るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
83件ヒット [1-83件を表示] (0.010秒)
トップページ > クエリ:coerce[x]

別のキーワード

  1. _builtin coerce
  2. matrix coerce
  3. bigdecimal coerce
  4. bn coerce
  5. numeric coerce

ライブラリ

クラス

キーワード

検索結果

Numeric#coerce(other) -> [Numeric] (18131.0)

自身と other が同じクラスになるよう、自身か other を変換し [other, self] という配列にして返します。

...ければなりません。
以下は Rational の coerce のソースです。other が自身の知らない数値クラスであった場合、
super を呼んでいることに注意して下さい。

# lib/rational.rb より

def coerce(other)
if other.kind_of?(Float)
return othe...
...ドとして受け
取ると coerce を使って自分とオペランドを変換した上で演算を行います。
以下は Rational の + メソッドを一部省略したものです。
引数が自身の知らない数値クラスである場合、引数の coerce により自身を変換し...
...def + (a)
if a.kind_of?(Rational)
# 長いので省略
elsif a.kind_of?(Integer)
# 長いので省略
elsif a.kind_of?(Float)
Float(self) + a
else
x, y = a.coerce(self)
x + y
end
end

@param other オペランドを数値で指定します。...

BigDecimal#coerce(other) -> Array (18113.0)

self と other が同じクラスになるよう、self か other を変換し [other, self] という配列にして返します。

...ther 比較または変換するオブジェクト

BigDecimal#coerce は Ruby における強制型変換のための機能です。
BigDecimal オブジェクトとその他のオブジェクト間の各種の計算は
BigDecimal#coerce の結果を元に行われます。

例:

require "bigdec...

Rational#coerce(other) -> Array (18113.0)

自身と other が同じクラスになるよう、自身か other を変換し [other, self] という 配列にして返します。

...other が同じクラスになるよう、自身か other を変換し [other, self] という
配列にして返します。

@param other 比較または変換するオブジェクト

//emlist[例][ruby]{
Rational(1).coerce(2) # => [(2/1), (1/1)]
Rational(1).coerce(2.2) # => [2.2, 1.0]
//}...

Complex#coerce(other) -> [Complex, Complex] (18107.0)

other を Complex に変換して [変換後の other, self] の配列を返します。

...返します。

@raise TypeError 変換できないオブジェクトを指定した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
Complex(1).coerce(2) # => [(2+0i), (1+0i)]
//}...

Matrix#coerce(other) -> Array (18107.0)

他の数値オブジェクトとの変換を行います。

...lfとの組を配列として返します。

@param other 変換する数値オブジェクト

//emlist[例][ruby]{
require 'matrix'
a1 = [1, 2]
a2 = [-1.25, 2.2]
m = Matrix[a1, a2]
r = Rational(1, 2)
p m.coerce(r) #=> [#<Matrix::Scalar:0x832df18 @value=(1/2)>, Matrix[[1, 2], [-1.25, 2.2]]]
//}...

絞り込み条件を変える

URI::Generic#coerce(oth) -> [URI, URI] (18107.0)

引数 oth をパースして [パース後の oth, self] の配列を返します。

...返します。

@param oth URI オブジェクトか文字列を指定します。

例:

require 'uri'

uri = URI.parse("http://my.example.com")
uri.coerce("http://foo.com")
# => [#<URI::HTTP:0x00000000bcb028 URL:http://foo.com/>, #<URI::HTTP:0x00000000d92178 URL:http://my.example.com>]...

OpenSSL::BN#coerce(other) -> Array (18101.0)

自身と other が同じクラスになるよう、自身か other を変換し [other, self] という配列にして返します。

自身と other が同じクラスになるよう、自身か other を変換し
[other, self] という配列にして返します。

基本的に other が整数のときに、自身を Integer のオブジェクトに
変換して [other, 変換後オブジェクト] にして返します。
それ以外の場合は例外 TypeError を発生させます。

@param other 変換の基準となるオブジェクト
@raise TypeError 変換に失敗した場合に発生します

TkVariable#coerce(other) (18101.0)

@todo

@todo

NEWS for Ruby 2.5.0 (18.0)

NEWS for Ruby 2.5.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...い引数が与えられたときcoerce内部で発生したエラーを隠蔽しないようになりました。
7688
* 数値の比較メソッド(<,<=,>=,>)は、coerceメソッドで発生した例外を隠蔽しなくなりました。
coerce
がnilを返す場合、変換は不...

Numeric (18.0)

数値を表す抽象クラスです。Integer や Float などの数値クラス は Numeric のサブクラスとして実装されています。

...いるメソッドは、Numeric のサブクラスとして新たに数値クラスを定義した時に、
演算メソッド(+, -, *, /, %, <=>, coerce)だけを定義すれば、数値クラスのそのほかのメソッドが
適切に定義されることを意図して提供されています...
...す。

効率のため Numeric のメソッドと同じメソッドがサブクラスで再定義されている場合があります。

Numeric#coerce メソッドを使うことによって異なる数値クラス間で演算を行うこともできます。

=== 数値関連のメソッドを...
...- o o -
chr | - o - - - - -
coerce
| o - - o o o o
conj | o - -...
...ceil | o o o o -
chr | - o - - -
coerce
| o o o o o
conj | o - - - o...

絞り込み条件を変える

Ruby用語集 (18.0)

Ruby用語集 === A

....jp/ruby/)

=== C


: Coerce
数値の型変換を行うメソッド。数値計算のメソッドは自分の知らな
いインスタンスが引数として渡された時にはcoerce
メソッドを使って変換を行うように取り決められている。
coerce
メソッドは引...

bigdecimal (18.0)

bigdecimal は浮動小数点数演算ライブラリです。 任意の精度で 10 進表現された浮動小数点数を扱えます。

...に意味がない事に注意してください。数学的な 0 は符号を持ちません。

=== 他の数値オブジェクトとの変換 (coerce)

BigDecimal オブジェクトが算術演算子の左にあるときは、
BigDecimal オブジェクトが右にあるオブジェクトを
(必...
...を区別します)。
ただし、mode メソッドで false を指定した場合は例外が発生します。
また、BigDecimalクラスは coerce(Ruby本参照)をサポートしています。
従って、BigDecimal オブジェクトが右にある場合も大抵は大丈夫です。
ただ...
...せんが、
どうしてもと言う人は String オブジェクトを継承した新たなクラスを作成してから、
そのクラスで coerce をサポートしてください。

===[a:internal_structure] 内部構造

BigDecimal内部で浮動小数点は構造体(Real)で表現され...

BigDecimal#==(other) -> bool (6.0)

self が other と等しい場合に true を、そうでない場合に false を返します。

...self が other と等しい場合に true を、そうでない場合に false を返します。

それぞれの値は BigDecimal#coerce で変換して比較される場合があります。

require 'bigdecimal'
BigDecimal('1.0') == 1.0 # => true...

BigDecimal#===(other) -> bool (6.0)

self が other と等しい場合に true を、そうでない場合に false を返します。

...self が other と等しい場合に true を、そうでない場合に false を返します。

それぞれの値は BigDecimal#coerce で変換して比較される場合があります。

require 'bigdecimal'
BigDecimal('1.0') == 1.0 # => true...

BigDecimal#eql?(other) -> bool (6.0)

self が other と等しい場合に true を、そうでない場合に false を返します。

...self が other と等しい場合に true を、そうでない場合に false を返します。

それぞれの値は BigDecimal#coerce で変換して比較される場合があります。

require 'bigdecimal'
BigDecimal('1.0') == 1.0 # => true...

絞り込み条件を変える