るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
315件ヒット [1-100件を表示] (0.232秒)

別のキーワード

  1. _builtin new
  2. _builtin inspect
  3. _builtin []
  4. _builtin to_s
  5. _builtin each

ライブラリ

クラス

  • IO (154)

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Kernel.#spawn(env, program, *args, options={}) -> Integer (26302.0)

引数を外部コマンドとして実行しますが、生成した 子プロセスの終了を待ち合わせません。生成した子プロセスのプロセスIDを返します。

...
nil とすることで環境変数が削除(unsetenv(3))されます。
//emlist[例][ruby]{
# FOO を BAR にして BAZ を削除する
pid = spawn({"FOO"=>"BAR", "BAZ"=>nil}, command)
//}

親プロセスは Process.#waitpid で子プロセスの終了を待ち合わせるか
もしくは Proc...
...たもの以外の環境変数を
クリアします。
//emlist[][ruby]{
# すべての環境変数をクリア
pid = spawn(command, :unsetenv_others=>true)
# FOO だけ
pid = spawn({"FOO"=>"BAR"}, command, :unsetenv_others=>true)
//}

「:pgroup」でプロセスグループを指定できます...
...作りそのリーダーになります。
pid = spawn(command, :pgroup => true)
# 整数を渡すとそのグループに所属します。
pid = spawn(command, :pgroup => 10)
//}

「:rlimit_core」「:rlimit_cpu」などで、resource limit を指定します。
詳しくは Process.#setrlimit...

Kernel.#spawn(program, *args) -> Integer (26302.0)

引数を外部コマンドとして実行しますが、生成した 子プロセスの終了を待ち合わせません。生成した子プロセスのプロセスIDを返します。

...
nil とすることで環境変数が削除(unsetenv(3))されます。
//emlist[例][ruby]{
# FOO を BAR にして BAZ を削除する
pid = spawn({"FOO"=>"BAR", "BAZ"=>nil}, command)
//}

親プロセスは Process.#waitpid で子プロセスの終了を待ち合わせるか
もしくは Proc...
...たもの以外の環境変数を
クリアします。
//emlist[][ruby]{
# すべての環境変数をクリア
pid = spawn(command, :unsetenv_others=>true)
# FOO だけ
pid = spawn({"FOO"=>"BAR"}, command, :unsetenv_others=>true)
//}

「:pgroup」でプロセスグループを指定できます...
...作りそのリーダーになります。
pid = spawn(command, :pgroup => true)
# 整数を渡すとそのグループに所属します。
pid = spawn(command, :pgroup => 10)
//}

「:rlimit_core」「:rlimit_cpu」などで、resource limit を指定します。
詳しくは Process.#setrlimit...

Kernel.#spawn(command, options={}) -> Integer (26137.0)

引数を外部コマンドとして実行しますが、生成した 子プロセスの終了を待ち合わせません。生成した子プロセスのプロセスIDを返します。

引数を外部コマンドとして実行しますが、生成した
子プロセスの終了を待ち合わせません。生成した子プロセスのプロセスIDを返します。


=== 引数の解釈

この形式では command が shell のメタ文字
//emlist{
* ? {} [] <> () ~ & | \ $ ; ' ` " \n
//}
を含む場合、shell 経由で実行されます。
そうでなければインタプリタから直接実行されます。


@param command コマンドを文字列で指定します。
@param env 更新する環境変数を表す Hash
@param options オプションパラメータ Hash...

Kernel.#spawn(env, command, options={}) -> Integer (26137.0)

引数を外部コマンドとして実行しますが、生成した 子プロセスの終了を待ち合わせません。生成した子プロセスのプロセスIDを返します。

引数を外部コマンドとして実行しますが、生成した
子プロセスの終了を待ち合わせません。生成した子プロセスのプロセスIDを返します。


=== 引数の解釈

この形式では command が shell のメタ文字
//emlist{
* ? {} [] <> () ~ & | \ $ ; ' ` " \n
//}
を含む場合、shell 経由で実行されます。
そうでなければインタプリタから直接実行されます。


@param command コマンドを文字列で指定します。
@param env 更新する環境変数を表す Hash
@param options オプションパラメータ Hash...

Process.spawn(cmd, *arg) -> Integer (26129.0)

関数 Kernel.#spawn と同じです。

...関数 Kernel.#spawn と同じです。

@param cmd Kernel.#spawn と同じです。

@param arg Kernel.#spawn と同じです。

@raise NotImplementedError メソッドが現在のプラットフォームで実装されていない場合に発生します。...

