るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
286件ヒット [1-100件を表示] (0.030秒)

別のキーワード

  1. _builtin to_s
  2. openssl to_der
  3. openssl to_s
  4. openssl to_pem
  5. _builtin to_a

検索結果

<< 1 2 3 > >>

String#to_f -> Float (18173.0)

文字列を 10 進数表現と解釈して、浮動小数点数 Float に変換します。

...p "10".to_f # => 10.0
p "10e2".to_f # => 1000.0
p "1e-2".to_f # => 0.01
p ".1".to_f # => 0.1

p "nan".to_f # => 0.0
p "INF".to_f # => 0.0
p "-Inf".to_f # => -0.0
p(("10" * 1000).to_f) # => Infinity (with warning)

p "".to_f # => 0.0
p "1_0_0".to_f # => 100.0
p " \n10".to_f # => 1...
...0.0 # 先頭の空白は無視される
p "0xa.a".to_f # => 0.0
//}

なお、このメソッドの逆に、数値を文字列に変換するには
Kernel.#sprintf,String#%,Integer#to_s
を使用します。

@see String#hex, String#oct, String#to_i,
Kernel.#Integer, Kernel.#Float...

Rational#to_f -> Float (18149.0)

自身の値を最も良く表現する Float に変換します。

...][ruby]{
Rational(2).to_f # => 2.0
Rational(9, 4).to_f # => 2.25
Rational(-3, 4).to_f # => -0.75
Rational(20, 3).to_f # => 6.666666666666667
Rational(1, 10**1000).to_f # => 0.0
Rational(-1, 10**1000).to_f # => -0.0
Rational(10**1000).to_f # => Infinity
Ra...

Complex#to_f -> Float (18119.0)

自身を Float に変換します。

...

@raise RangeError 虚部が実数か、0 ではない場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
Complex(3).to_f # => 3.0
Complex(3.5).to_f # => 3.5
Complex(3, 2).to_f # => RangeError
//}...

Integer#to_f -> Float (18119.0)

self を浮動小数点数(Float)に変換します。

...loat の範囲に収まらない場合、Float::INFINITY を返します。

//emlist[][ruby]{
1.to_f # => 1.0
(Float::MAX.to_i * 2).to_f # => Infinity
(-Float::MAX.to_i * 2).to_f # => -Infinity
//}...

Float#to_f -> self (18107.0)

self を返します。

...self を返します。

//emlist[例][ruby]{
3.14.to_f # => 3.14
//}...

絞り込み条件を変える

NilClass#to_f -> Float (18107.0)

0.0 を返します。

...0.0 を返します。

例:
nil.to_f #=> 0.0...

Time#to_f -> Float (18107.0)

起算時からの経過秒数を浮動小数点数で返します。1 秒に満たない経過も 表現されます。

...時からの経過秒数を浮動小数点数で返します。1 秒に満たない経過も
表現されます。

t = Time.now
"%10.5f" % t.to_f #=> "1049896564.13654"
t.to_i #=> 1049896564...

BigDecimal#to_f -> Float (18101.0)

self の近似値を表す Float オブジェクトに変換します。

self の近似値を表す Float オブジェクトに変換します。

仮数部や指数部の情報が必要な場合は、BigDecimal#split メソッドを利
用してください。

@see BigDecimal#split

Bignum#to_f -> Float (18101.0)

値を浮動小数点数(Float)に変換します。

値を浮動小数点数(Float)に変換します。

Fixnum#to_f -> Float (18101.0)

値を浮動小数点数(Float)に変換します。

値を浮動小数点数(Float)に変換します。

絞り込み条件を変える

TkVariable#to_f (18101.0)

@todo

@todo

値を数値(Float)として返します。

Vector#elements_to_f -> Vector (6113.0)

ベクトルの各成分をFloatに変換したベクトルを返します。

...ルの各成分をFloatに変換したベクトルを返します。

このメソッドは deprecated です。 map(&:to_f) を使ってください。

//emlist[例][ruby]{
require 'matrix'

v = Vector.elements([2, 3, 5, 7, 9])
vf = v.elements_to_f
p vf # => "Vector[2.0, 3.0, 5.0, 7.0, 9.0]"
//}...

Matrix#elements_to_f -> Matrix (6107.0)

各要素を浮動小数点数 Float に変換した行列を返します。

...各要素を浮動小数点数 Float に変換した行列を返します。

このメソッドは deprecated です。 map(&:to_f) を使ってください。...

TkVariable#element_to_f(*idxs) (6101.0)

@todo

@todo

Shell::ProcessController.wait_to_finish_all_process_controllers -> () (6100.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Socket::Constants::IPPROTO_FRAGMENT -> Integer (6100.0)

IPv6 fragmentation header。 BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt の level 引数に使用します。

IPv6 fragmentation header。
BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt の
level 引数に使用します。

また、Socket.open の protocol 引数に渡す利用法もあります。

@see 2292

Socket::IPPROTO_FRAGMENT -> Integer (6100.0)

IPv6 fragmentation header。 BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt の level 引数に使用します。

IPv6 fragmentation header。
BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt の
level 引数に使用します。

また、Socket.open の protocol 引数に渡す利用法もあります。

@see 2292

Tk::Tcllib::ICO.copy(from_file, from_index, to_file, to_index, keys = nil) (100.0)

@todo

@todo

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (36.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...defined>)) [new]

追加

=== NameError

: ((<NameError#name|NameError/name>)) [new]

追加

=== NilClass

: ((<NilClass#to_f|NilClass/to_f>)) [new]

追加

=== Numeric

: ((<Numeric#div|Numeric/div>)) [new]
: ((<Numeric#quo|Numeric/quo>)) [new]

追加 ((<ruby-dev:19423>))...
...ブルクォート
を使用していることに注意) ((<ruby-bugs-ja:PR#261>)), ((<ruby-dev:17446>))

: [parser] [change]
: ((<String#to_f|String/to_f>)) [change]
: ((<組み込み関数/Float>))() [change]

文字列を浮動小数点数に変換する内部処理で、ライブラリ関数...
...attributes, colors and key codes have been added.

: Complex#to_i [lib] [obsolete]
: Complex#to_f [lib] [obsolete]
: Complex#to_r [lib] [obsolete]

Complex#to_i, #to_f, #to_r はなくなりました。
((<ruby-bugs-ja:PR#102>)), ((<rubyist:0879>))

: ((<gdbm>)) [l...

BigDecimal#round -> Integer (24.0)

クラスメソッド BigDecimal.mode(BigDecimal::ROUND_MODE,flag) で指定した BigDecimal::ROUND_MODE に従って丸め操作を実行します。

...to_f # => 1.2346
BigDecimal("15.23456").round(-1).to_f # => 20.0

2番目の引数を指定すると、BigDecimal.mode の指定を無視して、指定さ
れた方法で丸め操作を実行します。

require "bigdecimal"
BigDecimal("1.23456").round(3,BigDecimal::ROUND_HALF_EVEN).to_f...
...# => 1.235
require "bigdecimal"
BigDecimal("1.23356").round(3,BigDecimal::ROUND_HALF_EVEN).to_f # => 1.234

@see BigDecimal.mode...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 > >>