るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
581件ヒット [1-100件を表示] (0.043秒)

別のキーワード

  1. optparse on
  2. optparse getopts
  3. optparse order
  4. optparse order!

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

optparse (38276.0)

コマンドラインのオプションを取り扱うためのライブラリです。

...コマンドラインのオプションを取り扱うためのライブラリです。

=== チュートリアル

optparse
を使う場合、基本的には

(1) OptionParser オブジェクト opt を生成する。
(2) オプションを取り扱うブロックを opt に登録する。
(3) o...
...

以下はオプション -a, -b を受け付けるコマンドを作成する例です。

//emlist[sample.rb][ruby]{
require 'optparse'
opt = OptionParser.new

opt.on('-a') {|v| p v }
opt.on('-b') {|v| p v }

opt.parse!(ARGV)
p ARGV
//}

ruby sample.rb -a foo bar -b baz
# =>...
...ョンが取り除かれます。
これを避けるには OptionParser#parse を使います。

//emlist[sample.rb][ruby]{
require 'optparse'
opt = OptionParser.new

opt.on('-a') {|v| p v }
opt.on('-b') {|v| p v }

# parse() の場合、ARGVは変更されない。
# オプションを取り除い...

OptionParser.new(banner = nil, width = 32, indent = &#39; &#39; * 4) -> OptionParser (26114.0)

OptionParser オブジェクトを生成して返します。

...引数としてブロックを評
価します。つまり、以下のような書き方が可能です。

//emlist[][ruby]{
require 'optparse'
OptionParser.new do |opt|

opt.on('-a') {|v| p v }
opt.on('-b') {|v| p v }

opt.parse!(ARGV)
end
//}

@param banner ヘルプ(サマリ)の最初の...

OptionParser.new(banner = nil, width = 32, indent = &#39; &#39; * 4) {|opt| ...} -> OptionParser (26114.0)

OptionParser オブジェクトを生成して返します。

...引数としてブロックを評
価します。つまり、以下のような書き方が可能です。

//emlist[][ruby]{
require 'optparse'
OptionParser.new do |opt|

opt.on('-a') {|v| p v }
opt.on('-b') {|v| p v }

opt.parse!(ARGV)
end
//}

@param banner ヘルプ(サマリ)の最初の...

OptionParser#on_tail(*arg, &block) -> self (8024.0)

オプションを取り扱うためのブロックを自身の持つリストの最後に登録します。

...]{
require "optparse"

opts = OptionParser.new do |opts|
opts.on_head("-i", "--init")
opts.on("-u", "--update")
opts.on_tail("-h", "--help")
end

puts opts.help

# => Usage: test [options]
# -i, --init
# -u, --update
# -h, --help
//}

//emlist[例][ruby]{
require "optparse"

opts = Op...

OptionParser#ver -> String (8024.0)

program_name、version と release から生成したバージョンを表す文字列を返します。

...例][ruby]{
require "optparse"

OptionParser.new do |opts|
opts.banner = "Usage: example.rb [options]"
opts.program_name = "Optparse Example"
opts.version = [0, 1]
opts.release = "2019-05-01"

opts.on_tail("--version", "Show version") do
puts opts.ver # => "Optparse Example 0.1 (2019-0...

絞り込み条件を変える

OptionParser (8018.0)

コマンドラインのオプションを取り扱うためのクラスです。

...マンドラインを実際に parse する。

というような流れになります。

//emlist[][ruby]{
require "optparse"
ProgramConfig = Hash.new
opts = OptionParser.new
opts.on("-a"){|v| ProgramConfig[:a] = true } # オプション「-a」がコマンドラインで指定されていた場...

OptionParser.reject(klass) -> () (8018.0)

OptionParser.accept メソッドで登録したブロックを削除します。

...たブロックを削除します。

@param klass 削除したいクラスオブジェクトを指定します。

//emlist[例][ruby]{
require "optparse"
require "time"

def parse(option_parser)
option_parser.on("-t", "--time [TIME]", Time) do |time|
p time.class
end
option_parser.parse(...
...OptionParser.accept(Time) do |s,|
begin
Time.parse(s) if s
rescue
raise OptionParser::InvalidArgument, s
end
end

opts1 = OptionParser.new
parse(opts1) # => Time
OptionParser.reject(Time)
opts2 = OptionParser.new
parse(opts2) # => unsupported argument type: Time (ArgumentError)
//}...

OptionParser.getopts(*opts) -> Hash (8016.0)

引数をパースした結果を、Hash として返します。(self.new.getopts と同じです)

...引数をパースした結果を、Hash として返します。(self.new.getopts と同じです)

@param argv パースしたい配列を指定します。

@param opts 引数を文字列で指定します。

@raise OptionParser::ParseError パースに失敗した場合、発生します。...

OptionParser.getopts(argv, *opts) -> Hash (8016.0)

引数をパースした結果を、Hash として返します。(self.new.getopts と同じです)

...引数をパースした結果を、Hash として返します。(self.new.getopts と同じです)

@param argv パースしたい配列を指定します。

@param opts 引数を文字列で指定します。

@raise OptionParser::ParseError パースに失敗した場合、発生します。...

OptionParser#accept(klass, pat = /.*/) {|str| ...} -> () (8012.0)

OptionParser.accept と同様ですが、 登録したブロックはレシーバーに限定されます。

...メソッドを持ったオブジェクト(Regexp オブジェクトなど)を与えます。

//emlist[例][ruby]{
require "optparse"
require "time"

opts = OptionParser.new
opts.accept(Time) do |s,|
begin
Time.parse(s) if s
rescue
raise OptionParser::InvalidArgument, s
end
end

opts...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>