るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
863件ヒット [1-100件を表示] (0.021秒)
トップページ > クラス:Array[x] > クエリ:-[x]

別のキーワード

  1. _builtin -
  2. shell/builtin-command new
  3. shell/builtin-command each
  4. open-uri open
  5. irb/input-method new

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Array#-(other) -> Array (18113.0)

自身から other の要素を取り除いた配列を生成して返します。

...みます。

@raise TypeError 引数に配列以外の(暗黙の型変換が行えない)オブジェクトを
指定した場合に発生します。

[1, 2, 1, 3, 1, 4, 1, 5] - [2, 3, 4, 5] # => [1, 1, 1, 1]

[1, 2, 1, 3, 1, 4, 1, 5] - [1, 2, 3, 4, 5] # => []...

Array#pack(template) -> String (401.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...template 自身のバイナリとしてパックするためのテンプレートを文字列で指定します。


以下にあげるものは、Array#pack、String#unpack
のテンプレート文字の一覧です。テンプレート文字は後に「長さ」を表す数字
を続けること...
...endian int32_t
l!<: little endian signed long
//}

==== 各テンプレート文字の説明

説明中、Array#pack と String#unpack で違いのあるものは `/' で区切って
Array#pack の説明 / String#unpack の説明」としています。

: a

ASCII文字列(null文字を詰...
...)
//emlist{
"\001\376".unpack("c*") # => [1, -2]

[1, -2].pack("c*") # => "\001\376"
[1, 254].pack("c*") # => "\001\376"
//}

: C

unsigned char (8bit 符号なし整数)
//emlist{
"\001\376".unpack("C*") # => [1, 254]

[1, -2].pack("C*") # => "\001\376"
[1, 254].pack("C*...

Array#bsearch -> Enumerator (161.0)

ブロックの評価結果で範囲内の各要素の判定を行い、条件を満たす値を二分探 索(計算量は O(log n))で検索します。要素が見つからない場合は nil を返し ます。self はあらかじめソートしておく必要があります。

...本メソッドはブロックを評価した結果により以下のいずれかのモードで動作し
ます。

* find-minimum モード
* find-any モード

find-minimum モード(特に理由がない限りはこのモードを使う方がいいでしょ
う)では、条件判定の結...
...ry.bsearch {|x| x >= -1 } # => 0
ary.bsearch {|x| x >= 100 } # => nil

find-any モードは bsearch(3) のように動作します。ブロックは真偽値
ではなく、以下のような数値を返す必要があります。求める要素が配列の i 番目
から j-1 番目までに入...
...を返します。

ary = [0, 4, 7, 10, 12]
# 4 <= v < 8 になる要素を検索
ary.bsearch {|x| 1 - x / 4 } # => 4 or 7
# 8 <= v < 10 になる要素を検索
ary.bsearch {|x| 4 - x / 2 } # => nil

上記の 2 つのモードを混在して使用しないでください(ブロックの...
...合は、 Enumerator のインスタンスを返します。

@raise TypeError ブロックの評価結果が true、false、nil、数値以外であっ
た場合に発生します。

@see Array#bsearch_index, Range#bsearch, http://magazine.rubyist.net/?0041-200Special-note#l15...

Array#bsearch { |x| ... } -> object | nil (161.0)

ブロックの評価結果で範囲内の各要素の判定を行い、条件を満たす値を二分探 索(計算量は O(log n))で検索します。要素が見つからない場合は nil を返し ます。self はあらかじめソートしておく必要があります。

...本メソッドはブロックを評価した結果により以下のいずれかのモードで動作し
ます。

* find-minimum モード
* find-any モード

find-minimum モード(特に理由がない限りはこのモードを使う方がいいでしょ
う)では、条件判定の結...
...ry.bsearch {|x| x >= -1 } # => 0
ary.bsearch {|x| x >= 100 } # => nil

find-any モードは bsearch(3) のように動作します。ブロックは真偽値
ではなく、以下のような数値を返す必要があります。求める要素が配列の i 番目
から j-1 番目までに入...
...を返します。

ary = [0, 4, 7, 10, 12]
# 4 <= v < 8 になる要素を検索
ary.bsearch {|x| 1 - x / 4 } # => 4 or 7
# 8 <= v < 10 になる要素を検索
ary.bsearch {|x| 4 - x / 2 } # => nil

上記の 2 つのモードを混在して使用しないでください(ブロックの...
...合は、 Enumerator のインスタンスを返します。

@raise TypeError ブロックの評価結果が true、false、nil、数値以外であっ
た場合に発生します。

@see Array#bsearch_index, Range#bsearch, http://magazine.rubyist.net/?0041-200Special-note#l15...

