るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
524件ヒット [101-200件を表示] (0.025秒)
トップページ > クラス:Time[x] > クエリ:-[x]

別のキーワード

  1. shell/builtin-command new
  2. _builtin -
  3. shell/builtin-command each
  4. open-uri open
  5. irb/input-method new

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< < 1 2 3 4 ... > >>

Time#to_a -> Array (137.0)

時刻を10要素の配列で返します。

...

* sec: 秒 (整数 0-60) (60はうるう秒)
* min: 分 (整数 0-59)
* hour: 時 (整数 0-23)
* mday: 日 (整数)
* mon: 月 (整数 1-12)
* year: 年 (整数 2000年=2000)
* wday: 曜日 (整数 0-6)
* yday: 年内通算日 (整数 1-366)
* isdst: 夏時間で...
...あるかどうか (true/false)
* zone: タイムゾーン (文字列)

p Time.now # => Mon Oct 20 06:02:10 JST 2003
p Time.now.to_a # => [10, 2, 6, 20, 10, 2003, 1, 293, false, "JST"]

要素の順序は C 言語の tm 構造体に合わせています。ただし、
tm 構造体に zon...

Time#localtime -> self (131.0)

タイムゾーンを地方時に設定します。

...時差を、秒を単位とする整数か、"+HH:MM" "-HH:MM" 形式
の文字列で指定します。

Time
#localtime, Time#gmtime の挙動はシステムの
localtime(3) の挙動に依存します。Time クラ
スでは時刻を起算時からの経過秒数とし...
...えて Time オブジェクトを受け
渡す場合には注意する必要があります。

t = Time.utc(2000, "jan", 1, 20, 15, 1)
t.utc? #=> true
t.localtime #=> 2000-01-01 14:15:01 -0600
t.utc? #=> false
t.localtime("+09:00") #=> 2000-01-02 05...

Time#localtime(utc_offset) -> self (131.0)

タイムゾーンを地方時に設定します。

...時差を、秒を単位とする整数か、"+HH:MM" "-HH:MM" 形式
の文字列で指定します。

Time
#localtime, Time#gmtime の挙動はシステムの
localtime(3) の挙動に依存します。Time クラ
スでは時刻を起算時からの経過秒数とし...
...えて Time オブジェクトを受け
渡す場合には注意する必要があります。

t = Time.utc(2000, "jan", 1, 20, 15, 1)
t.utc? #=> true
t.localtime #=> 2000-01-01 14:15:01 -0600
t.utc? #=> false
t.localtime("+09:00") #=> 2000-01-02 05...

Time#gmt? -> bool (125.0)

self のタイムゾーンが協定世界時に設定されていれば真を返します。

...が協定世界時に設定されていれば真を返します。

t = Time.local(2017,9,19,15,0,0) # => 2017-09-19 15:00:00 +0900
t.utc? # => false
utc_t = t.getutc # => 2017-09-19 06:00:00 UTC
utc_t.utc? # => true...

Time#utc? -> bool (125.0)

self のタイムゾーンが協定世界時に設定されていれば真を返します。

...が協定世界時に設定されていれば真を返します。

t = Time.local(2017,9,19,15,0,0) # => 2017-09-19 15:00:00 +0900
t.utc? # => false
utc_t = t.getutc # => 2017-09-19 06:00:00 UTC
utc_t.utc? # => true...

絞り込み条件を変える

Time.httpdate(date) -> Time (123.0)

2616で定義されているHTTP-dateとしてdateをパースして Timeオブジェクトに変換します。

...いるHTTP-dateとしてdateをパースして
Time
オブジェクトに変換します。

dateが2616に準拠していない、または
Time
クラスが指定された日時を表現できないときにArgumentErrorが
発生します。

@param date 2616で定義されているHTTP-dateとし...
...たは Timeクラスが指定された日時を表現できないときに発生します。

require 'time'
rfc2616_time = 'Sun, 31 Aug 2008 12:34:56 GMT'

t = Time.httpdate(rfc2616_time)
p t.kind_of?(Time) #=> true

non_rfc2616_time = 'San, 31 Aug 2008 12:34:56 GMT'
begin
Time
.http...
...date(non_rfc2616_time)
rescue ArgumentError => err
puts err #=> not RFC 2616 compliant date: "San, 31 Aug 2008 12:34:56 GMT"
end...

Time.rfc2822(date) -> Time (123.0)

2822で定義されているdate-timeとしてdateをパースして Timeオブジェクトに変換します。 この形式は822で定義されて1123で更新された形式と 同じです。

...2822で定義されているdate-timeとしてdateをパースして
Time
オブジェクトに変換します。
この形式は822で定義されて1123で更新された形式と
同じです。

dateが2822に準拠していない、または
Time
クラスが指定された日時を表現でき...
...date-time として文字列を指定します。

@raise ArgumentError dateが2822に準拠していない、または
Time
クラスが指定された日時を表現できないときに
発生します。

使用例
require 'time'

rfc2822_time = 'Sun...
..., 31 Aug 2008 12:08:19 +0900'
t = Time.rfc2822(rfc2822_time)
p t.kind_of?(Time) #=> true
non_rfc2822_time = 'Sun 31 Aug 2008 12:08:19 +0900'

begin
p Time.rfc2822(non_rfc2822_time)
rescue ArgumentError => err
puts "format err: #{err}"
end...

