るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
144件ヒット [101-144件を表示] (0.010秒)
トップページ > クラス:Object[x] > クエリ:FALSE[x]

別のキーワード

  1. object false
  2. _builtin false
  3. rb_false
  4. false object
  5. false _builtin

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< < 1 2 >>

Object#freeze -> self (7.0)

オブジェクトを凍結(内容の変更を禁止)します。

...=> "bar"

a2 = "foo".freeze
a2.replace("bar") # can't modify frozen String (FrozenError)

凍結を解除することはできませんが、Object#dup を使えばほぼ同じ内容の凍結されていない
オブジェクトを得ることはできます。

a = [1].freeze
p a.frozen?...
...#=> true

a[0] = "foo"
p a # can't modify frozen Array (RuntimeError)

b = a.dup
p b #=> [1]
p b.frozen? #=> false

b[0] = "foo"
p b #=> ["foo"]

@see Object#frozen?,Object#dup,Kernel.#trace_var...
...> "bar"

a2 = "foo".freeze
a2.replace("bar") # can't modify frozen String (RuntimeError)

凍結を解除することはできませんが、Object#dup を使えばほぼ同じ内容の凍結されていない
オブジェクトを得ることはできます。

a = [1].freeze
p a.frozen?...
...#=> true

a[0] = "foo"
p a # can't modify frozen Array (FrozenError)

b = a.dup
p b #=> [1]
p b.frozen? #=> false

b[0] = "foo"
p b #=> ["foo"]

@see Object#frozen?,Object#dup,Kernel.#trace_var...

Object#frozen? -> bool (7.0)

オブジェクトが凍結(内容の変更を禁止)されているときに真を返します。

...凍結(内容の変更を禁止)されているときに真を返します。

obj = "someone"
p obj.frozen? #=> false
obj.freeze
p obj.frozen? #=> true

@see Object#freeze...

Object#initialize_copy(obj) -> object (7.0)

(拡張ライブラリによる) ユーザ定義クラスのオブジェクトコピーの初期化メソッド。

...は self を obj の内容で置き換えます。ただ
し、self のインスタンス変数や特異メソッドは変化しません。
Object
#clone, Object#dupの内部で使われています。

initialize_copy は、Ruby インタプリタが知り得ない情報をコピーするた
めに...
...alize_copy でコピーするよう定義しておくことで、dup や clone
を再定義する必要がなくなります。

デフォルトの Object#initialize_copy は、 freeze チェックおよび型のチェックを行い self
を返すだけのメソッドです。

initialize_copy と...
...1
obj.taint

check Object.new.send(:initialize_copy, obj)
#=> instance variables: #<Object:0x4019c9d4>
# tainted?: false
# singleton methods: #<NoMethodError: ...>
check obj.dup
#=> instance variables: #<Object:0x4019c9c0 @foo=1>...

Object#instance_of?(klass) -> bool (7.0)

オブジェクトがクラス klass の直接のインスタンスである時真を返します。

...obj.kind_of?(c) も成立します。

@param klass Classかそのサブクラスのインスタンスです。

class C < Object
end
class S < C
end

obj = S.new
p obj.instance_of?(S) # true
p obj.instance_of?(C) # false

@see Object#kind_of?,Object#class...

Object#instance_variable_defined?(var) -> bool (7.0)

インスタンス変数 var が定義されていたら真を返します。

...end
end
fred = Fred.new('cat', 99)
p fred.instance_variable_defined?(:@a) #=> true
p fred.instance_variable_defined?("@b") #=> true
p fred.instance_variable_defined?("@c") #=> false

@see Object#instance_variable_get,Object#instance_variable_set,Object#instance_variables...

絞り込み条件を変える

Object#respond_to_missing?(symbol, include_private) -> bool (7.0)

自身が symbol で表されるメソッドに対し BasicObject#method_missing で反応するつもりならば真を返します。

...れるメソッドに対し
BasicObject#method_missing で反応するつもりならば真を返します。

Object
#respond_to? はメソッドが定義されていない場合、
デフォルトでこのメソッドを呼びだし問合せます。

BasicObject#method_missing を override した...
...場合にこのメソッドも
override されるべきです。

false
を返します。

@param symbol メソッド名シンボル
@param include_private private method も含めたい場合に true が渡されます

@see Object#respond_to?, BasicObject#method_missing...

Object#singleton_class -> Class (7.0)

レシーバの特異クラスを返します。 まだ特異クラスがなければ、新しく作成します。

...ます。

レシーバが nil か true か false なら、それぞれ NilClass, TrueClass,
False
Class を返します。

@raise TypeError レシーバが Fixnum か Symbol の場合に発生します。

Object
.new.singleton_class #=> #<Class:#<Object:0xb7ce1e24>>
String.singleton_class...
...#=> #<Class:String>
nil.singleton_class #=> NilClass

@see Object#class...
...

レシーバが nil か true か false なら、それぞれ NilClass, TrueClass,
False
Class を返します。

@raise TypeError レシーバが Integer、Float、Symbol の場合に発生します。

Object
.new.singleton_class #=> #<Class:#<Object:0xb7ce1e24>>
String.singleton_class...

Object#tainted? -> bool (7.0)

オブジェクトの「汚染マーク」がセットされている時真を返します。

...オブジェクトの汚染に関してはspec/safelevelを参照してください。

p String.new.tainted? #=> false
p ENV['OS'].tainted? #=> true

@see Object#taint,Object#untaint...
<< < 1 2 >>