るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
11396件ヒット [1-100件を表示] (0.126秒)
トップページ > ライブラリ:openssl[x]

クラス

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Integer#to_bn -> OpenSSL::BN (2.0)

Integer を同じ数を表す OpenSSL::BN のオブジェクトに 変換します。

...Integer を同じ数を表す OpenSSL::BN のオブジェクトに
変換します。

//emlist[][ruby]{
require 'pp'
require 'openssl'

pp 5.to_bn #=> #<OpenSSL::BN 5>
pp (-5).to_bn #=> #<OpenSSL::BN -5>
//}

なお、実装は、以下のようになっています。

//emlist[][ruby]{
clas...
...s Integer
def to_bn
OpenSSL::BN::new(self)
end
end
//}

@see OpenSSL::BN.new, OpenSSL::BN#to_i...
... OpenSSL::BN のオブジェクトに
変換します。

//emlist[][ruby]{
require 'openssl'

pp 5.to_bn #=> #<OpenSSL::BN 5>
pp (-5).to_bn #=> #<OpenSSL::BN -5>
//}

なお、実装は、以下のようになっています。

//emlist[][ruby]{
class Integer
def to_bn
OpenSSL
::BN::n...
...ew(self)
end
end
//}

@see OpenSSL::BN.new, OpenSSL::BN#to_i...

OpenSSL (2.0)

OpenSSL のすべてのクラス、モジュール、メソッド、定数を 保持しているモジュールです。

...OpenSSL のすべてのクラス、モジュール、メソッド、定数を
保持しているモジュールです。...

OpenSSL.#debug -> bool (2.0)

デバッグモードが on ならば true を返します。

...デバッグモードが on ならば true を返します。

@see OpenSSL.#debug=...

OpenSSL.#debug=(b) (2.0)

デバッグモードを on/off します。

...デバッグモードを on/off します。

@see OpenSSL.#debug...

OpenSSL.#errors -> [String] (2.0)

OpenSSL のエラーキューに残っているエラー文字列を返します。

...OpenSSL のエラーキューに残っているエラー文字列を返します。

通常、エラーキューはこの拡張ライブラリが空にするため、
これは空の配列を返します。もしそうでないならば
このライブラリのバグです。...

絞り込み条件を変える

OpenSSL.#fips_mode=(bool) (2.0)

FIPS モードを明示的に on/off します。

...FIPS モードを明示的に on/off します。

@raise OpenSSL::OpenSSLError インストールされている OpenSSL
FIPS をサポートしていない場合に発生します。

@see OpenSSL::OPENSSL_FIPS...

OpenSSL::ASN1 (2.0)

ASN.1(Abstract Syntax Notation One) のデータを取り扱うためのモジュールです。

...ASN.1(Abstract Syntax Notation One)
のデータを取り扱うためのモジュールです。

OpenSSL
で証明書などを取り扱うのに必要になります。

このモジュールには、ASN.1関連のモジュール関数や定数、
ASN.1 のデータ型に対応するクラスが定...
...において、
ASN.1 のデータ型は OpenSSL::ASN1::ASN1Data および
そのサブクラスにマップされています。

ASN.1 の単純型(simple type)は OpenSSL::ASN1::Primitive の
各サブクラスに、構造型(structured type)は OpenSSL::ASN1::Constructive
の各サブクラス...
...タグクラスは UNIVERSAL です。
その値は OpenSSL::ASN1::ASN1Data#value で取り出せます。
単純型は通常の Ruby のオブジェクト、構造型は配列
UNIVERSAL以外のタグクラスを付けられた型は、
OpenSSL
::ASN1::ASN1Data に対応します。UNIVERSAL以外...

OpenSSL::ASN1.#BMPString(value) -> OpenSSL::ASN1::BMPString -> OpenSSL::ASN1::BMPString (2.0)

ASN.1 の BMPString 型の値を表現する Ruby のオブジェクトを 生成します。

...ASN.1 の BMPString 型の値を表現する Ruby のオブジェクトを
生成します。

OpenSSL
::ASN1::BMPString.new と同じです。

@param value ASN.1 値を表す Ruby のオブジェクト(文字列)
@param tag タグ番号
@param tagging タグ付けの方法(:IMPLICIT もしくは :E...

OpenSSL::ASN1.#BMPString(value, tag, tagging, tag_class) -> OpenSSL::ASN1::BMPString (2.0)

ASN.1 の BMPString 型の値を表現する Ruby のオブジェクトを 生成します。

...ASN.1 の BMPString 型の値を表現する Ruby のオブジェクトを
生成します。

OpenSSL
::ASN1::BMPString.new と同じです。

@param value ASN.1 値を表す Ruby のオブジェクト(文字列)
@param tag タグ番号
@param tagging タグ付けの方法(:IMPLICIT もしくは :E...

OpenSSL::ASN1.#BitString(value) -> OpenSSL::ASN1::BitString -> OpenSSL::ASN1::BitString (2.0)

ASN.1 の BitString 型の値を表現する Ruby のオブジェクトを 生成します。

...ASN.1 の BitString 型の値を表現する Ruby のオブジェクトを
生成します。

OpenSSL
::ASN1::BitString.new と同じです。

@param value ASN.1 値を表す Ruby のオブジェクト(文字列)
@param tag タグ番号
@param tagging タグ付けの方法(:IMPLICIT もしくは :E...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>