library pp (Ruby 2.3.0)

Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > ppライブラリ

library pp

要約

オブジェクトなどを見やすく出力するためのライブラリです。

このライブラリを require すると Kernel.#pp が定義されます。 Kernel.#p のかわりに Kernel.#pp を使うことにより、 適切にインデントと改行された分かりやすい出力を得ることが出来ます。pp ライブラリは、 ユーザがあたらしく定義したクラスに対しても見やすい表示を するように作られていますので、Kernel.#pp を使う上で余計な作業をする 必要はありません。

どちらが読みやすいでしょうか?

p による pretty-print されてない出力:

#<PP:0x81a0d10 @stack=[], @genspace=#<Proc:0x81a0cc0>, @nest=[0], @newline="\n",
 @buf=#<PrettyPrint::Group:0x81a0c98 @group=0, @tail=0, @buf=[#<PrettyPrint::Gro
up:0x81a0ba8 @group=1, @tail=0, @buf=[#<PrettyPrint::Text:0x81a0b30 @tail=2, @wi
dth=1, @text="[">, #<PrettyPrint::Group:0x81a0a68 @group=2, @tail=1, @buf=[#<Pre
ttyPrint::Text:0x81a09f0 @tail=1, @width=1, @text="1">], @singleline_width=1>, #
<PrettyPrint::Text:0x81a0a7c @tail=0, @width=1, @text=",">, #<PrettyPrint::Break
able:0x81a0a2c @group=2, @gensace=#<Proc:0x81a0cc0>, @newline="\n", @indent=1, @
tail=2, @sep=" ", @width=1>, #<PrettyPrint::Group:0x81a09c8 @group=2, @tail=1, @
buf=[#<PrettyPrint::Text:0x81a0950 @tail=1, @width=1, @text="2">], @singleline_w
idth=1>, #<PrettyPrint::Text:0x81a0af4 @tail=0, @width=1, @text="]">], @singleli
ne_width=6>], @singleline_width=6>, @sharing_detection=false>

pp による pretty-print された出力:

#<PP:0x40d0688
 @buf=
  #<PrettyPrint::Group:0x40d064c
   @buf=
    [#<PrettyPrint::Group:0x40d05d4
      @buf=
       [#<PrettyPrint::Text:0x40d0598 @tail=2, @text="[", @width=1>,
        #<PrettyPrint::Group:0x40d0534
         @buf=[#<PrettyPrint::Text:0x40d04f8 @tail=1, @text="1", @width=1>],
         @group=2,
         @singleline_width=1,
         @tail=1>,
        #<PrettyPrint::Text:0x40d053e @tail=0, @text=",", @width=1>,
        #<PrettyPrint::Breakable:0x40d0516
         @genspace=#<Proc:0x40d0656>,
         @group=2,
         @indent=1,
         @newline="\n",
         @sep=" ",
         @tail=2,
         @width=1>,
        #<PrettyPrint::Group:0x40d04e4
         @buf=[#<PrettyPrint::Text:0x40d04a8 @tail=1, @text="2", @width=1>],
         @group=2,
         @singleline_width=1,
         @tail=1>,
        #<PrettyPrint::Text:0x40d057a @tail=0, @text="]", @width=1>],
      @group=1,
      @singleline_width=6,
      @tail=0>],
   @group=0,
   @singleline_width=6,
   @tail=0>,
 @genspace=#<Proc:0x40d0656>,
 @nest=[0],
 @newline="\n",
 @sharing_detection=false,
 @stack=[]>

出力のカスタマイズ

あるクラスの pp の出力をカスタマイズしたい場合は、 そのクラスで pretty_print メソッドと pretty_print_cycle メソッドを再定義します。 このメソッドは PP オブジェクトを引数として pp 実行時に呼ばれます。 ユーザは表示したい内容を表すツリーを、 引数として与えられた PP オブジェクトを使って以下のように作成します。

PPPrettyPrint のサブクラスですので、上で PrettyPrint のメソッドとされているものは PP のメソッドでもあります。

以下は Hash の pretty printing のカスタマイズの例です。

require 'pp'
class Hash
  def pretty_print(q)
    q.group(2, "<hash>") do
      q.breakable
      first = true
      self.each{|k, v|
        unless first
          q.text(',')
          q.breakable
        end
        q.pp k
        q.text ' => '
        q.group(1) do
          q.breakable ''
          if v.is_a?(String) and v.size > 10
            q.pp(v[0..9] + '...')
          else
            q.pp v
          end
        end
        first = false
      }
    end
    q.breakable
    q.text "</hash>"
  end

  def pretty_print_cycle(q)
    q.text(empty? ? '{}' : '{...}')
  end
end

h = {:a => 'a'*5, :b => 'b'*10, :c => 'c'*20, :d => 'd'*30}
pp h

#=>
<hash>
  :d => "dddddddddd...",
  :a => "aaaaa",
  :b => "bbbbbbbbbb",
  :c => "cccccccccc..."
</hash>

クラス

PP

オブジェクトなどを見やすく出力するためのクラスです。

同時にrequireされるライブラリ

prettyprint

pretty printing アルゴリズムのためのライブラリです。

追加・再定義されるメソッド

Kernel.#pp Object#pretty_inspect Object#pretty_print Object#pretty_print_cycle Object#pretty_print_inspect Object#pretty_print_instance_variables