るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
90件ヒット [1-90件を表示] (0.173秒)
トップページ > クラス:Float[x] > クエリ:/[x]

別のキーワード

  1. rexml/document new
  2. rexml/document write
  3. rexml/document to_s
  4. rexml/document clone
  5. rexml/document node_type

ライブラリ

キーワード

検索結果

Float#/(other) -> Float (18113.0)

算術演算子。商を計算します。

...算術演算子。商を計算します。

@param other 二項演算の右側の引数(対象)

/
/emlist[例][ruby]{
# 商
1.3 / 2.4 # => 0.541666666666667
1.0 / 0 # => Infinity
/
/}...

Float#to_d -> BigDecimal (37.0)

自身を BigDecimal に変換します。

...した場合は Float::DIG + 1 です。

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

自身を一度 Float#to_s で文字列に変換してから
Kernel.#BigDecimal で生成するので、精度に注意してください。

require 'bigdecimal'
require 'bigdecimal/util'
1.0.to_d....
...to_s # => "0.1E1"
(1.0/0).to_d.to_s # => "Infinity"

((1.0/3).to_d/(2.0/3).to_d).to_s # => "0.499999999999999250000000000000375E0"
((1.0/3)/(2.0/3)).to_d.to_s # => "0.5E0"

@raise ArgumentError prec に負の数を指定した場合に発生します。...

Float#to_d(prec) -> BigDecimal (37.0)

自身を BigDecimal に変換します。

...した場合は Float::DIG + 1 です。

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

自身を一度 Float#to_s で文字列に変換してから
Kernel.#BigDecimal で生成するので、精度に注意してください。

require 'bigdecimal'
require 'bigdecimal/util'
1.0.to_d....
...to_s # => "0.1E1"
(1.0/0).to_d.to_s # => "Infinity"

((1.0/3).to_d/(2.0/3).to_d).to_s # => "0.499999999999999250000000000000375E0"
((1.0/3)/(2.0/3)).to_d.to_s # => "0.5E0"

@raise ArgumentError prec に負の数を指定した場合に発生します。...

Float#rationalize -> Rational (19.0)

自身から eps で指定した許容誤差の範囲に収まるような Rational を返 します。

...ational を返
します。

eps を省略した場合は誤差が最も小さくなるような Rational を返しま
す。

@param eps 許容する誤差

/
/emlist[例][ruby]{
0.3.rationalize # => (3/10)
1.333.rationalize # => (1333/1000)
1.333.rationalize(0.01) # => (4/3)
/
/}...
...Rational を返
します。

eps を省略した場合は誤差が最も小さくなるような Rational を返しま
す。

@param eps 許容する誤差

/
/emlist[例][ruby]{
0.3.rationalize # => (3/10)
1.333.rationalize # => (1333/1000)
1.333.rationalize(0.01) # => (4/3)
/
/}...

Float#rationalize(eps) -> Rational (19.0)

自身から eps で指定した許容誤差の範囲に収まるような Rational を返 します。

...ational を返
します。

eps を省略した場合は誤差が最も小さくなるような Rational を返しま
す。

@param eps 許容する誤差

/
/emlist[例][ruby]{
0.3.rationalize # => (3/10)
1.333.rationalize # => (1333/1000)
1.333.rationalize(0.01) # => (4/3)
/
/}...
...Rational を返
します。

eps を省略した場合は誤差が最も小さくなるような Rational を返しま
す。

@param eps 許容する誤差

/
/emlist[例][ruby]{
0.3.rationalize # => (3/10)
1.333.rationalize # => (1333/1000)
1.333.rationalize(0.01) # => (4/3)
/
/}...

絞り込み条件を変える

Float#infinite? -> 1 | -1 | nil (13.0)

数値が +∞ のとき 1、-∞のとき -1 を返します。それ以外は nil を返 します。

...とき -1 を返します。それ以外は nil を返
します。

/
/emlist[例][ruby]{
inf = 1.0/0
p inf # => Infinity
p inf.infinite? # => 1

inf = -1.0/0
p inf # => -Infinity
p inf.infinite? # => -1
/
/}...

