るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
58件ヒット [1-58件を表示] (0.026秒)
トップページ > クエリ:IO::WaitReadable[x]

別のキーワード

  1. io popen
  2. io pipe
  3. io each_line
  4. io readlines
  5. io each

ライブラリ

クラス

モジュール

検索結果

IO::WaitReadable (23000.0)

例外が読み込み待ちで発生したことを意味します。

例外が読み込み待ちで発生したことを意味します。

例外オブジェクトに extend されます。詳しくは
IO#read_nonblock を参照してください。

OpenSSL::Buffering#write_nonblock(s) -> Integer (12.0)

文字列 s をノンブロッキングモードで書き込みます。

...te_nonblock と同様です。しかし以下のような
違いもあります。

このメソッドはソケットが読み込み不可能(IO::WaitReadable)
という理由で
例外を発生させる可能性があります。暗号プロトコルの関係上
データの書き込みになんら...
...態になるのを
待つ必要がある場合に発生します。
読み込み可能状態を待つ必要がある場合には IO::WaitReadable を、
書き込み可能状態を待つ必要がある場合には IO::WaitWritable を、
それぞれ extend した例外...

UDPSocket#recvfrom_nonblock(maxlen, flags=0) -> [String, Array] (12.0)

ソケットをノンブロッキングモードに設定した後、 recvfrom(2) でソケットからデータを受け取ります。

...Errno::EWOULDBLOCK、Errno::EAGAIN のような待ってからリトライすることが
可能であることを意味する例外には、IO::WaitReadable が extend
されています。

require 'socket'
s1 = UDPSocket.new
s1.bind("127.0.0.1", 0)
s2 = UDPSocket.new
s2.bind("127.0.0.1...
...emulate blocking recvfrom
p s2.recvfrom_nonblock(10)
#=> ["aaa", ["AF_INET", 33302, "localhost.localdomain", "127.0.0.1"]]
rescue IO::WaitReadable
IO.select([s2])
retry
end

@param maxlen 受け取るデータの最大バイト数
@param flags フラグ
@see IPSocket#recvfrom...

UNIXServer#accept_nonblock -> UnixSocket (12.0)

ソケットをノンブロッキングモードに設定した後、 accept(2) を呼び出します。

...外には IO::WaitReadable が extend
されます。それを利用してリトライ可能な例外を掴まえることができます。

require 'socket'
serv = UNIXServer.new("/tmp/sock")
begin # emulate blocking accept
sock = serv.accept_nonblock
rescue IO::WaitReadable, Errno::EI...

IO#read_nonblock(maxlen, outbuf = nil, exception: true) -> String | Symbol | nil (6.0)

IO をノンブロッキングモードに設定し、 その後で read(2) システムコールにより 長さ maxlen を上限として読み込み、文字列として返します。 EAGAIN, EINTR などは Errno::EXXX 例外として呼出元に報告されます。

...元に報告されます。

発生した例外 がErrno::EAGAIN、 Errno::EWOULDBLOCK である場合は、
その例外オブジェクトに IO::WaitReadable が Object#extend
されます。

なお、バッファが空でない場合は、read_nonblock はバッファから読み込みます。...

絞り込み条件を変える

NEWS for Ruby 2.3.0 (6.0)

NEWS for Ruby 2.3.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

..., BasicSocket#recvmsg_nonblock,
BasicSocket#sendmsg_nonblock に `exception: false` オプションを追加しました。
例外 IO::WaitReadable や IO::WaitWritable を発生させるかわりに :wait_readable, :wait_writable を返すためです。
10532
11229
* Ba...

OpenSSL::Buffering#read_nonblock(maxlen, buf) -> String (6.0)

通信路から maxlen バイトを上限としてデータを読み込み、 文字列として返します。

...態になるのを
待つ必要がある場合に発生します。
読み込み可能状態を待つ必要がある場合には IO::WaitReadable を、
書き込み可能状態を待つ必要がある場合には IO::WaitWritable を、
それぞれ extend した例外...

OpenSSL::SSL::SSLSocket#accept_nonblock -> self (6.0)

ノンブロッキング方式で TLS/SSL 通信をサーバモードとして開始し、 クライアントとのハンドシェイクを実行します。

...態になるのを
待つ必要がある場合に発生します。
読み込み可能状態を待つ必要がある場合には IO::WaitReadable を、
書き込み可能状態を待つ必要がある場合には IO::WaitWritable を、
それぞれ extend した例外...

OpenSSL::SSL::SSLSocket#connect_nonblock -> self (6.0)

ノンブロッキング方式で TLS/SSL 通信をクライアントモードとして開始し、 サーバとのハンドシェイクを実行します。

...態になるのを
待つ必要がある場合に発生します。
読み込み可能状態を待つ必要がある場合には IO::WaitReadable を、
書き込み可能状態を待つ必要がある場合には IO::WaitWritable を、
それぞれ extend した例外...

Socket#recvfrom_nonblock(maxlen, flags=0) -> [String, Addrinfo] (6.0)

ソケットをノンブロッキングモードに設定した後、 recvfrom(2) を呼び出します。

...Errno::EWOULDBLOCK、Errno::EAGAIN のような待ってからリトライすることが
可能であることを意味する例外には、IO::WaitReadable が extend
されています。

@param maxlen ソケットから受けとるデータの最大値
@param flags フラグ
@raise Errno::EXXX...

絞り込み条件を変える