るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
524件ヒット [1-100件を表示] (0.024秒)
トップページ > クラス:Time[x] > クエリ:-[x]

別のキーワード

  1. shell/builtin-command new
  2. _builtin -
  3. shell/builtin-command each
  4. open-uri open
  5. irb/input-method new

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Time#-(sec) -> Time (18108.0)

自身より sec 秒だけ前の時刻を返します。

...の時刻を返します。

@param sec 実数を秒を単位として指定します。

t = Time.now #=> Wed Apr 09 08:56:03 CDT 2003
t2 = t + 2592000 #=> Fri May 09 08:56:03 CDT 2003
t2 - 2592000 #=> Wed Apr 09 08:56:03 CDT 2003...

Time#-(time) -> Float (18108.0)

自身と time との時刻の差を Float で返します。単位は秒です。

...自身と time との時刻の差を Float で返します。単位は秒です。

@param time 自身との差を算出したい Time オブジェクトを指定します。

t = Time.now #=> Wed Apr 09 08:56:03 CDT 2003
t2 = t + 2592000 #=> Fri May 09 08:56:03 CDT 2003
t2 - t...

Time#strftime(format) -> String (335.0)

時刻を format 文字列に従って文字列に変換した結果を返します。

...-31)
* %e: 日。一桁の場合、半角空白で埋める ( 1..31)
* %F: %Y-%m-%d と同等 (ISO 8601の日付フォーマット)
* %G: ISO 8601の暦週の年
* %g: ISO 8601の暦週の年の下2桁(00-99)
* %H: 24時間制の時(00-23)
* %h: %b と同等
* %I: 12時間制の時(01-...
...* %j: 年中の通算日(001-366)
* %k: 24時間制の時。一桁の場合、半角空白で埋める ( 0..23)
* %L: ミリ秒 (000..999)
* %l: 12時間制の時。一桁の場合、半角空白で埋める ( 0..12)
* %M: 分(00-59)
* %m: 月を表す数字(01-12)
* %n: 改行 (\n)
*...
...%Q: 1970-01-01 00:00:00 UTC からの経過ミリ秒 (Time#strftime は対応していませんが、Date#strftime で使えます)
* %R: 24時間制の時刻。%H:%M と同等。
* %r: 12時間制の時刻。%I:%M:%S %p と同等。
* %S: 秒(00-60) (60はうるう秒)
* %s: 1970-01-01 00:0...

Time#round(ndigits=0) -> Time (185.0)

十進小数点数で指定した桁数の精度で丸めをし、 その Time オブジェクトを返します。 (デフォルトは0、つまり小数点の所で丸めます)。

...精度で丸めをし、
その Time オブジェクトを返します。
(デフォルトは0、つまり小数点の所で丸めます)。

ndigits には 0 以上の整数を渡します。

@param ndigits 十進での精度(桁数)

require 'time'

t = Time.utc(1999,12,31, 23,59,59)...
...#=> "1999-12-31T23:59:59.000Z"
p((t + 0.49).round.iso8601(3)) #=> "1999-12-31T23:59:59.000Z"
p((t + 0.5).round.iso8601(3)) #=> "2000-01-01T00:00:00.000Z"
p((t + 1.4).round.iso8601(3)) #=> "2000-01-01T00:00:00.000Z"
p((t + 1.49).round.iso8601(3)) #=> "2000-01-01T00:00:00....
...000Z"
p((t + 1.5).round.iso8601(3)) #=> "2000-01-01T00:00:01.000Z"

t = Time.utc(1999,12,31, 23,59,59)
p (t + 0.123456789).round(4).iso8601(6) #=> "1999-12-31T23:59:59.123500Z"...

Time#wday -> Integer (185.0)

曜日を0(日曜日)から6(土曜日)の整数で返します。

...sun = Time.new(2017, 9, 17, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-17 10:34:15 +0900
sun.wday #=> 0
mon = Time.new(2017, 9, 18, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-18 10:34:15 +0900
mon.wday #=> 1
tue = Time.new(20...
...#=> 2017-09-19 10:34:15 +0900
tue.wday #=> 2
wed = Time.new(2017, 9, 20, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-20 10:34:15 +0900
wed.wday #=> 3
thu = Time.new(2017, 9, 21, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-21 10:34...
...#=> 4
fri = Time.new(2017, 9, 22, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-22 10:34:15 +0900
fri.wday #=> 5
sat = Time.new(2017, 9, 23, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-23 10:34:15 +0900
sat.wday...