Array#values_at(*selectors) -> Array (137.0)

引数で指定されたインデックスに対応する要素を配列で返します。インデッ クスに対応する値がなければ nil が要素になります。

...#=> ["a", "c", "e"]
p ary.values_at( 3, 4, 5, 6, 35 ) #=> ["d", "e", nil, nil, nil]
p ary.values_at( 0, -1, -2 ) #=> ["a", "e", "d"]
p ary.values_at( -4, -5, -6, -35 ) #=> ["b", "a", nil, nil]
p ary.values_at( 1..2 ) #=> ["b", "c"]
p ary.values_at( 3..10 )...

絞り込み条件を変える

Array#<=>(other) -> -1 | 0 | 1 | nil (124.0)

自身と other の各要素をそれぞれ順に <=> で比較していき、結果が 0 でなかった場合に その値を返します。各要素が等しく、配列の長さも等しい場合には 0 を返します。 各要素が等しいまま一方だけ配列の末尾に達した時、自身の方が短ければ -1 をそうでなければ 1 を返します。 other に配列以外のオブジェクトを指定した場合は nil を返します。

...さも等しい場合には 0 を返します。
各要素が等しいまま一方だけ配列の末尾に達した時、自身の方が短ければ -1 をそうでなければ 1
を返します。
other に配列以外のオブジェクトを指定した場合は nil を返します。

@param othe...
...指定します。
配列以外のオブジェクトを指定した場合は to_ary メソッドによ
る暗黙の型変換を試みます。


[ 1, 2, 3 ] <=> [ 1, 3, 2 ] #=> -1
[ 1, 2, 3 ] <=> [ 1, 2, 3 ] #=> 0
[ 1, 2, 3 ] <=> [ 1, 2 ] #=> 1...

Array#to_yaml(opts = {}) -> String (119.0)

自身を YAML ドキュメントに変換します。

...を YAML ドキュメントに変換します。

@param opts YAML ドキュメント出力の際のオプションを指定します。
オプションの詳細は Syck::Emitter#reset を参照し
てください。

print [1, 2, 3].to_yaml
# => ---
-
1
-
2
-
3...

Array#[](range) -> Array | nil (116.0)

Range オブジェクト range の範囲にある要素からなる部分配列を返します。 range の first の値が配列の範囲に収まらない場合 nil を返します。 range の first が end より後にある場合には空の配列を返します。

... -1 番目になります。
end の値が配列の範囲を越える時には、越えた分は無視されます。

例:

a = [ "a", "b", "c", "d", "e" ]
a[0..1] #=> ["a", "b"]
a[0...1] #=> ["a"]
a[0..-1] #=> ["a", "b", "c", "d", "e"]
a[-2..-1] #=> ["d", "e"]
a[-2....
....4] #=> ["d", "e"] (start は末尾から -2 番目、end は先頭から (4+1) 番目となる。)
a[0..10] #=> ["a", "b", "c", "d", "e"]
a[10..11] #=> nil
a[2..1] #=> []
a[-1..-2] #=> []

# 特殊なケース。first が自身の長さと同じ場合には以下のようになり...

Array#[](start, length) -> Array | nil (116.0)

start 番目から length 個の要素を含む部分配列を返します。 length が負の時、start が自身の範囲を越えた時には nil を返します。

...指定します。
start の値が負の時には末尾からのインデックスと見倣します。
末尾の要素が -1 番目になります。
整数以外のオブジェクトを指定した場合は to_int メソッドによ
る暗黙の...
...定した場合に発生します。

例:

a = [ "a", "b", "c", "d", "e" ]
a[0, 1] #=> ["a"]
a[-1, 1] #=> ["e"]
a[0, 10] #=> ["a", "b", "c", "d", "e"]
a[0, 0] #=> []
a[0, -1] #=> nil
a[10, 1] #=> nil

# 特殊なケース。start が自身の長さと同じ場合に...

Array#join(sep = $,) -> String (113.0)

配列の要素を文字列 sep を間に挟んで連結した文字列を返します。

...になります。

ary = [1,2,3]
ary.push ary
p ary # => [1, 2, 3, [...]]
p ary.join # => ArgumentError: recursive array join

@param sep 間に挟む文字列を指定します。nil のときは空文字列を使います。
文字列以外のオブジェ...
...ジェクト
を指定した場合に発生します。

@raise ArgumentError 配列要素が自身を含むような無限にネストした配列に対
して join を呼んだ場合に発生します。

[1, 2, 3].join('-') #=> "1-2-3"

@see Array#*, $,...

