るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
21件ヒット [1-21件を表示] (0.009秒)
トップページ > クエリ:GC[x] > クエリ:callback[x]

別のキーワード

  1. gc stat
  2. gc latest_gc_info
  3. _builtin latest_gc_info
  4. _builtin gc
  5. gc count

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

TkMsgCatalog.callback(namespace, locale, src_str, *args) (21101.0)

@todo

@todo

ObjectSpace.#define_finalizer(obj) {|id| ...} -> Array (42.0)

obj が解放されるときに実行されるファイナライザ proc を 登録します。同じオブジェクトについて複数回呼ばれたときは置き換えで はなく追加登録されます。現在のセーフレベルと proc を配列にして返します。

...ObjectSpace.define_finalizer(self) {
puts "foo"
}
end
end
Foo.new
GC
.start

これは、渡された proc の self が obj を参照しつ
づけるため。そのオブジェクトが GC の対象になりません。

tempfile は、ファイナライザの使い方の
...
...で上記の問題を回避しています。

class Bar
def Bar.callback
proc {
puts "bar"
}
end
def initialize
ObjectSpace.define_finalizer(self, Bar.callback)
end
end
Bar.new
GC
.start

proc の呼び出しで発生した大域脱出(exitや例外)...
...は無視されます。
これは、スクリプトのメイン処理が GC の発生によって非同期に中断され
るのを防ぐためです。不安なうちは -d オプションで
事前に例外の発生の有無を確認しておいた方が良いでしょう。

class Baz
def...

ObjectSpace.#define_finalizer(obj, proc) -> Array (42.0)

obj が解放されるときに実行されるファイナライザ proc を 登録します。同じオブジェクトについて複数回呼ばれたときは置き換えで はなく追加登録されます。現在のセーフレベルと proc を配列にして返します。

...ObjectSpace.define_finalizer(self) {
puts "foo"
}
end
end
Foo.new
GC
.start

これは、渡された proc の self が obj を参照しつ
づけるため。そのオブジェクトが GC の対象になりません。

tempfile は、ファイナライザの使い方の
...
...で上記の問題を回避しています。

class Bar
def Bar.callback
proc {
puts "bar"
}
end
def initialize
ObjectSpace.define_finalizer(self, Bar.callback)
end
end
Bar.new
GC
.start

proc の呼び出しで発生した大域脱出(exitや例外)...
...は無視されます。
これは、スクリプトのメイン処理が GC の発生によって非同期に中断され
るのを防ぐためです。不安なうちは -d オプションで
事前に例外の発生の有無を確認しておいた方が良いでしょう。

class Baz
def...

NEWS for Ruby 2.0.0 (30.0)

NEWS for Ruby 2.0.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...le.fnmatch? は File::FNM_EXTGLOB(File::Constants::FNM_EXTGLOB) オプションが与えられていればブレースを展開します

* GC
* 改良:
* ビットマップマーキングを導入しました。Copy-on-Write を使用してページをコピーするのでメモ...
...的なマーキングを導入しました。期待しないスタックオーバーフローを避けるためです

* GC::Profiler
* 追加: GC::Profiler.raw_data GCの加工していないプロファイルデータを返します

* Hash
* 追加: Hash#to_h 明示的に変換する...
...sions with OpenSSL::SSL:OP_NO_TLSv1_1 and
OpenSSL::SSL::OP_NO_TLSv1_2.
* Added OpenSSL::SSL::SSLContext#renegotiation_cb. A user-defined callback
may be set which gets called whenever a new handshake is negotiated. This
also allows to programmatically decline (client) renegotia...