絞り込み条件を変える

Time#<=>(other) -> -1 | 0 | 1 | nil (178.0)

self と other の時刻を比較します。self の方が大きい場合は 1 を、等しい場合は 0 を、 小さい場合は -1 を返します。比較できない場合は、nil を返します。

...小さい場合は -1 を返します。比較できない場合は、nil を返します。

@param other 自身と比較したい時刻を Time オブジェクトで指定します。

例:
t = Time.now # => 2017-11-10 04:42:19 +0900
t2 = t + 2592000 # => 2017-12-10 04:42:19 +0900
t...
...<=> t2 # => -1
t2 <=> t # => 1

t = Time.now # => 2017-11-10 04:42:19 +0900
t2 = t + 0.1 # => 2017-11-10 04:42:19 +0900
t.nsec # => 98222999
t2.nsec # => 198222999
t <=> t2 # => -1
t2 <=> t # => 1
t <=> t...

Time#httpdate -> String (163.0)

2616 で定義されている HTTP-date の rfc1123-date 形式の文字列を 返します。

...HTTP-date の rfc1123-date 形式の文字列を
返します。

@return 以下の形式の文字列を返します。
//emlist{
day-of-week, DD month-name CCYY hh:mm:ss GMT
//}
注意: 結果はいつも UTC (GMT) です。

使用例
require 'time'

iso8601_time = '2008-08-31T12:34...
...:56+09:00'
t = Time.iso8601(iso8601_time)
p t.httpdate #=> "Sun, 31 Aug 2008 03:34:56 GMT"...

Time#iso8601(fractional_seconds = 0) -> String (161.0)

XML Schema で定義されている dateTime として 表現される形式の文字列を返します。

...ML Schema で定義されている dateTime として
表現される形式の文字列を返します。

XML Schema で定義されている dateTime として
表現される形式の文字列をパースするためのクラスメソッド
Time
.iso8601, Time.xmlschema もあります。

@param...
...CYY-MM-DDThh:mm:ssTZD
CCYY-MM-DDThh:mm:ss.sssTZD
//}
ただし TZD は Z または [+-]hh:mm です。

使用例
require 'time'

iso8601_time = '2008-08-31T12:34:56+09:00'
t = Time.iso8601(iso8601_time)
p t.xmlschema #=> "2008-08-31T03:34:56Z"
p t.xmlschema(9) #=> "2008-08-31...
...T03:34:56.000000000Z"

@see Time.iso8601, Time.xmlschema...

Time#xmlschema(fractional_seconds = 0) -> String (161.0)

XML Schema で定義されている dateTime として 表現される形式の文字列を返します。

...ML Schema で定義されている dateTime として
表現される形式の文字列を返します。

XML Schema で定義されている dateTime として
表現される形式の文字列をパースするためのクラスメソッド
Time
.iso8601, Time.xmlschema もあります。

@param...
...CYY-MM-DDThh:mm:ssTZD
CCYY-MM-DDThh:mm:ss.sssTZD
//}
ただし TZD は Z または [+-]hh:mm です。

使用例
require 'time'

iso8601_time = '2008-08-31T12:34:56+09:00'
t = Time.iso8601(iso8601_time)
p t.xmlschema #=> "2008-08-31T03:34:56Z"
p t.xmlschema(9) #=> "2008-08-31...
...T03:34:56.000000000Z"

@see Time.iso8601, Time.xmlschema...

Time.at(time) -> Time (161.0)

time で指定した時刻の Time オブジェクトを返します。

...
time
で指定した時刻の Time オブジェクトを返します。

引数が数値の場合、生成された Time オブジェクトのタイムゾーンは地方時となります。

@param time Time オブジェクト、もしくは起算時からの経過秒数を表わす数値で指定...
...

例:
Time
.at(0) # => 1970-01-01 09:00:00 +0900
Time
.at(Time.at(0)) # => 1970-01-01 09:00:00 +0900
Time
.at(Time.at(0).getutc) # => 1970-01-01 00:00:00 UTC
Time
.at(946702800) # => 2000-01-01 14:00:00 +0900
Time
.at(-284061600) # => 1960-12-31 15:00:0...

絞り込み条件を変える

Time#rfc2822 -> String (153.0)

2822 で定義されている date-time として表現される形式の文字列を 返します。

...されている date-time として表現される形式の文字列を
返します。

@return 以下の形式の文字列を返します。
//emlist{
day-of-week, DD month-name CCYY hh:mm:ss zone
//}
ただし zone は [+-]hhmm です。
self が UTC time の場合、zone は +0...
...000 になります。

使用例
require 'time'

iso8601_time = '2008-08-31T12:34:56+09:00'
t = Time.iso8601(iso8601_time)
p t.rfc2822 #=> "Sun, 31 Aug 2008 03:34:56 -0000"...

Time#rfc822 -> String (153.0)

2822 で定義されている date-time として表現される形式の文字列を 返します。

...されている date-time として表現される形式の文字列を
返します。

@return 以下の形式の文字列を返します。
//emlist{
day-of-week, DD month-name CCYY hh:mm:ss zone
//}
ただし zone は [+-]hhmm です。
self が UTC time の場合、zone は +0...
...000 になります。

使用例
require 'time'

iso8601_time = '2008-08-31T12:34:56+09:00'
t = Time.iso8601(iso8601_time)
p t.rfc2822 #=> "Sun, 31 Aug 2008 03:34:56 -0000"...