絞り込み条件を変える

IO.popen([env = {}, [cmdname, arg0], *args, execopt={}], mode = "r", opt={}) -> IO (8019.0)

サブプロセスを実行し、そのプロセスの標準入出力 との間にパイプラインを確立します。生成したパイプを IO オブジェクトとして返します。

...めのオプションは Kernel.#spawn と、
パイプオブジェクトの属性の指定のオプションは IO.new と共通です。
つまり、 :external_encoding や :unsetenv_others が指定できます。
オプションの詳しい意味は Kernel.#spawn や IO.new を参照してくだ...
...ー出力を子プロセス側で標準出力にリダイレクトする
# 標準エラー出力と標準出力がマージされる
# Kernel.#spawn と共通のオプション
IO.popen(["ls", "/", :err=>[:child, :out]]) {|ls_io|
ls_result_with_error = ls_io.read
}

# 上と同じ、...

IO.popen([env = {}, [cmdname, arg0], *args, execopt={}], mode = "r", opt={}) {|f| ... } -> object (8019.0)

サブプロセスを実行し、そのプロセスの標準入出力 との間にパイプラインを確立します。生成したパイプを IO オブジェクトとして返します。

...めのオプションは Kernel.#spawn と、
パイプオブジェクトの属性の指定のオプションは IO.new と共通です。
つまり、 :external_encoding や :unsetenv_others が指定できます。
オプションの詳しい意味は Kernel.#spawn や IO.new を参照してくだ...
...ー出力を子プロセス側で標準出力にリダイレクトする
# 標準エラー出力と標準出力がマージされる
# Kernel.#spawn と共通のオプション
IO.popen(["ls", "/", :err=>[:child, :out]]) {|ls_io|
ls_result_with_error = ls_io.read
}

# 上と同じ、...

IO.popen([env = {}, cmdname, *args, execopt={}], mode = "r", opt={}) -> IO (8019.0)

サブプロセスを実行し、そのプロセスの標準入出力 との間にパイプラインを確立します。生成したパイプを IO オブジェクトとして返します。

...めのオプションは Kernel.#spawn と、
パイプオブジェクトの属性の指定のオプションは IO.new と共通です。
つまり、 :external_encoding や :unsetenv_others が指定できます。
オプションの詳しい意味は Kernel.#spawn や IO.new を参照してくだ...
...ー出力を子プロセス側で標準出力にリダイレクトする
# 標準エラー出力と標準出力がマージされる
# Kernel.#spawn と共通のオプション
IO.popen(["ls", "/", :err=>[:child, :out]]) {|ls_io|
ls_result_with_error = ls_io.read
}

# 上と同じ、...

IO.popen([env = {}, cmdname, *args, execopt={}], mode = "r", opt={}) {|f| ... } -> object (8019.0)

サブプロセスを実行し、そのプロセスの標準入出力 との間にパイプラインを確立します。生成したパイプを IO オブジェクトとして返します。

...めのオプションは Kernel.#spawn と、
パイプオブジェクトの属性の指定のオプションは IO.new と共通です。
つまり、 :external_encoding や :unsetenv_others が指定できます。
オプションの詳しい意味は Kernel.#spawn や IO.new を参照してくだ...
...ー出力を子プロセス側で標準出力にリダイレクトする
# 標準エラー出力と標準出力がマージされる
# Kernel.#spawn と共通のオプション
IO.popen(["ls", "/", :err=>[:child, :out]]) {|ls_io|
ls_result_with_error = ls_io.read
}

# 上と同じ、...

IO.popen(env = {}, [[cmdname, arg0], *args, execopt={}], mode = "r", opt={}) -> IO (8019.0)

サブプロセスを実行し、そのプロセスの標準入出力 との間にパイプラインを確立します。生成したパイプを IO オブジェクトとして返します。

...めのオプションは Kernel.#spawn と、
パイプオブジェクトの属性の指定のオプションは IO.new と共通です。
つまり、 :external_encoding や :unsetenv_others が指定できます。
オプションの詳しい意味は Kernel.#spawn や IO.new を参照してくだ...
...ー出力を子プロセス側で標準出力にリダイレクトする
# 標準エラー出力と標準出力がマージされる
# Kernel.#spawn と共通のオプション
IO.popen(["ls", "/", :err=>[:child, :out]]) {|ls_io|
ls_result_with_error = ls_io.read
}

# 上と同じ、...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>