るりまサーチ (Ruby 2.1.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
11件ヒット [1-11件を表示] (0.105秒)

別のキーワード

  1. openssl integer
  2. asn1 integer
  3. _builtin integer
  4. integer chr
  5. integer upto

ライブラリ

キーワード

検索結果

Integer (114040.0)

整数の抽象クラスです。サブクラスとして Fixnum と Bignum が あります。この 2 種類の整数は値の大きさに応じてお互いに自動的に変換さ れます。ビット操作において整数は無限の長さのビットストリングとみなすこ とができます。

整数の抽象クラスです。サブクラスとして Fixnum と Bignum が
あります。この 2 種類の整数は値の大きさに応じてお互いに自動的に変換さ
れます。ビット操作において整数は無限の長さのビットストリングとみなすこ
とができます。

2.4.0 から Fixnum, Bignum は Integerに統合されました。
2.4.0 からはどちらも Integer クラスのエイリアスとなっています。

OpenSSL::ASN1::Integer (54052.0)

ASN.1 の Integer 型(Universal タグのタグ番号2)を表すクラスです。

ASN.1 の Integer 型(Universal タグのタグ番号2)を表すクラスです。

Numeric (232.0)

数値を表す抽象クラスです。Integer や Float などの数値クラス は Numeric のサブクラスとして実装されています。

...d
//}

また、任意桁の切上げ、切捨て、四捨五入を行うメソッドは以下のように
定義できます。

//emlist[][ruby]{
class
Numeric
def roundup(d=0)
x = 10**d
if self > 0
self.quo(x).ceil * x
else
self.quo(x).floor * x
end
end

def roun...

Rinda::Template (76.0)

タプルのマッチングのためのクラスです。 ユーザがこのクラスを直接使うことはありません。

タプルのマッチングのためのクラスです。
ユーザがこのクラスを直接使うことはありません。

=== 例

require 'rinda/rinda'

template = Rinda::Template.new(['abc', nil, nil])
template.match(['abc', 2, 5]) # => true
template.match(['hoge', 2, 5]) # => false

template = Rinda::Template.new([String, Integer, nil])
template.match(['abc', 2, 5...

Data (52.0)

このクラスは Ruby 2.5 から deprecated です。 Fixnum や Bignum が Integer に統合されたように、将来 Object に統合されて Ruby スクリプトレベルでは見えなくなる予定です。

このクラスは Ruby 2.5 から deprecated です。
Fixnum や Bignum が Integer に統合されたように、将来 Object に統合されて
Ruby スクリプトレベルでは見えなくなる予定です。

拡張ライブラリを書く時に new が定義されているとまずい場合が
あるため、Object から new と allocate を undef したクラスです。
Ruby スクリプトレベルでは気にする必要は全くありません。

絞り込み条件を変える

Bignum (40.0)

多倍長整数のクラスです。 演算の結果が Fixnum の範囲内の時には 自動的に Fixnum に変換されます。

多倍長整数のクラスです。
演算の結果が Fixnum の範囲内の時には
自動的に Fixnum に変換されます。

扱うことのできる大きさはメモリサイズだけによって制限されます。
ビット演算については 2 の補数表現の無限長
のビットストリングとみなすことができます。特に負の数は左側に無限に 1
のビットが立っているように操作できます。Float との混合に関しては、
変換時に桁落ちが生じる可能性があります。

2.4.0 から Fixnum, Bignum は Integer に統合されました。
2.4.0 からはどちらも Integer クラスのエイリアスとなっています。

=== 破壊的...

Fixnum (40.0)

Bignum 同様、整数のクラスです。 演算の結果が Fixnum の範囲を越えた時には 自動的に Bignum に拡張されます。

...

Ruby の Fixnum クラスは immutable です。
つまり、オブジェクト自体を破壊的に変更することはできません。
Bignum も同様です。


例:

100000.class # => Fixnum
100000 * 100000 # => 100000000
(100000 * 100000).class # => Bignum...

Fiddle::CStruct (22.0)

C の構造体を表すクラスです。

C の構造体を表すクラスです。

このクラスは直接は使わず、Fiddle::Importer#struct を用いて
このクラスを継承したクラスを生成し、それを利用します。

Fiddle::Importer#struct が生成するクラスには
構造体の各メンバへのアクセサが定義されています。
このアクセサはシグネチャの型とメンバ名に従って定義されます。
例えば
require 'fiddle/import'
include Fiddle::Importer
S = struct(["long foo", "void* bar"])
とすると、 S#foo, S#foo= という...

IRB::Context (22.0)

irb の設定を扱うためのクラスです。

irb の設定を扱うためのクラスです。

irb 中で conf コマンドの戻り値や .irbrc で IRB.conf を操作する事で設定
を変更します。irb の起動後は IRB.conf の内容を更新しても変更の内容は反
映されない事に注意してください。

なお、.irbrc 中に記述できる以下の設定値については、IRB::Context
オブジェクトのメソッドとして操作できません。

: IRB.conf[:AT_EXIT]

irb の終了時(サブ irb を含みません)に本項目に設定された Proc オ
ブジェクトを実行します。ブロック引数には何も渡されません。

デフ...

OpenSSL::BN (22.0)

OpenSSL内で利用される多倍長整数クラスです。

OpenSSL内で利用される多倍長整数クラスです。

通常多倍長整数を利用するには Integer を用いてください。

絞り込み条件を変える

Rational (22.0)

有理数を扱うクラスです。

有理数を扱うクラスです。

「1/3」のような有理数を扱う事ができます。Integer や Float
と同様に Rational.new ではなく、 Kernel.#Rational を使用して
Rational オブジェクトを作成します。

//emlist[例][ruby]{
Rational(1, 3) # => (1/3)
Rational('1/3') # => (1/3)
Rational('0.33') # => (33/100)
Rational.new(1, 3) # => NoMethodError
//}

Rational オブジェク...