るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
59件ヒット [1-59件を表示] (0.089秒)

別のキーワード

  1. matrix l
  2. kernel $-l
  3. _builtin $-l
  4. lupdecomposition l

クラス

キーワード

検索結果

ERB#def_class(superklass=Object, methodname='erb') -> Class (6303.0)

変換した Ruby スクリプトをメソッドとして定義した無名のクラスを返します。

...erklass 無名クラスのスーパークラス

@param methodname メソッド名

//emlist[例][ruby]{
require 'erb'

class MyClass_
def initialize(arg1, arg2)
@arg1 = arg1; @arg2 = arg2
end
end
filename = 'example.rhtml' # @arg1 と @arg2 が使われている example.rhtml

erb
= ERB.n...
...ew(File.read(filename))
erb
.filename = filename
MyClass = erb.def_class(MyClass_, 'render()')
print MyClass.new('foo', 123).render()

# => test1foo
# test2123
//}...

ERB#def_module(methodname='erb') -> Module (6203.0)

変換した Ruby スクリプトをメソッドとして定義した無名のモジュールを返します。

...am methodname メソッド名

//emlist[例][ruby]{
require 'erb'
filename = 'example.rhtml'
erb
= ERB.new("test1<%= arg1 %>\ntest2<%= arg2 %>\n")
erb
.filename = filename
MyModule = erb.def_module('render(arg1, arg2)')
class MyClass
include MyModule
end
print MyClass.new.render('foo', 123)
# test1...
変換した Ruby スクリプトをメソッドとして定義した無名のモジュールを返します。

@param methodname メソッド名

ERB#filename -> String (6103.0)

エラーメッセージを表示する際のファイル名を取得します。

...を表示する際のファイル名を取得します。

//emlist[例][ruby]{
require 'erb'
filename = 'example.rhtml'
erb
= ERB.new(File.read(filename))
erb
.filename # => nil
erb
.filename = filename
erb
.filename # =>"example.rhtml"
//}...
エラーメッセージを表示する際のファイル名を取得します。

ERB#filename= -> String (6103.0)

エラーメッセージを表示する際のファイル名を設定します。

...ilename を設定しておくことにより、エラーが発生した eRuby スクリプトの特定が容易になります。filename を設定していない場合は、エラー発生箇所は「 (ERB) 」という出力となります。

//emlist[例][ruby]{
require 'erb'
filename = 'example...
....rhtml'
erb
= ERB.new(File.read(filename))
erb
.filename # => nil
erb
.filename = filename
erb
.filename # =>"example.rhtml"
//}...
...する際のファイル名を設定します。

filename を設定しておくことにより、エラーが発生した eRuby スクリプトの特定が容易になります。filename を設定していない場合は、エラー発生箇所は「 (ERB) 」という出力となります。...

ERB#result(b=TOPLEVEL_BINDING) -> String (6103.0)

ERB を b の binding で実行し、結果の文字列を返します。

...
ERB
を b の binding で実行し、結果の文字列を返します。

@param b eRubyスクリプトが実行されるときのbinding

//emlist[例][ruby]{
require 'erb'
erb
= ERB.new("test <%= test1 %>\ntest <%= test2 %>\n")
test1 = "foo"
test2 = "bar"
puts erb.result
# test foo
# test bar
//...
...}

@see ERB#result_with_hash...
...
ERB
を b の binding で実行し、結果の文字列を返します。

@param b eRubyスクリプトが実行されるときのbinding

@see ERB#result_with_hash...

絞り込み条件を変える

ERB#result_with_hash(hash) -> String (6103.0)

ERB をハッシュオブジェクトで指定されたローカル変数を持つ 新しいトップレベルバインディングで実行し、結果の文字列を返します。

...
ERB
をハッシュオブジェクトで指定されたローカル変数を持つ
新しいトップレベルバインディングで実行し、結果の文字列を返します。

@param hash ローカル変数名をキーにしたハッシュ

@see ERB#result...

ERB#def_method(mod, methodname, fname=&#39;(ERB)&#39;) -> nil (103.0)

変換した Ruby スクリプトをメソッドとして定義します。

...に活躍します。

@param mod メソッドを定義するモジュール(またはクラス)

@param methodname メソッド名

@param fname スクリプトを定義する際のファイル名

例:

require 'erb'
erb
= ERB.new(script)
erb
.def_method(MyClass, 'foo(bar)', 'foo.erb')...

ERB#run(b=TOPLEVEL_BINDING) -> nil (103.0)

ERB を b の binding で実行し、結果を標準出力へ印字します。

...
ERB
を b の binding で実行し、結果を標準出力へ印字します。

@param b eRubyスクリプトが実行されるときのbinding

//emlist[例][ruby]{
require 'erb'
erb
= ERB.new("test <%= test1 %>\ntest <%= test2 %>\n")
test1 = "foo"
test2 = "bar"
erb
.run
# test foo
# test bar
//}...
...
ERB
を b の binding で実行し、結果を標準出力へ印字します。

@param b eRubyスクリプトが実行されるときのbinding...

ERB#set_eoutvar(compiler, eoutvar = &#39;_erbout&#39;) -> Array (103.0)

ERBの中でeRubyスクリプトの出力をためていく変数を設定します。

...
ERB
の中でeRubyスクリプトの出力をためていく変数を設定します。

ERB
でeRubyスクリプトの出力をためていく変数を設定するために使用します。
この設定は ERB#new でも行えるため、通常はそちらを使用した方がより容易です。...
...本メソッドを使用するためには、引数にて指定する eRuby コンパイラを事前に生成しておく必要があります。

@param compiler eRubyコンパイラ

@param eoutvar eRubyスクリプトの中で出力をためていく変数...