るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
784件ヒット [1-100件を表示] (0.167秒)

別のキーワード

  1. mkmf try_do
  2. mkmf xpopen
  3. mkmf try_cpp
  4. mkmf try_run
  5. mkmf try_var

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

mkmf (38012.0)

Ruby の拡張ライブラリのための Makefile を作成するライブラリです。

...とライブラリ libbar.a の関数 baz() が必要だとします。
このための extconf.rb は以下のように書きます。

require 'mkmf'

dir_config('bar')
if have_header('bar.h') and have_library('bar', 'baz')
create_makefile('foo')
end

拡張ライブラリ foo.so を...
...生成できます。

$ gcc -MM *.c > depend

なお、depend ファイルを依存関係の記述以外に使うべきではありません。
mkmf
.rb が depend ファイルを Makefile に連結するときに、
その内容を加工する場合があるからです。

=== extconf.rb が生...

Kernel#mkmf -> () (18123.0)

mkmf を使って Makefile を作成します。

...
mkmf
を使って Makefile を作成します。

ruby -run -e mkmf -- [OPTION] EXTNAME [OPTION]

-d ARGS run dir_config
-h ARGS run have_header
-l ARGS run have_library
-f ARGS run have_func
-v ARGS run have_var
-t ARGS run have_type
-m ARGS run have_macro
-c ARGS run have_const...

Kernel#xsystem(command, opts = nil) -> () (8016.0)

Kernel.#system と同じですが、コマンドの出力は(標準出力、標準エラー 出力ともに)ログファイルに出力します。ログファイル名は mkmf.log です。

...ですが、コマンドの出力は(標準出力、標準エラー
出力ともに)ログファイルに出力します。ログファイル名は mkmf.log です。

@param command コマンドを指定します。
@param opts オプションを Hash で指定します。
:werror と...

Kernel#check_sizeof(type, headers = nil) -> Integer | nil (8006.0)

与えられた型のサイズを返します。

...加し、型のサイズを返します。型 type がシステムに
存在しない場合は、nil を返します。

例えば、

require 'mkmf'
check_sizeof('mystruct') # => 12

である場合、SIZEOF_MYSTRUCT=12 というプリプロセッサマクロをコンパイラに渡します。...

Kernel#check_sizeof(type, headers = nil) { ... } -> Integer | nil (8006.0)

与えられた型のサイズを返します。

...加し、型のサイズを返します。型 type がシステムに
存在しない場合は、nil を返します。

例えば、

require 'mkmf'
check_sizeof('mystruct') # => 12

である場合、SIZEOF_MYSTRUCT=12 というプリプロセッサマクロをコンパイラに渡します。...

絞り込み条件を変える

Kernel#create_header(header = "extconf.h") -> String (8006.0)

Kernel#have_func, Kernel#have_header などの検査結果を元に、 ヘッダファイルを生成します。

...eader ヘッダファイルの名前を指定します。

@return ヘッダファイルの名前を返します。



# extconf.rb
require 'mkmf'
have_func('realpath')
have_header('sys/utime.h')
create_header
create_makefile('foo')

上の extconf.rb は以下の extconf.h を生成...

Kernel#create_makefile(target, srcprefix = nil) -> true (8006.0)

@todo

...以下のようなディレクトリ構成の場合:

ext/
extconf.rb
test/
foo.c

このようにします。

require 'mkmf'
create_makefile('test/foo', 'test')

このようにして作った Makefile で 'make install' すると拡張ライブラリは、
以下の...

Kernel#dir_config(target, idefault = nil, ldefault = nil) -> [String, String] (8006.0)

configure オプション --with-TARGET-dir, --with-TARGET-include, --with-TARGET-lib をユーザが extconf.rb に指定できるようにします。

...

@param ldefault システム標準ではないライブラリのディレクトリのデフォルト値を指定します。


require 'mkmf'
# xml2 の configure オプションを指定できるようにします。
xml2_dirs = dir_config('xml2', '/opt/local/include/libxml2', '/opt/l...

Kernel#enable_config(config, default) -> bool | String (8006.0)

configure のオプションを検査します。

...義を、追加するのに役立ちます。

@param config configure のオプションの名前を指定します。

@param default デフォルト値を返します。


require 'mkmf'
if enable_config("debug")
$defs.push("-DOSSL_DEBUG") unless $defs.include? "-DOSSL_DEBUG"
end...

Kernel#enable_config(config, default) {|config, default| ... } -> bool | String (8006.0)

configure のオプションを検査します。

...義を、追加するのに役立ちます。

@param config configure のオプションの名前を指定します。

@param default デフォルト値を返します。


require 'mkmf'
if enable_config("debug")
$defs.push("-DOSSL_DEBUG") unless $defs.include? "-DOSSL_DEBUG"
end...

絞り込み条件を変える

Kernel#have_framework(framework) -> bool (8006.0)

フレームワーク framework がシステムに存在するかどうか検査します。

...追加し
ます。 フレームワーク framework がシステムに存在しない場合は、偽を返し
ます。

例えば、

require 'mkmf'
have_framework('Ruby') # => true

である場合、HAVE_FRAMEWORK_RUBY というプリプロセッサマクロをコンパイラに渡します...

Kernel#have_framework(framework) { ... } -> bool (8006.0)

フレームワーク framework がシステムに存在するかどうか検査します。

...追加し
ます。 フレームワーク framework がシステムに存在しない場合は、偽を返し
ます。

例えば、

require 'mkmf'
have_framework('Ruby') # => true

である場合、HAVE_FRAMEWORK_RUBY というプリプロセッサマクロをコンパイラに渡します...

Kernel#have_struct_member(type, member, headers = nil) -> bool (8006.0)

member というメンバを持つ構造体 type がシステムに存在するかどうか検査します。

...真を返します。
member というメンバを持つ構造体 type が存在しない場合は、偽を返します。

例えば

require 'mkmf'
have_struct_member('struct foo', 'bar') # => true

である場合、HAVE_STRUCT_FOO_BAR というプリプロセッサマクロをコンパイラ...
<< 1 2 3 ... > >>