るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
616件ヒット [201-300件を表示] (0.353秒)

別のキーワード

  1. _builtin new
  2. _builtin inspect
  3. _builtin []
  4. _builtin to_s
  5. _builtin each

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< < 1 2 3 4 5 ... > >>

Time#gmtoff -> Integer (8002.0)

協定世界時との時差を秒を単位とする数値として返します。

...時の場合][ruby]{
p Time.now.zone # => "JST"
p Time.now.utc_offset # => 32400
//}

タイムゾーンが協定世界時に設定されている場合は 0 を返します。

//emlist[協定世界時の場合][ruby]{
p Time.now.getgm.zone # => "UTC"
p Time.now.getgm.utc_offset # =...

Time#hash -> Integer (8002.0)

self のハッシュ値を返します。

self のハッシュ値を返します。

@return ハッシュ値を返します。


@see Object#hash

Time#hour -> Integer (8002.0)

時を整数で返します。

...時を整数で返します。

//emlist[][ruby]{
t = Time.local(2000,1,2,3,4,5) # => 2000-01-02 03:04:05 +0900
p t.hour # => 3
//}...

Time#inspect -> String (8002.0)

時刻を文字列に変換した結果を返します。

...刻を文字列に変換した結果を返します。

Time
#to_s とは異なりナノ秒まで含めて返します。

//emlist[][ruby]{
t = Time.now
t.inspect #=> "2012-11-10 18:16:12.261257655 +0100"
t.strftime "%Y-%m-%d %H:%M:%S.%N %z" #=> "2012-11-10 18:16:12.2612...
...57655 +0100"

t.utc.inspect #=> "2012-11-10 17:16:12.261257655 UTC"
t.strftime "%Y-%m-%d %H:%M:%S.%N UTC" #=> "2012-11-10 17:16:12.261257655 UTC"
//}

戻り値の文字エンコーディングは Encoding::US_ASCII です。...

Time#isdst -> bool (8002.0)

自身が表す日時が夏時間なら true を返します。そうでないなら false を返します。

...自身が表す日時が夏時間なら true を返します。そうでないなら false を返します。

//emlist[][ruby]{
ENV['TZ'] = 'US/Pacific'
p Time.local(2000, 7, 1).isdst # => true
p Time.local(2000, 1, 1).isdst # => false
//}...

絞り込み条件を変える

Time#localtime -> self (8002.0)

タイムゾーンを地方時に設定します。

...とする整数か、"+HH:MM" "-HH:MM" 形式
の文字列で指定します。

Time
#localtime, Time#gmtime の挙動はシステムの
localtime(3) の挙動に依存します。Time クラ
スでは時刻を起算時からの経過秒数として保持していますが、ある...
...。システムを越えて Time オブジェクトを受け
渡す場合には注意する必要があります。

//emlist[][ruby]{
p t = Time.utc(2000, "jan", 1, 20, 15, 1) # => 2000-01-01 20:15:01 UTC
p t.utc? # => true
p t.localtime...
...# => 2000-01-02 05:15:01 +0900
p t.utc? # => false

p t.localtime("+09:00") # => 2000-01-02 05:15:01 +0900
p t.utc? # => false
//}...

Time#localtime(utc_offset) -> self (8002.0)

タイムゾーンを地方時に設定します。

...とする整数か、"+HH:MM" "-HH:MM" 形式
の文字列で指定します。

Time
#localtime, Time#gmtime の挙動はシステムの
localtime(3) の挙動に依存します。Time クラ
スでは時刻を起算時からの経過秒数として保持していますが、ある...
...。システムを越えて Time オブジェクトを受け
渡す場合には注意する必要があります。

//emlist[][ruby]{
p t = Time.utc(2000, "jan", 1, 20, 15, 1) # => 2000-01-01 20:15:01 UTC
p t.utc? # => true
p t.localtime...
...# => 2000-01-02 05:15:01 +0900
p t.utc? # => false

p t.localtime("+09:00") # => 2000-01-02 05:15:01 +0900
p t.utc? # => false
//}...

Time#mday -> Integer (8002.0)

日を整数で返します。

...日を整数で返します。

//emlist[][ruby]{
t = Time.local(2000,1,2,3,4,5) # => 2000-01-02 03:04:05 +0900
p t.day # => 2
p t.mday # => 2
//}...

Time#min -> Integer (8002.0)

分を整数で返します。

...分を整数で返します。

//emlist[][ruby]{
t = Time.local(2000,1,2,3,4,5) # => 2000-01-02 03:04:05 +0900
p t.min # => 4
//}...

Time#mon -> Integer (8002.0)

月を整数で返します。

...月を整数で返します。

//emlist[][ruby]{
t = Time.local(2000,1,2,3,4,5) # => 2000-01-02 03:04:05 +0900
p t.month # => 1
p t.mon # => 1
//}...

絞り込み条件を変える

<< < 1 2 3 4 5 ... > >>