るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
338件ヒット [201-300件を表示] (0.007秒)
トップページ > クラス:Float[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< < 1 2 3 4 > >>

Float#rationalize(eps) -> Rational (1.0)

自身から eps で指定した許容誤差の範囲に収まるような Rational を返 します。

自身から eps で指定した許容誤差の範囲に収まるような Rational を返
します。

eps を省略した場合は誤差が最も小さくなるような Rational を返しま
す。

@param eps 許容する誤差

例:

0.3.rationalize #=> (3/10)
1.333.rationalize #=> (1333/1000)
1.333.rationalize(0.01) #=> (4/3)

Float#round(ndigits = 0) -> Integer | Float (1.0)

自身ともっとも近い整数もしくは実数を返します。

...653589793
t.round(3) #=> 3.142
t.round(0) #=> 3
t.round(1) #=> 3.1

t = t**10 #=> 93648.04747608298
t.round(-0) #=> 93648
t.round(-1) #=> 93650
t.round(-2) #=> 93600
t.round(-3) #=> 94000
t.round(-100) #=> 0


@see Float#ceil, Float#floor, Float#truncate...
...#=> 93600
t.round(-3) #=> 94000
t.round(-100) #=> 0

2.5.round(half: :up) #=> 3
2.5.round(half: :even) #=> 2
2.5.round(half: :down) #=> 2
3.5.round(half: :up) #=> 4
3.5.round(half: :even) #=> 4
3.5.round(half: :down) #=> 3

@see Float#ceil, Float#floor, Float#truncate...

Float#round(ndigits = 0, half: :up) -> Integer | Float (1.0)

自身ともっとも近い整数もしくは実数を返します。

...#=> 93600
t.round(-3) #=> 94000
t.round(-100) #=> 0

2.5.round(half: :up) #=> 3
2.5.round(half: :even) #=> 2
2.5.round(half: :down) #=> 2
3.5.round(half: :up) #=> 4
3.5.round(half: :even) #=> 4
3.5.round(half: :down) #=> 3

@see Float#ceil, Float#floor, Float#truncate...

Float#taguri -> String (1.0)

自身のタグ URI を返します。

自身のタグ URI を返します。

Float#taguri=(val) (1.0)

自身のタグ URI を val に設定します。

自身のタグ URI を val に設定します。

@param val タグ URI を文字列で指定します。

絞り込み条件を変える

Float#to_d -> BigDecimal (1.0)

自身を BigDecimal に変換します。

...身を BigDecimal に変換します。

@param prec 計算結果の精度。省略した場合は Float::DIG + 1 です。

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

自身を一度 Float#to_s で文字列に変換してから
Kernel.#BigDecimal で生成するので、精度に注意...

Float#to_d(prec) -> BigDecimal (1.0)

自身を BigDecimal に変換します。

...身を BigDecimal に変換します。

@param prec 計算結果の精度。省略した場合は Float::DIG + 1 です。

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

自身を一度 Float#to_s で文字列に変換してから
Kernel.#BigDecimal で生成するので、精度に注意...

Float#to_f -> self (1.0)

self を返します。

self を返します。

例:

3.14.to_f #=> 3.14

Float#to_i -> Integer (1.0)

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

例:

3.14.to_i #=> 3

@see Numeric#round, Numeric#ceil, Numeric#floor

Float#to_r -> Rational (1.0)

自身を Rational に変換します。

自身を Rational に変換します。

例:

0.5.to_r # => (1/2)

絞り込み条件を変える

Float#to_s -> String (1.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

固定小数点、浮動小数点の形式か、 "Infinity"、"-Infinity"、"NaN" のいず
れかを返します。

@return 文字列を返します。

例:

0.00001.to_s # => "1.0e-05"
3.14.to_s # => "3.14"
10000_00000_00000.0.to_s # => "100000000000000.0"
10000_00000_00000_00000.0.to_s # => "1.0e+19"
(1.0/...

Float#to_yaml(opts = {}) -> String (1.0)

自身を YAML ドキュメントに変換します。

自身を YAML ドキュメントに変換します。

@param opts YAML ドキュメント出力の際のオプションを指定します。
オプションの詳細は Syck::Emitter#reset を参照し
てください。

require 'yaml'
print 1.0.to_yaml # => --- 1.0
print -1.0.to_yaml # => --- -1.0
print (1.0/0.0).to_yaml # => --- .Inf
print (-1.0/0.0).to_yaml #...

Float#truncate -> Integer (1.0)

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

例:

3.14.to_i #=> 3

@see Numeric#round, Numeric#ceil, Numeric#floor

Float#zero? -> bool (1.0)

自身がゼロの時、trueを返します。そうでない場合は false を返します。

自身がゼロの時、trueを返します。そうでない場合は false を返します。

例:

10.0.zero? #=> false
0.zero? #=> true
0.0.zero? #=> true

Float.yaml_tag_subclasses? -> true (1.0)

常に true を返します。

常に true を返します。

ライブラリ内部で使用します。

絞り込み条件を変える

Float::DIG -> Integer (1.0)

Float が表現できる最大の 10 進桁数です。

...
Float
が表現できる最大の 10 進桁数です。

通常はデフォルトで 15 です。...

Float::EPSILON -> Float (1.0)

1.0 + Float::EPSILON != 1.0 となる最小の正の値です。

...1.0 + Float::EPSILON != 1.0 となる最小の正の値です。

通常はデフォルトで 2.2204460492503131e-16 です。...

Float::INFINITY -> Float (1.0)

浮動小数点数における正の無限大です。

...浮動小数点数における正の無限大です。

負の無限大は -Float::INFINITY です。

@see Float#finite?, Float#infinite?...

Float::MANT_DIG -> Integer (1.0)

仮数部の Float::RADIX 進法での桁数です。

...仮数部の Float::RADIX 進法での桁数です。

通常はデフォルトで 53 です。...

Float::MAX -> Float (1.0)

Float が取り得る最大の有限の値です。

...
Float
が取り得る最大の有限の値です。

通常はデフォルトで 1.7976931348623157e+308 です。

@see Float::MIN...

絞り込み条件を変える

Float::MAX_10_EXP -> Integer (1.0)

最大の 10 進の指数です。

...最大の 10 進の指数です。

通常はデフォルトで 308 です。

@see Float::MIN_10_EXP...

Float::MAX_EXP -> Integer (1.0)

最大の Float::RADIX 進の指数です。

...最大の Float::RADIX 進の指数です。

通常はデフォルトで 1024 です。

@see Float::MIN_EXP...
<< < 1 2 3 4 > >>