error_message = "") -> KeyError (21110.0)

例外オブジェクトを生成して返します。

...となったメソッド呼び出しのレシーバ
@param key 原因となったメソッド呼び出しのキー

//emlist[例][ruby]{
h = {foo: 1}
err = KeyError.new("Message", receiver: h, key: :bar)
p err.message # => "Message"
p err.receiver # => {:foo=>1}
p err.key # => :bar
//}...

KeyError.new(error_message = "", key:) -> KeyError (21110.0)

例外オブジェクトを生成して返します。

...となったメソッド呼び出しのレシーバ
@param key 原因となったメソッド呼び出しのキー

//emlist[例][ruby]{
h = {foo: 1}
err = KeyError.new("Message", receiver: h, key: :bar)
p err.message # => "Message"
p err.receiver # => {:foo=>1}
p err.key # => :bar
//}...

KeyError.new(error_message = "", receiver:) -> KeyError (21110.0)

例外オブジェクトを生成して返します。

...となったメソッド呼び出しのレシーバ
@param key 原因となったメソッド呼び出しのキー

//emlist[例][ruby]{
h = {foo: 1}
err = KeyError.new("Message", receiver: h, key: :bar)
p err.message # => "Message"
p err.receiver # => {:foo=>1}
p err.key # => :bar
//}...

KeyError.new(error_message = "", receiver:, key:) -> KeyError (21110.0)

例外オブジェクトを生成して返します。

...となったメソッド呼び出しのレシーバ
@param key 原因となったメソッド呼び出しのキー

//emlist[例][ruby]{
h = {foo: 1}
err = KeyError.new("Message", receiver: h, key: :bar)
p err.message # => "Message"
p err.receiver # => {:foo=>1}
p err.key # => :bar
//}...

絞り込み条件を変える

KeyError#key -> object (21022.0)

KeyError の原因となったメソッド呼び出しのキーを返します。

...
KeyError
の原因となったメソッド呼び出しのキーを返します。

@raise ArgumentError キーが設定されていない時に発生します。

例:

h = Hash.new
begin
h.fetch('gumby'*20)
rescue KeyError => e
p e.message # => "key not found: \"gumbygumby...

KeyError#receiver -> object (21022.0)

KeyError の原因となったメソッド呼び出しのレシーバを返します。

...
KeyError
の原因となったメソッド呼び出しのレシーバを返します。

@raise ArgumentError レシーバが設定されていない時に発生します。

例:

h = Hash.new
begin
h.fetch('gumby'*20)
rescue KeyError => e
p e.message # => "key not found:...

OpenSSL::PKey::PKeyError (6000.0)

OpenSSL の公開鍵関連のエラーの場合に発生する例外

OpenSSL の公開鍵関連のエラーの場合に発生する例外

Hash#fetch(key, default = nil) {|key| ... } -> object (18.0)

key に関連づけられた値を返します。該当するキーが登録されてい ない時には、引数 default が与えられていればその値を、ブロッ クが与えられていればそのブロックを評価した値を返します。

...y 探索するキーを指定します。
@param default 該当するキーが登録されていない時の返り値を指定します。
@raise KeyError 引数defaultもブロックも与えられてない時、キーの探索に失敗すると発生します。

h = {one: nil}
p h[:one],h[...
...か判別できない。
p h.fetch(:one) #=> nil
p h.fetch(:two) # エラー key not found (KeyError)
p h.fetch(:two,"error") #=> "error"
p h.fetch(:two){|key|"#{key} not exist"} #=> "two not exist"
p h.fetch(:two, "error")...
...exist"
"#{key} not exit" # warning: block supersedes default value argument
} # 警告が表示される。

h.default = "default"
p h.fetch(:two) # エラー key not found (KeyError)

@see Hash#[]...

Hash#fetch_values(key, ...) -> [object] (18.0)

引数で指定されたキーに関連づけられた値の配列を返します。

...クが与えられていない時は
KeyError
が発生します。

self にデフォルト値が設定されていても無視されます(挙動に変化がありません)。

@param key 探索するキーを任意個指定します。

@raise KeyError ブロックが与えられてない時...
..."feline", "dog" => "canine", "cow" => "bovine" }

h.fetch_values("cow", "cat") # => ["bovine", "feline"]
h.fetch_values("cow", "bird") # raises KeyError
h.fetch_values("cow", "bird") { |k| k.upcase } # => ["bovine", "BIRD"]

@see Hash#values_at, Hash#fetch...

