るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
1255件ヒット [1-100件を表示] (0.046秒)

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Matrix#*(m) -> Matrix | Vector (3.0)

self に行列またはベクトル m を右から乗じた行列を返します。

...を返します。

m が Vector オブジェクトなら返り値も Vector オブジェクトになります。

@param m 右からの乗算が定義可能な行列やベクトルを指定します。

@raise ExceptionForMatrix::ErrDimensionMismatch 次元が合わない場合に発生します...

Matrix#*(other) -> Matrix (3.0)

self の各成分に数 other を掛けた行列を返します。

self の各成分に数 other を掛けた行列を返します。

@param other self の各成分に掛ける Numeric オブジェクトを指定します。

Matrix#**(n) -> Matrix (3.0)

self の n 乗を返します。

...self の n 乗を返します。

@param n べき数の指定
@raise ExceptionForMatrix::ErrNotRegular n が 0 以下で、行列が正則でない場合に発生します...

Matrix#+(m) -> Matrix (3.0)

self に行列 m を加算した行列を返します。 self の column_size が 1 なら Vector オブジェクトも指定出来ます。

...した行列を返します。
self の column_size が 1 なら Vector オブジェクトも指定出来ます。

@param m 加算する行列。加算可能な行列やベクトルを指定します。

@raise ExceptionForMatrix::ErrDimensionMismatch 次元が合わない場合に発生します...

Matrix#+@ -> self (3.0)

単項 +。self を返します。

単項 +。self を返します。

絞り込み条件を変える

Matrix#-(m) -> Matrix (3.0)

self から行列mを減算した行列を返します。 self の column_size が 1 なら Vector オブジェクトも指定出来ます。

...した行列を返します。
self の column_size が 1 なら Vector オブジェクトも指定出来ます。

@param m 減算する行列。減算可能な行列やベクトルを指定します。

@raise ExceptionForMatrix::ErrDimensionMismatch 次元が合わない場合に発生します...

Matrix#-@ -> Matrix (3.0)

単項 -。各要素の符号を反転させた行列を返します。

単項 -。各要素の符号を反転させた行列を返します。

Matrix#/(m) -> Matrix (3.0)

self に行列 m の逆行列を右から乗じた行列を返します。

...@param m 逆行列を右から乗算する行列。可逆行列でselfと乗算可能な行列を指定します。

@raise ExceptionForMatrix::ErrDimensionMismatch 次元が合わない場合に発生します
@raise ExceptionForMatrix::ErrNotRegular m が正則でない場合に発生します...

Matrix#/(other) -> Matrix (3.0)

self の各成分を数 other で割った行列を返します。

self の各成分を数 other で割った行列を返します。

@param other self の各成分を割る Numeric オブジェクトを指定します。

Matrix#==(other) -> bool (3.0)

自分自身と other を比較し、同値であれば真(true)を返します。

自分自身と other を比較し、同値であれば真(true)を返します。

@param other 比較対象のオブジェクト

絞り込み条件を変える

Matrix#[](i, j) -> () (3.0)

(i,j)要素を返します。 行列の範囲外の値を指定した場合には nil を返します。

...分を0オリジンで指定します。
@param j 要素の列成分を0オリジンで指定します。



//emlist[例][ruby]{
require 'matrix'

a1 = [1, 2, 3]
a2 = [10, 15, 20]
a3 = [-1, 2, 1.5]
m = Matrix[a1, a2, a3]

p m[0, 0] # => 1
p m[1, 1] # => 15
p m[1, 2] # => 20
p m[1, 3] # => nil
//}...

Matrix#adjugate -> Matrix (3.0)

余因子行列を返します。

...子行列を返します。

//emlist[例][ruby]{
require 'matrix'
Matrix
[[7,6],[3,9]].adjugate # => Matrix[[9, -6], [-3, 7]]
//}

@raise ExceptionForMatrix::ErrDimensionMismatch 行列が正方でない場合に発生します。
@see Matrix#cofactor...

Matrix#antisymmetric? -> bool (3.0)

行列が反対称行列 (交代行列、歪〔わい〕対称行列とも) ならば真を返します。

...@raise ExceptionForMatrix::ErrDimensionMismatch 行列が正方行列でない場合に発生します

//emlist[][ruby]{
require 'matrix'

Matrix
[[0, -2, Complex(1, 3)], [2, 0, 5], [-Complex(1, 3), -5, 0]].antisymmetric? # => true
Matrix
.empty.antisymmetric? # => true

Matrix
[[1, 2, 3], [4, 5, 6]...
..., [7, 8, 9]].antisymmetric? # => false
# 対角要素が違う
Matrix
[[1, -2, 3], [2, 0, 6], [-3, -6, 0]].antisymmetric? # => false
# 符号が違う
Matrix
[[0, 2, -3], [2, 0, 6], [-3, 6, 0]].antisymmetric? # => false
//}...

Matrix#clone -> Matrix (3.0)

自分自身のコピーを返します。

自分自身のコピーを返します。
<< 1 2 3 ... > >>