るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
42件ヒット [1-42件を表示] (0.333秒)
トップページ > クエリ:pretty_print_cycle[x]

別のキーワード

  1. _builtin new
  2. _builtin to_s
  3. _builtin []
  4. _builtin inspect
  5. _builtin each

ライブラリ

クラス

キーワード

検索結果

Object#pretty_print_cycle(pp) -> () (18107.0)

プリティプリント時にオブジェクトの循環参照が検出された場合、 Object#pretty_print の代わりに呼ばれるメソッドです。

...クラスの pp の出力をカスタマイズしたい場合は、
このメソッドも再定義する必要があります。

@param pp PP オブジェクトです。

例:

class Array
def pretty_print_cycle(q)
q.text(empty? ? '[]' : '[...]')
end
end

@see Object#pretty_print...

PP.sharing_detection -> bool (16.0)

共有検出フラグを表すアクセサです。 デフォルトは false です。true である場合、 PP.pp は一度出力したオブジェクトを再び出力する時 Object#pretty_print_cycle を使います。

...
デフォルトは false です。true である場合、
PP.pp は一度出力したオブジェクトを再び出力する時
Object#pretty_print_cycle を使います。

@param boolean 共有検出フラグを true か false で指定します。

例:

require 'pp'
b = [1, 2, 3]
a = [...

PP.sharing_detection=(boolean) (16.0)

共有検出フラグを表すアクセサです。 デフォルトは false です。true である場合、 PP.pp は一度出力したオブジェクトを再び出力する時 Object#pretty_print_cycle を使います。

...
デフォルトは false です。true である場合、
PP.pp は一度出力したオブジェクトを再び出力する時
Object#pretty_print_cycle を使います。

@param boolean 共有検出フラグを true か false で指定します。

例:

require 'pp'
b = [1, 2, 3]
a = [...

pp (12.0)

オブジェクトなどを見やすく出力するためのライブラリです。

...カスタマイズ

あるクラスの pp の出力をカスタマイズしたい場合は、
そのクラスで pretty_print メソッドと pretty_print_cycle メソッドを再定義します。
このメソッドは PP オブジェクトを引数として pp 実行時に呼ばれます。
ユー...
...q.pp v
end
end
first = false
}
end
q.breakable
q.text "</hash>"
end

def pretty_print_cycle(q)
q.text(empty? ? '{}' : '{...}')
end
end

h = {:a => 'a'*5, :b => 'b'*10, :c => 'c'*20, :d => 'd'*30}
pp h

#=>...

Object#pretty_print(pp) -> () (6.0)

PP.pp や Kernel.#pp がオブジェクトの内容を出力するときに 呼ばれるメソッドです。PP オブジェクト pp を引数として呼ばれます。

...PP オブジェクトです。

例:

require 'pp'
class Array
def pretty_print(q)
q.group(1, '[', ']') {
q.seplist(self) {|v|
q.pp v
}
}
end
end

@see Object#pretty_print_cycle, Object#inspect, PrettyPrint#text, PrettyPrint#group, PrettyPrint#breakable...

絞り込み条件を変える

PP#pp(obj) -> () (6.0)

指定されたオブジェクト obj を Object#pretty_print を使って自身のバッファに追加します。

...す。

obj がすでに、現在のノードの親において出力されていた場合には、
参照のループが存在しているので、Object#pretty_print の代わりに
Object#pretty_print_cycle が使われます。

@param obj 表示したいオブジェクトを指定します。...