るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
29件ヒット [1-29件を表示] (0.034秒)
トップページ > クエリ:Kernel.#warn[x]

別のキーワード

  1. kernel spawn
  2. kernel open
  3. kernel exec
  4. kernel system
  5. kernel fail

種類

ライブラリ

モジュール

検索結果

Kernel.#warn(*message, uplevel: nil) -> nil (62131.0)

message を 標準エラー出力 $stderr に出力します。 $VERBOSE フラグ が nil のときは何も出力しません。

...[例][ruby]{
warn
"caution!" #=> caution!
$VERBOSE = nil
warn
"caution!" # 何もしない
//}

//emlist[uplevel の例][ruby]{
def foo
warn
("test message", uplevel: 0) # => test.rb:2: warning: test message
warn
("test message", uplevel: 1) # => test.rb:6: warning: test message
warn
("test messa...

Kernel.#warn(*message) -> nil (62113.0)

message を 標準エラー出力 $stderr に出力します。 $VERBOSE フラグ が nil のときは何も出力しません。

...Error 標準エラー出力が書き込み用にオープンされていなければ発生します。
@raise Errno::EXXX 出力に失敗した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
warn
"caution!" #=> caution!
$VERBOSE = nil
warn
"caution!" # 何もしない
//}


@see $stderr,$VERBOSE...

Kernel$$stderr -> object (21018.0)

標準エラー出力です。

...標準エラー出力です。

Ruby インタプリタが出力するエラーメッセージや
警告メッセージ、Kernel.#warn の出力先となります。
初期値は Object::STDERR です。


$stderr に代入するオブジェクトには
write という名前のメソッドが定義...

Syslog.#warning(message, *arg) -> self (3106.0)

Syslog#log()のショートカットメソッド。 システムによっては定義されていないものもあります。

...log.emerg(message, *arg) は、Syslog.log(Syslog::LOG_EMERG, message, *arg)
と同じです。

@param message フォーマット文字列です。Kernel.#sprintf と同じ形式の引数を指定します。

@param arg フォーマットされる引数です。

@raise ArgumentError 引数が1つ...

NEWS for Ruby 2.0.0 (102.0)

NEWS for Ruby 2.0.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...ts

* Kernel
* 追加: Kernel.#Hash という変換メソッド。Kernel.#Array, Kernel.#Float に似ています
* 追加: Kernel.#__dir__ 現在のソースファイル(__FILE__)のあるディレクトリ名を正規化された絶対パ スで返します。
* 追加: Kernel.#calle...
...r_locations フレーム情報の配列を返します
* 拡張: Kernel.#warn Kernel.#puts のように複数の引数を受け付けるようになりました
* 拡張: Kernel.#caller 第2引数で取得するスタックのサイズを指定できるようになりました
* 拡張:...
...Object#to_enum Object#enum_for サイズの遅延評価のためにブロックを受け取るようになりました
* 非互換: Kernel.#system, Kernel.#exec は非標準のファイルディスクリプタを閉じます
:close_others オプションのデフォルト値を true に変...

絞り込み条件を変える

NEWS for Ruby 2.5.0 (48.0)

NEWS for Ruby 2.5.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...nybits?, Integer#nobits? を追加 12753
* Integer.sqrt を追加 13219

* Kernel
* Object#yield_self を追加 6721
* Kernel.#pp をrequireなしで使えるようにしました 14123
* Kernel.#warn :uplevel というキーワード引数を追加しました 12882

* Method...
...がマルチユーザーセーフである場合のみ。12921

* open-uri
* URI.open を open-uri の Kernel.open の別名として追加しました。
将来 open-uri の Kernel.open は非推奨になります。

* openssl
* Ruby/OpenSSLのバージョンを2.0から2.1に更...
...* WEBrick::HTTPResponse#send_body_proc を追加 855
* RubyGem としてリリース 13173
* 意図しない振舞いを避けるため Kernel.#open を使用するのをやめました 14216

* zlip
* Zlib::GzipWriter#write は複数の引数を受け取れるようになりまし...

NEWS for Ruby 2.4.0 (24.0)

NEWS for Ruby 2.4.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...ができるようになりました 10617
* Symbol#to_proc でメソッド呼び出し元での Refinements が有効になりました 9451
* Kernel#send や BasicObject#__send__ でメソッドを呼び出したときに Refinements が有効になりました 11476
* 後置 rescue をメ...
...IO#each_line, IO#readlines, IO.foreach は
chomp というキーワード引数を受け付けるようになりました。12553

* Kernel
* Kernel#clone は freeze というキーワード引数を受け付けるようになりました。
12300

* MatchData
* MatchData#nam...
...n_exception を追加 6647

* TracePoint
* TracePoint#callee_id を追加 12747

* Warning
* Warningという名前のモジュールを導入しました。
デフォルトでは Warning.#warn という特異メソッドだけ定義されているモジュールです。
...