るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
88件ヒット [1-88件を表示] (0.021秒)
トップページ > クエリ:optparse[x] > 種類:クラス[x]

別のキーワード

  1. optparse on
  2. optparse getopts
  3. optparse order
  4. optparse order!
  5. optparse new

ライブラリ

検索結果

OptionParser (8007.0)

コマンドラインのオプションを取り扱うためのクラスです。

...(3) opt.parse(ARGV) でコマンドラインを実際に parse する。

というような流れになります。

//emlist[][ruby]{
require "optparse"
ProgramConfig = Hash.new
opts = OptionParser.new
opts.on("-a"){|v| ProgramConfig[:a] = true } # オプション「-a」がコマンドライン...

OptionParser::AmbiguousArgument (8001.0)

オプションの引数が曖昧にしか補完できない場合に投げられます。

オプションの引数が曖昧にしか補完できない場合に投げられます。

OptionParser::AmbiguousOption (8001.0)

補完が曖昧にしかできないオプションがあった場合に投げられます。

補完が曖昧にしかできないオプションがあった場合に投げられます。

OptionParser::InvalidArgument (8001.0)

オプションの引数が指定されたパターンにマッチしない時に投げられます。

オプションの引数が指定されたパターンにマッチしない時に投げられます。

OptionParser::InvalidOption (8001.0)

定義されていないオプションが与えられた場合に投げられます。

定義されていないオプションが与えられた場合に投げられます。

絞り込み条件を変える

OptionParser::MissingArgument (8001.0)

引数が必要なオプションに引数が与えられなかった場合に投げられます。

引数が必要なオプションに引数が与えられなかった場合に投げられます。

OptionParser::NeedlessArgument (8001.0)

引数を取らないはずのオプションに引数が与えられた場合に投げられます。

引数を取らないはずのオプションに引数が与えられた場合に投げられます。

OptionParser::ParseError (8001.0)

OptionParser の例外クラスの基底クラスです。

OptionParser の例外クラスの基底クラスです。