るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
385件ヒット [1-100件を表示] (0.026秒)
トップページ > クエリ:optparse[x] > クエリ:ParseError[x]

別のキーワード

  1. optparse on
  2. optparse getopts
  3. optparse order
  4. optparse order!
  5. optparse parse!

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

OptionParser::ParseError (26000.0)

OptionParser の例外クラスの基底クラスです。

OptionParser の例外クラスの基底クラスです。

OptionParser::ParseError.filter_backtrace(array) -> [String] (11016.0)

array で指定されたバックトレースから optparse ライブラリに関する行を除 外します。

...array で指定されたバックトレースから optparse ライブラリに関する行を除
外します。

デバッグモード($DEBUGが真)の場合は何もしません。

@param array バックトレースを文字列の配列で指定します。

@return array を返します。...

OptionParser::ParseError#args -> Array (11000.0)

エラーのあったオプションの一覧を配列で返します。

エラーのあったオプションの一覧を配列で返します。

@return エラーのあったオプションの一覧。

OptionParser::ParseError#inspect -> String (11000.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

@return 文字列を返します。

@see Object#inspect

OptionParser::ParseError#message -> String (11000.0)

標準エラーに出力するメッセージを返します。

標準エラーに出力するメッセージを返します。

@return 文字列を返します。

絞り込み条件を変える

OptionParser::ParseError#reason -> String (11000.0)

エラーの内容を文字列で返します。

エラーの内容を文字列で返します。

@return 文字列を返します。

OptionParser::ParseError#reason=(reason) (11000.0)

エラーの内容を指定します。

エラーの内容を指定します。

@param reason 文字列を指定します。

OptionParser::ParseError#recover(argv) -> Array (11000.0)

argv の先頭に self.args を戻します。

argv の先頭に self.args を戻します。

argv を返します。

@param argv OptionParser#parse に渡したオブジェクトなどの配列を指定します。

@return argv を返します。

OptionParser::ParseError#set_backtrace(array) -> [String] (11000.0)

自身に array で指定したバックトレースを設定します。

自身に array で指定したバックトレースを設定します。

@param array バックトレースを文字列の配列で指定します。

@return array を返します。

OptionParser::ParseError#set_option(opt, eq) -> self (11000.0)

エラーのあったオプションを指定します。

エラーのあったオプションを指定します。

eq が真の場合、self が管理するエラーのあったオプションの一覧の先頭を
opt で置き換えます。そうでない場合は先頭に opt を追加します。

@param opt エラーのあったオプションを指定します。

@param eq self が管理するエラーのあったオプションの一覧の先頭を置き換え
るかどうかを指定します。

@return self を返します。

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>