絞り込み条件を変える

Hash#fetch_values(key, ...) { |key| ... } -> [object] (18.0)

引数で指定されたキーに関連づけられた値の配列を返します。

...クが与えられていない時は
KeyError
が発生します。

self にデフォルト値が設定されていても無視されます(挙動に変化がありません)。

@param key 探索するキーを任意個指定します。

@raise KeyError ブロックが与えられてない時...
..."feline", "dog" => "canine", "cow" => "bovine" }

h.fetch_values("cow", "cat") # => ["bovine", "feline"]
h.fetch_values("cow", "bird") # raises KeyError
h.fetch_values("cow", "bird") { |k| k.upcase } # => ["bovine", "BIRD"]

@see Hash#values_at, Hash#fetch...

NEWS for Ruby 2.5.0 (18.0)

NEWS for Ruby 2.5.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...at は第2引数の精度を指定するための第3引数を指定できるようになりました
13919

* KeyError
* KeyError#receiver を追加 12063
* KeyError#key を追加 12063

* FrozenError
* 新しい例外クラスです 13224

=== 標準添付ライブラリの...

NEWS for Ruby 2.6.0 (12.0)

NEWS for Ruby 2.6.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...、引き続き Ruby 自体が作成するディスクリプタに FD_CLOEXEC フラグは設定されます。) 14907

* KeyError
* 新規オプション
* KeyError.new に :receiver と :key にオプションが追加されて
Ruby コードからも設定できるようにな...

ENV.fetch(key) -> String (6.0)

key に関連づけられた値を返します。該当するキーが登録されてい ない時には、引数 default が与えられていればその値を、ブロッ クが与えられていればそのブロックを評価した値を返します。そのいずれ でもなければ例外が発生します。

...to_str メソッドによる暗黙の型変換を試みます。
@param default keyに対応する環境変数の値がないときにこの値を返します。
@raise KeyError 引数defaultもブロックも与えられてない時、キーの探索に失敗すると発生します。...

ENV.fetch(key) {|key| ... } -> String (6.0)

key に関連づけられた値を返します。該当するキーが登録されてい ない時には、引数 default が与えられていればその値を、ブロッ クが与えられていればそのブロックを評価した値を返します。そのいずれ でもなければ例外が発生します。

...to_str メソッドによる暗黙の型変換を試みます。
@param default keyに対応する環境変数の値がないときにこの値を返します。
@raise KeyError 引数defaultもブロックも与えられてない時、キーの探索に失敗すると発生します。...

絞り込み条件を変える

ENV.fetch(key, default) -> String (6.0)

key に関連づけられた値を返します。該当するキーが登録されてい ない時には、引数 default が与えられていればその値を、ブロッ クが与えられていればそのブロックを評価した値を返します。そのいずれ でもなければ例外が発生します。

...to_str メソッドによる暗黙の型変換を試みます。
@param default keyに対応する環境変数の値がないときにこの値を返します。
@raise KeyError 引数defaultもブロックも与えられてない時、キーの探索に失敗すると発生します。...

Thread#fetch(name, default = nil) {|name| ... } -> object (6.0)

name に関連づけられたスレッドに固有のデータを返します。 name に対応するスレッド固有データがない時には、引数 default が 与えられていればその値を、ブロックが与えられていれば そのブロックを評価した値を返します。

...Symbol で指定します。
@param default name に対応するスレッド固有データがない時の返り値を指定します。
@raise KeyError 引数defaultもブロックも与えられてない時、
name に対応するスレッド固有データがないと発生しま...

ruby 1.9 feature (6.0)

ruby 1.9 feature ruby version 1.9.0 は開発版です。 以下にあげる機能は将来削除されたり互換性のない仕様変更がなされるかもしれません。 1.9.1 以降は安定版です。 バグ修正がメインになります。

...w]
: DateTime#to_time [lib][new]
: DateTime#to_date [lib][new]
: DateTime#to_datetime [lib][new]

追加 ((<ruby-dev:24250>))

=== 2004-09-22

: KeyError [new]
: Hash#key [new]
: Hash#index [obsolete]

((<ruby-talk:113279>))
((<URL:http://www.rubyist.net/~matz/20040922.html#p01>))

=== 2004-09...