Float#inspect -> String (13.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

...列を返します。

/
/emlist[例][ruby]{
0.00001.to_s # => "1.0e-05"
3.14.to_s # => "3.14"
10000_00000_00000.0.to_s # => "100000000000000.0"
10000_00000_00000_00000.0.to_s # => "1.0e+19"
(1.0/0.0).to_s # => "Infinity"
(0.0/0.0).to_s # => "NaN"
/
/}...

Float#to_s -> String (13.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

...列を返します。

/
/emlist[例][ruby]{
0.00001.to_s # => "1.0e-05"
3.14.to_s # => "3.14"
10000_00000_00000.0.to_s # => "100000000000000.0"
10000_00000_00000_00000.0.to_s # => "1.0e+19"
(1.0/0.0).to_s # => "Infinity"
(0.0/0.0).to_s # => "NaN"
/
/}...

Float#**(other) -> Float (7.0)

算術演算子。冪を計算します。

...演算子。冪を計算します。

@param other 二項演算の右側の引数(対象)

/
/emlist[例][ruby]{
# 冪
1.2 ** 3.0 # => 1.728
3.0 + 4.5 - 1.3 / 2.4 * 3 % 1.2 ** 3.0 # => 5.875
0.0 ** 0 # => 1.0
/
/}...

Float#<=>(other) -> 1 | 0 | -1 | nil (7.0)

self と other を比較して、self が大きい時に正、 等しい時に 0、小さい時に負の整数を返します。 比較できない場合はnilを返します

...self が大きい時に正、
等しい時に 0、小さい時に負の整数を返します。
比較できない場合はnilを返します

/
/emlist[例][ruby]{
3.05 <=> 3.14 # => -1
1.732 <=> 1.414 # => 1
3.3 - 3.3 <=> 0.0 # => 0
3.14 <=> "hoge" # => nil
3.14 <=> 0.0/0.0 # => nil
/
/}...

絞り込み条件を変える

Float#==(other) -> bool (7.0)

比較演算子。数値として等しいか判定します。

...対象の数値

@return self と other が等しい場合 true を返します。
そうでなければ false を返します。

/
/emlist[例][ruby]{
3.14 == 3.14000 # => true
3.14 == 3.1415 # => false

# NaN 同士では常に false
nan = 0.0/0
nan == nan # => false
/
/}...

Float#divmod(other) -> [Numeric] (7.0)

self を other で割った商 q と余り r を、 [q, r] という 2 要素の配列にして返します。 商 q は常に整数ですが、余り r は整数であるとは限りません。

... / と % によって定義されています。

@param other 自身を割る数を指定します。

/
/emlist[例][ruby]{
11.divmod(3) # => [3, 2]
(11.5).divmod(3.5) # => [3, 1.0]
11.divmod(-3) # => [-4, -1]
11.divmod(3.5) # => [3, 0.5]
(-11).divmod(3.5) # => [-4, 3.0]
/
...
.../}

@see Numeric#div, Numeric#modulo...

Float#finite? -> bool (7.0)

数値が ∞, -∞, あるいは NaN でない場合に true を返します。 そうでない場合に false を返します。

...あるいは NaN でない場合に true を返します。
そうでない場合に false を返します。

/
/emlist[例][ruby]{
3.14.finite? # => true
inf = 1.0/0
inf.finite? # => false
/
/}...

Float#nan? -> bool (7.0)

数値が NaN(Not a number)のとき真を返します。

...数値が NaN(Not a number)のとき真を返します。

/
/emlist[例][ruby]{
nan = 0.0/0.0
p nan # => NaN
p nan.nan? # => true
/
/}...

Float#to_r -> Rational (7.0)

自身を Rational に変換します。

...自身を Rational に変換します。

/
/emlist[例][ruby]{
0.5.to_r # => (1/2)
/
/}...

絞り込み条件を変える