Time.rfc822(date) -> Time (123.0)

2822で定義されているdate-timeとしてdateをパースして Timeオブジェクトに変換します。 この形式は822で定義されて1123で更新された形式と 同じです。

...2822で定義されているdate-timeとしてdateをパースして
Time
オブジェクトに変換します。
この形式は822で定義されて1123で更新された形式と
同じです。

dateが2822に準拠していない、または
Time
クラスが指定された日時を表現でき...
...date-time として文字列を指定します。

@raise ArgumentError dateが2822に準拠していない、または
Time
クラスが指定された日時を表現できないときに
発生します。

使用例
require 'time'

rfc2822_time = 'Sun...
..., 31 Aug 2008 12:08:19 +0900'
t = Time.rfc2822(rfc2822_time)
p t.kind_of?(Time) #=> true
non_rfc2822_time = 'Sun 31 Aug 2008 12:08:19 +0900'

begin
p Time.rfc2822(non_rfc2822_time)
rescue ArgumentError => err
puts "format err: #{err}"
end...

Time.new -> Time (115.0)

現在時刻の Time オブジェクトを生成して返します。 タイムゾーンは地方時となります。

...現在時刻の Time オブジェクトを生成して返します。
タイムゾーンは地方時となります。

例:
Time
.now # => 2009-06-24 12:39:54 +0900...

Time.new(year, mon = nil, day = nil, hour = nil, min = nil, sec = nil, utc_offset = nil) -> Time (115.0)

引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

...引数で指定した地方時の Time オブジェクトを返します。

mon day hour min sec に nil を指定した場合の値は、その引数がとり得る最小の値です。
utc_offset に nil を指定した場合の値は、現在のタイムゾーンに従います。

@param year...
...との時差を、秒を単位とする整数か、
"+HH:MM" "-HH:MM" 形式の文字列で指定します。

@raise ArgumentError 与えられた引数が無効である場合に発生します。

p Time.new(2008, 6, 21, 13, 30, 0, "+09:00") #=> 2008-06-21 13:30:00 +0900...

絞り込み条件を変える

Time.now -> Time (115.0)

現在時刻の Time オブジェクトを生成して返します。 タイムゾーンは地方時となります。

...現在時刻の Time オブジェクトを生成して返します。
タイムゾーンは地方時となります。

例:
Time
.now # => 2009-06-24 12:39:54 +0900...

Time#friday? -> bool (113.0)

自身の表す時刻が金曜日である場合に true を返します。 そうでない場合に false を返します。

...表す時刻が金曜日である場合に true を返します。
そうでない場合に false を返します。

例:
t = Time.local(1987, 12, 18) #=> 1987-12-18 00:00:00 +0900
t.friday? #=> true...

Time#getlocal -> Time (113.0)

タイムゾーンを地方時に設定した Time オブジェクトを新しく生成 して返します。

...ンを地方時に設定した Time オブジェクトを新しく生成
して返します。

@param utc_offset タイムゾーンを地方時に設定する代わりに協定世界時との
時差を、秒を単位とする整数か、"+HH:MM" "-HH:MM" 形式...
...の文字列で指定します。

t = Time.utc(2000,1,1,20,15,1) #=> Sat Jan 01 20:15:01 UTC 2000
t.utc? #=> true
l = t.getlocal #=> Sat Jan 01 14:15:01 CST 2000
l.utc? #=> false
t == l #=> true...
...j = t.getlocal("+09:00") #=> 2000-01-02 05:15:01 +0900
j.utc? #=> false
t == j #=> true...

Time#getlocal(utc_offset) -> Time (113.0)

タイムゾーンを地方時に設定した Time オブジェクトを新しく生成 して返します。

...ンを地方時に設定した Time オブジェクトを新しく生成
して返します。

@param utc_offset タイムゾーンを地方時に設定する代わりに協定世界時との
時差を、秒を単位とする整数か、"+HH:MM" "-HH:MM" 形式...
...の文字列で指定します。

t = Time.utc(2000,1,1,20,15,1) #=> Sat Jan 01 20:15:01 UTC 2000
t.utc? #=> true
l = t.getlocal #=> Sat Jan 01 14:15:01 CST 2000
l.utc? #=> false
t == l #=> true...
...j = t.getlocal("+09:00") #=> 2000-01-02 05:15:01 +0900
j.utc? #=> false
t == j #=> true...

Time#hour -> Integer (113.0)

時を整数で返します。

...時を整数で返します。

例:
t = Time.now # => 2017-09-18 07:45:05 +0900
p t.hour # => 7...

絞り込み条件を変える

Time#min -> Integer (113.0)

分を整数で返します。

...分を整数で返します。

例:
t = Time.now # => 2017-09-18 07:45:05 +0900
p t.min # => 45...

Time#monday? -> bool (113.0)

自身の表す時刻が月曜日である場合に true を返します。 そうでない場合に false を返します。

...表す時刻が月曜日である場合に true を返します。
そうでない場合に false を返します。

例:
t = Time.local(2003, 8, 4) #=> 2003-08-04 00:00:00 +0900
t.monday? #=> true...

Time#nsec -> Integer (113.0)

時刻のナノ秒の部分を整数で返します。

...の部分を整数で返します。

t = Time.now #=> 2007-11-17 15:18:03 +0900
"%10.9f" % t.to_f #=> "1195280283.536151409"
t.nsec #=> 536151406

IEEE 754 浮動小数点数で表現できる精度が違うため、Time#to_fの最小
の桁とnsecの最小の桁は...
<< < 1 2 3 4 ... > >>