絞り込み条件を変える

Array#[](nth) -> object | nil (111.0)

nth 番目の要素を返します。nth 番目の要素が存在しない時には nil を返します。

...要素が 0 番目になります。nth の値が負の時には末尾から
のインデックスと見倣します。末尾の要素が -1 番目になります。
整数以外のオブジェクトを指定した場合は to_int メソッドによる
暗黙の型...
...換を試みます。

@raise TypeError 引数に整数以外の(暗黙の型変換が行えない)オブジェクトを
指定した場合に発生します。

例:

a = [ "a", "b", "c", "d", "e" ]
a[0] #=> "a"
a[1] #=> "b"
a[-1] #=> "e"
a[-2] #=> "d"
a[10] #=> nil...

Array#at(nth) -> object | nil (111.0)

nth 番目の要素を返します。nth 番目の要素が存在しない時には nil を返します。

...要素が 0 番目になります。nth の値が負の時には末尾から
のインデックスと見倣します。末尾の要素が -1 番目になります。
整数以外のオブジェクトを指定した場合は to_int メソッドによる
暗黙の型...
...換を試みます。

@raise TypeError 引数に整数以外の(暗黙の型変換が行えない)オブジェクトを
指定した場合に発生します。

例:

a = [ "a", "b", "c", "d", "e" ]
a[0] #=> "a"
a[1] #=> "b"
a[-1] #=> "e"
a[-2] #=> "d"
a[10] #=> nil...

Array#clone -> Array (107.0)

レシーバと同じ内容を持つ新しい配列を返します。

...レシーバと同じ内容を持つ新しい配列を返します。

clone は frozen tainted singleton-class の情報も含めてコピーしますが、
dup は内容だけをコピーします。
またどちらのメソッドも要素それ自体のコピーはしません。
つまり「浅...

Array#dup -> Array (107.0)

レシーバと同じ内容を持つ新しい配列を返します。

...レシーバと同じ内容を持つ新しい配列を返します。

clone は frozen tainted singleton-class の情報も含めてコピーしますが、
dup は内容だけをコピーします。
またどちらのメソッドも要素それ自体のコピーはしません。
つまり「浅...

Array#fill(range) {|index| ... } -> self (107.0)

配列の指定された範囲すべてに val をセットします。

...分を val で初期化します。
このメソッドが val のコピーでなく val 自身をセットすることに注意してください(Array)。
a = [0, 1, 2]
a.fill("x", 5..10)
p a #=> [0, 1, 2, nil, nil, "x", "x", "x", "x", "x", "x"]

val の代わりにブロックを指定する...
...ンデックスを整数で指定します。start の値が負の時には末尾からのインデックスと見倣します。末尾の要素が -1 番目になります。

@param length val を設定する要素の個数を指定します。nil が指定された時は配列の終りまでの...

絞り込み条件を変える

Array#fill(start, length = nil) {|index| ... } -> self (107.0)

配列の指定された範囲すべてに val をセットします。

...分を val で初期化します。
このメソッドが val のコピーでなく val 自身をセットすることに注意してください(Array)。
a = [0, 1, 2]
a.fill("x", 5..10)
p a #=> [0, 1, 2, nil, nil, "x", "x", "x", "x", "x", "x"]

val の代わりにブロックを指定する...
...ンデックスを整数で指定します。start の値が負の時には末尾からのインデックスと見倣します。末尾の要素が -1 番目になります。

@param length val を設定する要素の個数を指定します。nil が指定された時は配列の終りまでの...

Array#fill(val, range) -> self (107.0)

配列の指定された範囲すべてに val をセットします。

...分を val で初期化します。
このメソッドが val のコピーでなく val 自身をセットすることに注意してください(Array)。
a = [0, 1, 2]
a.fill("x", 5..10)
p a #=> [0, 1, 2, nil, nil, "x", "x", "x", "x", "x", "x"]

val の代わりにブロックを指定する...
...ンデックスを整数で指定します。start の値が負の時には末尾からのインデックスと見倣します。末尾の要素が -1 番目になります。

@param length val を設定する要素の個数を指定します。nil が指定された時は配列の終りまでの...

Array#fill(val, start, length = nil) -> self (107.0)

配列の指定された範囲すべてに val をセットします。

...分を val で初期化します。
このメソッドが val のコピーでなく val 自身をセットすることに注意してください(Array)。
a = [0, 1, 2]
a.fill("x", 5..10)
p a #=> [0, 1, 2, nil, nil, "x", "x", "x", "x", "x", "x"]

val の代わりにブロックを指定する...
...ンデックスを整数で指定します。start の値が負の時には末尾からのインデックスと見倣します。末尾の要素が -1 番目になります。

@param length val を設定する要素の個数を指定します。nil が指定された時は配列の終りまでの...
<< 1 2 3 ... > >>