Time.iso8601(date) -> Time (149.0)

XML Schema で定義されている dateTime として date をパースして Time オブジェクトに変換します。

...いる dateTime として
date をパースして Time オブジェクトに変換します。

date がISO 8601で定義されている形式に準拠していない、
または Time クラスが指定された日時を表現できないときに
ArgumentError が発生します。

Time
オブジ...
...ェクトを ISO8601 形式の文字列にフォーマットする
インスタンスメソッド Time#iso8601, Time#xmlschema もあります。

@param date XML Schema で定義されている dateTime として
パースされる文字列を指定します。

@raise ArgumentError dat...
...または Time クラスが指定された日時を表現できないとき
に発生します。
使用例
require 'time'

iso8601_time = '2008-08-31T12:34:56+09:00'
t = Time.iso8601(iso8601_time)
p t #=> 2008-08-31 12:34:56 +0900
p t.kind_of?(Time) #=> true...

Time.strptime(date, format, now=self.now) -> Time (149.0)

文字列を Date._strptime を用いて Time オブジェクト に変換します。

...time を用いて Time オブジェクト
に変換します。

require 'time'
Time
.strptime('2001-02-03T04:05:06+09:00', '%Y-%m-%dT%H:%M:%S%z')
#=> 2001-02-03 06:05:06 +0900

ブロックを渡すと年の部分をブロックによって変換できます。
require 'time'
Time
.strptime...
...+ 2000
end
}
#=> 1991-05-18 04:13:00 +0900

Time
.strptime('01/5/18 4:13:00', '%Y/%m/%d %T'){|y|
if y > 100 then y
elsif y >= 69 then y + 1900
else y + 2000
end
}
#=> 2001-05-18 04:13:00 +0900

詳しくは DateTime.strptime, Date.strptime を見てください。

@...

Time.strptime(date, format, now=self.now) {|y| ... } -> Time (149.0)

文字列を Date._strptime を用いて Time オブジェクト に変換します。

...time を用いて Time オブジェクト
に変換します。

require 'time'
Time
.strptime('2001-02-03T04:05:06+09:00', '%Y-%m-%dT%H:%M:%S%z')
#=> 2001-02-03 06:05:06 +0900

ブロックを渡すと年の部分をブロックによって変換できます。
require 'time'
Time
.strptime...
...+ 2000
end
}
#=> 1991-05-18 04:13:00 +0900

Time
.strptime('01/5/18 4:13:00', '%Y/%m/%d %T'){|y|
if y > 100 then y
elsif y >= 69 then y + 1900
else y + 2000
end
}
#=> 2001-05-18 04:13:00 +0900

詳しくは DateTime.strptime, Date.strptime を見てください。

@...

絞り込み条件を変える

Time.xmlschema(date) -> Time (149.0)

XML Schema で定義されている dateTime として date をパースして Time オブジェクトに変換します。

...いる dateTime として
date をパースして Time オブジェクトに変換します。

date がISO 8601で定義されている形式に準拠していない、
または Time クラスが指定された日時を表現できないときに
ArgumentError が発生します。

Time
オブジ...
...ェクトを ISO8601 形式の文字列にフォーマットする
インスタンスメソッド Time#iso8601, Time#xmlschema もあります。

@param date XML Schema で定義されている dateTime として
パースされる文字列を指定します。

@raise ArgumentError dat...
...または Time クラスが指定された日時を表現できないとき
に発生します。
使用例
require 'time'

iso8601_time = '2008-08-31T12:34:56+09:00'
t = Time.iso8601(iso8601_time)
p t #=> 2008-08-31 12:34:56 +0900
p t.kind_of?(Time) #=> true...

Time#to_a -> Array (137.0)

時刻を10要素の配列で返します。

...

* sec: 秒 (整数 0-60) (60はうるう秒)
* min: 分 (整数 0-59)
* hour: 時 (整数 0-23)
* mday: 日 (整数)
* mon: 月 (整数 1-12)
* year: 年 (整数 2000年=2000)
* wday: 曜日 (整数 0-6)
* yday: 年内通算日 (整数 1-366)
* isdst: 夏時間で...
...あるかどうか (true/false)
* zone: タイムゾーン (文字列)

p Time.now # => Mon Oct 20 06:02:10 JST 2003
p Time.now.to_a # => [10, 2, 6, 20, 10, 2003, 1, 293, false, "JST"]

要素の順序は C 言語の tm 構造体に合わせています。ただし、
tm 構造体に zon...
<< 1 2 3 ... > >>